進行部位はどこ

進行部位はどこ

不安が髪の毛に良くありません

前額部・側頭部

[check]ストレス性の物が多い。頭頂部:炎症(のぼせ)によるものが多い。

後頭部

[check]肩・背部や首のコリによるものが多い。

育毛手当ては、積極的に先手必勝でいきましょう。

親・親戚を見て、先々の自分に不安を持つのも当然ですが、遺伝は2分の1。

100%遺伝するわけではありません。

不安を抱きつづけると、原因となって抜け毛が増える可能性が大です。

早め早めに育毛対策をして、知識を持ち、正しい方法を続け、しっかり髪を守りましょう。

身体の外からくる抜け毛の原因

使っている製品が、抜け毛・薄毛の原因になっていることも多いのです。

シャンプーの回数は、年齢や季節によって回数は異なります。

回数が多すぎるのも、シャンプーをしない間を空けすぎるのも、髪には不利。

シャンプーの仕方

シャンプーの仕方が、髪の毛や頭皮に影響を与えます。

爪を立ててゴシゴシ洗いは、気持ちいいけれど、
頭皮を傷つけ、髪の育成にはマイナス。

シャンプーブラシを使用すると、頭皮をすっきりきれいに洗えます。

手早く気持ちよく洗えます。

お湯の温度も髪に影響します。

気持ちがいいと感じるお湯の温度で髪を洗いましょう。

ぬるすぎると、頭皮が冷えて血行を悪くし、汚れがきれいに落ちません。

[check]頭皮が赤い
[check]赤い湿疹がある人
[check]脂漏性湿疹の人
[check]傷がある人
[check]頭皮が炎症状態のため、やや温めにします。温すぎると汚れが落ちにくいので注意。

頭皮が白い時やブヨブヨしている

やや熱めのお湯で洗うと、血行が促進されます。

熱すぎると、頭皮が熱を持ち、頭皮と髪の脂を取り過ぎてふけが出たり、
パサパサになり髪のつやを失う原因になるので注意してください。

ふけは、頭皮の角質細胞

頭皮の新陳代謝が活発になるとふけは増加します。

要因としては、微生物による皮脂分解物、紫外線刺激、
イライラやストレス刺激物、糖分の摂り過ぎです。

乾性のふけは、乾燥肌で皮脂が出にくいのは
ビタミンA欠乏、貧血、栄養不良と関係しています。

脂性のふけは、皮脂腺の分泌が活発で胃腸障害、脂肪や炭水化物の摂り過ぎが
身体の他の場所より多く、皮脂の分泌量も多く、髪の毛が密集しているため
頭皮は脂っぽくなりやすく、髪の毛のベタつきの原因の一つです。

