角質は必要

角質は必要

潤いの存在する皮膚

表皮にたっぷりと保水力が含まれている皮膚

水分を保つ役割をしているのが「角質層」です。

皮膚の表面をおおう角質層は大変薄い層です。

角質層のもとは、表皮で作られています。

作られた細胞が角質細胞となり、角質層を形成します。

この角質細胞には、天然保湿因子=NMFと呼ばれる
尿酸やアミノ酸などの低湿成分が含まれ、
水分を保持するよう働きます。

細胞と細胞の間には、角質細胞間脂質があります。

細胞と細胞を、しっかりくっつけ、水分をはさみ込み角質層の上は、
皮脂膜で覆われて、水分が蒸発するのを防ぎます。

これらの保湿機能によって、肌の潤いが一定に守られ角質の保湿機能が、
低下すると肌が乾燥してカサカサになり、小じわの原因にもなります。

角質細胞

新陳代謝を繰り返し、古い角質細胞はあかとなって、
自然に剥がれ落ちます。

角質層の働きが悪くなると、皮膚は乾燥し、
きめの粗い肌になります。

顔や体を洗うときに、ゴシゴシこすって、角質層を取り去っていると、古くならないうちに、落ちてしまいます。

角質層が傷ついて、水分が失われ、乾燥しやすい肌になります。

潤い肌にためには、角質層機能を十分保つことが、ポイントになります。

洗顔後は、皮脂膜や天然保湿因子=NMFも流れ落ち、角質層の水分も失われています。

洗顔すると、皮脂ははがれ、角質細胞間脂質の一部は損なわれ、
水分を保持する天然保湿因子=NMFも減少し、肌の潤いが失われます。

そのままでは、肌は乾燥し、小じわの原因

化粧水などの、基礎化粧品によるケアが大切です。

化粧水・乳液・クリームを順に塗って、お終いと、習慣的に手を動かしているのでは、適切なケアとは、いえません。

水分補給には、化粧水を潤い補給には、美容液、油分を補うためには、乳液と足りないものを、補うことが大切です。

皮脂膜

皮膚の表面は、皮脂と汗が混じった、皮脂膜で覆われ、
水分の蒸発を防ぎ、洗顔によって皮脂膜は洗い落とされます。

角質細胞間脂質

角質細胞同士を結びつけて、水分を逃さないように働きます。

セラミドなどから成ります。

年齢と共に減少するため、角質細胞間の隙間が、大きくなり水分が、蒸発しやすくなります。

アトピー性皮膚炎の人は、体質的に少ないこともあります。

天然保湿因子=NMF

角質細胞にある、尿素やアミノ酸などの、水溶性成分を天然保湿因子=NMF。

水分を保持して、肌の潤いを保っています。

一度捕まえた水分は、なかなか離しません。

ネックケア

しわのたるみは、真皮にある弾力性、コラーゲンやエラスチンの変性が原因です。

[check]コラ−ゲンやエラスチンは、加齢によって弱まります。
[check]紫外線がさらに、そのダメージを加速させます。
[check]首の日焼けにも気をつけましょう。
[check]化粧品をただ塗る、だけでなく、マッサージを行なえば効果は倍増です。
[check]血行が促進され、成分がより確実に肌に届きます。
[check]マッサージは、力を入れずに、指全体でやさしく擦ります。

無意識のうちに、悪い姿勢も首老化の原因

うつむくと深いよこじわがくっきり、長時間続けられたら、
皮膚がおりこまれてクセがつきしわになってしまします。

仕事などで、長時間同じ姿勢が、続くときは、ストレッチで、たまにはほぐしましょう。

男性に混じって、活躍する女性は、髪だけでなく体にとっても、
いい環境とはいえずストレスは、いろいろな障害がおこりやすいのです。

また、女性特有の冷え(冷房や冷たい飲み物も)や生理不順が、
若いのに更年期とおなじ障害を引き起こし、薄毛にも影響しています。

リラックスすることです

血液の循環もよくなるので、続けてください。

脚の筋肉に、柔軟性がなくなると、筋肉のポンプ運動が、
うまく働かないので、血液の流れが悪くなります。

血液は、体温を保つ働きもあり、流れの悪い部分は冷たくなり、
体が病めば、内臓など身体に変調をきたします。

「病は気から」と言われ、心の持ちようによって、病気にも健康にもなれるといわれ
血液やリンパ液の流れを、よくすると免疫力が高まります。

笑うことによって、免疫力も高める

笑うと心から明るくなり、心も体もすっきりしてきます。

生理学的に、脳内でベータ・エンドルフィンや、メラトニンというホルモンが
分泌され免疫力に重要な役割をする、細胞を元気づけます。

心がふさぎ込むと、ノンアドレナリンを分泌し、細胞を傷つけ、病を引き起こすと言います。

笑いを生活の中にうまく取り入れてください。

スポンサードリンク



肌の乾燥する理由←前に戻る
いつまでも若々しく、健康的な肌→次のページ