頭皮のケア

頭皮のケアの基本

誤った頭皮トリートメント

毛髪を頭皮を傷つけ、薄毛や抜け毛が加増

頭皮のケアを正しく行なうと髪の成長を妨げるトラブルが取り除かれ、
血行がよくなり髪の成長に必要な栄養が毛根に届きやすくなります。

頭皮の皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されています。

皮脂は重要

頭皮や毛髪を保護するバリアとしても必要で、育毛成分も含まれています。

しかし、多過ぎると毛穴に酸化して付着し、異常菌が繁殖して
炎症・吹き出物が起こるため、頭皮のトラブルの原因になります。

皮脂は、維持しながら、整えながら、皮脂を取り除くことが必要です。

ルナレストルセリピッド=頭皮料

ふけは、頭皮の細胞が細胞分裂を繰り返して角質細胞となりはがれ落ちたもので誰にでも生じます。

頭皮が乾燥したり、頭皮炎症が起こると、ふけが多くなります。

脂性によって、頭皮に炎症が起こり、ふけが生じるタイプです。

脂やふけが、頭皮に多くなると、毛穴をふさいで毛髪の成長を妨げます。

頭皮に炎症が起こるとかゆみが出ますが、かゆいといって爪でかいたりすると頭皮が傷つき、かぶれたり細菌に感染したりして炎症が悪化するので、スカルプケア頭皮ローションで改善します。

放置していると毛根がダメージを受け、毛髪の成長を妨げます。

症状が悪化しているときは、ルナレストル育毛シャンプーを薄めて洗う
一日おきにシャンプーをするといった手当てが必要でシャンプーをしすぎると、
必要な皮脂も取られ、乾燥したふけ症になることで、洗い過ぎにも注意が必要です。

シャンプー剤が、髪や頭皮に残ると炎症につながることもあるためすすぎは十分に行なってください。

精神的(心理)ストレス

精神的ストレスだけでなく、不規則な生活などによる
身体的ストレスも髪に影響します。

ストレスは、自律神経を乱し血行が悪くなり髪の成長を妨げます。

ストレス解消には、38℃くらいのお湯に半身浴で20~30分程度
ゆっくりつかるとストレス解消や血行促進に効果的です。

たばこ・飲酒

たばこは血管を収縮させ、毛根が栄養不足になります。

大量に飲酒すると、アルコールに分解にエネルギーやビタミン、ミネラルが
多く消費され毛根に十分な栄養が届かなくなります。

飲酒は適量にとどめましょう。

髪の毛は、毎日少しづつ伸びる

個人差もありますが、通常1日に約0.35mmで、月にして1cmは伸びています。

人間の髪の毛の生える数は、生まれつき決まっていて
減ることはあっても、増えることはありません。

自然に抜ける毛は、普通1日に100本程度と言われこれを越えて
1日数百本抜ける場合などは、異常脱毛と言えます。

一般に髪の毛は、成長期の段階から始まり、徐々に太く、長く成長します。

寿命がきた毛の根本は、角化が始まり、休止期となって頭皮から抜けます。

しばらくすると、同じ毛穴から新たな毛が生えてきます。

これが髪の毛のヘアサイクルです。

この毛髪の入れかわりが上手くいかず、本来抜けるべきでない毛が抜けてしまうのが脱毛症です。

徐々に進行し、気づくと面積が広がる男性型脱毛症で、休止期毛です。

健やかさと薄毛

病気、さまざまな身体上の要因で、毛が抜けてしまうことがあります。

栄養失調になっても、毛は抜けます。毛髪の材料は、たんぱく質です。

材料が足りなくなり成長が阻害され、毛が細くなったり
切れやすくなったりしてついには抜けてしまうのです。

ホルモンバランスが崩れても毛は抜けます。

女性ホルモンが減少も原因です。

栄養の不足では、特定の食べ物の食べ過ぎで毛も抜けます。

髪の毛をよみがえさせるには、年月が必須

時間をかけて悪化してきた状態を、3~4ヶ月でよくするといったあせりや夢を
持たないで根気よく時間をかけて段階的に少しずつ改善していくという考えが必要です。

毛髪が弱ったり損傷しやすくなる

コシやはり、つやがなくなるのは、主に次の原因からです。

  • 頭皮がおとろえてきた
  • 体のバランスが崩れて末端の頭皮や髪に影響が出てきた
  • シャンプーやトリートメント、ヘアケア製品
  • パーマ液、カラー
  • 水道の残留塩素などが髪の内部に残留したり、頭皮や毛母細胞などを攻撃する

むくみ

夕方になると、靴がきつくなる

立ち仕事、座りっぱなしの仕事をしている人は、
足の血流が上手くいかないために、特に感じやすいと思います。

むくみとは

血液やリンパ液から過剰に水分がにじみ出て、体内(細胞と細胞の間)
に余分な水分がたまっている状態です。

そうなると、細胞の代謝が悪くなり、
体に老廃物が溜まって、体の調子が悪くなることもあります。

むくみチェック

体質でむくみやすい人とそうでない人がいます。

当てはまる、項目が多いほどむくみやすいといえます。

[check]同じ姿勢で長時間過ごすことが多い
[check]いつもかかとの高い靴を履いている
[check]きつい下着で体型をカバーしている
[check]毎日12時過ぎまで起きている
[check]あまり運動はしない
[check]冷たい食べ物や飲み物が好き
[check]塩分の多い食べ物を好む
[check]冬でも比較的薄着で過ごす
[check]靴下を脱いだ跡がつきやすく、向こう脛を押すとへこむ
[check]朝起きて、顔やまぶたが腫れぼったい

心臓から常に血液が勢いよく流れていれば、血管からは、一定量の水分しか染み出しません。

睡眠不足や疲れ、長時間の立ち仕事によって、心臓が血液を送り出す力が
弱まると毛細血管の流れが悪くなり、血管から必要以上の水分が染み出します。

すると、血液が足にたまってむくみやすくなります。

女性の場合、ホルモン分泌の周期的な変化に伴って、
体内の水分調節も変動するため、月経前にむくみやすい人もいます。

むくみを改善する

[check]寝るときにクッションなどを使って足をやや高くする
[check]足の裏からふくらはぎにかけてマッサージしたり
  青竹踏みなどで足の裏を刺激して血行をよくする
[check]ストレスをためず十分休息をとる

野菜や果物、いも類にはカリウムが多く含まれます。

カリウムは、体内の老廃物を排出したり、体液の正常化を促進します。

ナトリウムはカリウムと、共同して体液のバランスを整えますが
過剰摂取の傾向にあるので注意が必要です。

スポンサードリンク




頭皮が薄くなる←前に戻る
育毛剤で薄毛、ハゲを改善→次のページ