皮脂の分泌には、男性ホルモンが関係しているので
女性より男性のほうが皮脂量が多くなります。

ふけの原因はいろいろありますが、清潔にすることが大切です。

頭部は髪の毛が密集して生えて、皮脂腺や汗腺が多いため、蒸れやすくなっています。

微生物が繁殖するには、格好の場所となり、微生物による皮脂分解物が刺激となります。

頭皮の基底細胞の分裂が、早まってふけの増加につながります。

微生物の繁殖を防いで角化を正常にするため、正しいシャンプーの使い方を学ぶことです。

ふけは生理的な現象で、ふけの出ない人はいません。

ほとんど目に見えないだけです。

頭皮の新陳代謝が活発になり、角化のスピードが
速まるとふけは増加し目に見えるほど大きなふけがでます。

頭皮に血液が行かない状態

頭皮の緊張や肩や首のコリも、血管が潰されて、血流が邪魔され髪の毛の原料不足となります。

新しい髪が、生えてこないという事態を招き、
細く弱々しい毛、赤茶けた毛、抜け毛の原因でもあります。

漢方=中医の考えでは、髪を作らせるのは「腎」髪の原料は「血」作る力が弱っても、
原料が足りなくなっても、髪の毛は十分には作られなくなります。

だんだんと髪の毛が細くなり、ボリュウームがなくなり薄毛になり
髪の毛がなくなって、抜け毛の状態になっていきます。

髪の役割

ファッション性は、目に見える髪の役割として大変重要です。

薄毛は、若い女性にとっては、
精神的にたいへんなショックを与えます。

髪の毛の役割は、頭の中の大切な、
脳を衝撃から守り紫外線、寒さから頭を保護します。

大切な役割は、排泄器官として、
身体に有害な金属を毛髪から排泄しています。

髪は、身体に有害な有毒金属(水銀、アルミニウム、鉛、ヒ素など)を排泄します。

日常での間違った、手入れも薄毛や抜け毛の原因となることが多いです。

髪の毛が抜けることは、誰にでも日々起こることです。

健康な人でも1日に80〜100本くらいは抜けています。

髪には寿命があり、生えたものが抜け落ち、その毛穴から新たに生えてきます。

これが「毛周期」で、1本1本の髪の寿命は、
男性でも2年〜5年、女性で3年〜6年といわれています。

髪の毛の数は約10万本。

1本1本の周期がずれているので、髪全体がいっぺんに抜けることはありません。

ところが、抜けた後に新しい毛が生えてこないと、
髪の毛が減っていき薄毛や抜け毛に気づくことになります。

老化防止 目

「目は心の窓」「目は口ほどに物を言う」といわれます。

目は健康のバロメーターともいえます。

老眼

年をとると避けられない老眼は、眼球近くの筋肉が衰えて、
近くのものに焦点が合わせにくくなる症状です。

白内障や緑内障は、年齢とともに毛細血管が詰まることが原因といわれます。

白内障・緑内障の予防方法

誰でもなりうるものなので、定期的な検診を受けましょう。

白内障

初期の段階では、少しまぶしい感じがする程度ですが徐々に進行していくと、
遠くも近くも薄いもやかかったように、かすんで見えるようになります。

目薬や飲み薬を使って濁りを取り除くことはできませんが
水晶体の代謝を活発にすることで進行を遅らせることができます。

緑内障

慢性型の緑内障は自覚症状がほとんどなく、視野が欠ける、
視力が落ちるなどの症状が出てきた時には、かなり進行しています。

緑内障の9割以上はこの慢性型といわれます。

目や頭の痛み、吐き気などの症状が現れることがあります。

糖尿病や強度の近視の人は、老化とともに緑内障が起こりやすいので注意しましょう。

ドライアイ

[check]朝起きたら目が開けられない
[check]目がなんとなく熱くて重苦しい
[check]目の奥が痛いような感じがする
[check]コンタクトがつけられない
という経験はありませんか。もしかしたらドライアイかもしれません。

ドライアイとは

目の表面を被う涙の量が足りないか、質が悪くて目が乾いている状態のことです。

目に潤いがないと角膜が傷つきやすくなります。

私たちは、瞬きを1分間に約20回もしています。

瞬きの働きは、目を涙で潤った状態にすること、また目の汚れを取り除くことです。

集中してものをみていると、瞬きの回数が半分以下に減って、目が乾いていきます。

これがパソコンやゲームをしていると、目が乾いてしまう理由の一つです。

その他に、日常生活上の原因として、エアコンやコンタクトレンズの使用も挙げられます。

ドライアイチェック

[check]目が疲れやすい
[check]目が乾いた感じがする
[check]目がごろごろする
[check]目が重たい感じがする
[check]目が痛い
[check]目が充血する
[check]何もしないのに涙が出る
[check]目やにがでやすい
[check]光をみるとまぶしい
[check]コンタクトレンズが痛い

ドライアイ予防方法

[check]パソコンの画面に遮光板をつける
[check]目よりも低い位置にパソコン画面をおく
  (伏せ目になるので乾きにくくなる)
[check]部屋に加湿器をおく
[check]タバコの煙を避ける
[check]コンタクトレンズの使用を避ける。
[check]徹夜をしないようにする
  (夜になると涙の量が少なくなる)

ドライアイ解消方法

[check]蒸しタオルを目の上にのせて血行促進をはかる
[check]目薬を点して目に潤いを与える

VDT症候群

VDTとはVideo Display Terminal
コンピューターやテレビゲームなど、画面を表示する機器のことです。

別名「テクノストレス眼症」ともいい、VDTを使った長時間の作業により、目の疲れ、
首・肩・腰など痛みを伴った体の異常、ひどい場合は吐き気や頭痛、さらにはいらいらや
抑うつ状態など一見関係のなさそうな精神的な症状までが現れてしまう病気の総称のです。

ドライアイも「VDT症候群」のひとつに挙げられます。

ビタミンA

目の健康な働きの維持に欠かせない大切な「目のビタミン」です。

ビタミンAが欠乏すると、光に対する感受性が低下するといわれます。

ビタミンAは、目の乾燥を防ぐ働きもあります。

うなぎ、レバー、シソ、小松菜、ほうれん草、春菊、パセリ、
人参など緑黄色野菜チーズなどの乳製品などに多く含まれます。

トマトのリコピンも、目には有効に働きます。

スポンサードリンク




毛をなくさないシャンプー←前に戻る
食事で強い髪の毛の元になる材料を摂取→次のページ