走化性因子

走化性因子

マクロファージは白血球を呼び集める

白血球の一種である好中球や単球は通常、血液の流れに乗って血管の中を行き来して
いますが、その状態では上皮を通り抜けて侵入してきた細菌にはすぐには対処できません。

これらが生体制御の一機能としてきちんと働くためには、血管外に出て、それから細菌の
感染箇所へと移動する必要があるために、重要なのがマクロファージから分泌される「走化性因子」。

走化性因子の作用により、好中球や単球は、血管の細胞の間をすり抜けて
血管外に出て、細菌の侵入している、まさにその場所へと移動します。

そして感染箇所に移動した好中球や単球は、
マクロファージと同様、その場にいる細菌を貪食する。

細菌を細胞内に取り込んで、殺菌・分解します。

好中球や単球などの白血球を引き寄せる働きを持った
走化性因子を作り出すのは、マクロファージだけではありません。

走化成因子は、補体が活性化する過程で作られる方が、
マスト細胞や粘膜上皮細胞などからも産生・分泌されます。

とくに粘膜上皮細胞が分泌する走化性因子は、
アレルギーに深く関係する好酸球という白血球を引き寄せる働きを持っています。

補体が活性化する過程で作られる物質の中には、貪食細胞の貪食作用を促進する
表面に結合し、さらに、貪食細胞の表面にある補体レセプターと呼ばれるものとも結合します。

補体から作られた物質と補体レセプターを介して、
細菌と貪食細胞がより強力に結合する仕組みです。

インターフェロンはウイルスの増殖を抑制する物質

細菌が体内に侵入した場合、生体制御システムの攻撃目標となるのは、細菌だけ。

一方、ウイルスが侵入した場合には、ウイルスそのものの他に、
ウイルスに感染した細胞までもが、生体制御システムの攻撃目標に。

病原体が侵入するという点では、どちらも同じことのように
思えますが、このような違いが生じるのには理由があります。

細胞分裂によって増殖する細菌とは異なり、
ウイルスは自分自身だけで増殖する能力を持っていません。

ウイルスは宿主の細胞に感染し、
その細胞が持つDNA複製能力やたんぱく質合成能力を利用して増殖します。

ウイルスに感染した細胞は、ウイルシ生産工場と化してしまい、
ウイルス感染細胞も生体制御システムの攻撃目標となります。

ウイルス生産工場となってしまった、ウイルシ感染細胞では、感染がほかの
細胞まで広がってしまわないように、インターフェロンという物質が産生・分泌します。

インターフェロンは、ウイルスの増殖を抑制する働きを持つたんぱく質で、この作用を
受けた細胞では、DNA複製やたんぱく質合成が抑制され、ウイルスの増殖が抑制されます。

インターフェロンには、マクロファージやナチュラルキラー細胞(NK細胞)を
活性化して、ウイルス感染細胞へ攻撃をかけさせる働きもあります。

ウイルシ感染細胞を異物とみなして、破壊するように仕向けます。


この改善法を実践して、もしもあなたの
アトピーに改善が見られなかった場合は、
購入代金を全額返金させていただきます。

  医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!
  医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!



ページのご案内
生体の体には、外から入る物質(異物)排除するシステム
食物たんぱく質がアレルギーの原因
生物には自分の体を守る仕組みがある
補体とは、血清中に存在する、免疫の働きに深く関わるたんぱく質
免疫は病原体の感染によって後天的に獲得感染の繰り返しによって抵抗力が高まる
抗体はIgG,IgM,IgE,IgA,IgD
B細胞から抗体が作られる過程と仕組み
T細胞も抗原を認識し結合する抗原レセプター
ヘルパーT細胞は抗体の産生を促進する物質を作り出します
リンパ球の産生に関わる器官骨髄で血液は作られる
B細胞も自己と反応しないようになっている
リンパ球は抗原を記憶する
アレルギーを引き起こす抗原=アレルゲン
細胞内の顆粒から化学伝達物質を放出する
細胞はサイトカインを使って情報を伝える
補体が活性化するプロセスのひとつ古典経路
気管や気管支の粘膜でアレルギーが起こる
アトピー性皮膚炎アレルギー+T細胞の活性化
食物アレルギーは
腸管には特有に備わった独自の免疫システム
アレルギーマーチ
ダニが増加
ハウス・ダスト(室内塵)とは
熱中症のメカニズム