頭皮改善

頭皮改善

一般的に行われる、シャンプーをしてから
育毛剤を使うといった育毛手当ては効果に限界があります。

スカルプケア頭皮ローションとレストルセリピッドで頭皮改善

育毛手当てを細分化して、頭皮回復段階育毛段階に分け、
弱り衰えた、炎症や頭皮が赤い、吹き出物のある頭皮を育毛剤が使える
頭皮に回復させる手当てで育毛剤の効果を上げています。

健康で丈夫な硬毛を生やすためには、頭皮作りです。

頭皮や毛穴の状態が、改善してよくなれば、育毛剤を加えることで、
改善速度も改善率もグンと上がります。

良好なスカルプ(頭皮)・毛孔作りは、育毛剤だけでは無理です

ルナレストルセリピッド=頭皮料スカルプケア頭皮ローションが、
頭皮改善の役目をします。

皮脂でぎらつきて、吹き出物や炎症もある状態の頭皮に
育毛剤を使っても、効果は見られません。

逆に育毛剤の刺激で頭皮が、赤くなり、かゆみや湿疹化して
悪化することも。

毛穴の内部も細胞の浸潤が見られ、固着力が低下して抜け毛が
多くなりやすくなっている頭皮からは、次の世代の毛髪は寿命が短く弱々しい毛髪に成るのは確実です。

頭皮の色が違う

ルナレストルセリピッド=頭皮料、スカルプケア頭皮ローションで
育毛手当をすると、皮脂が少なくなり頭皮がさっぱりして、
吹き出物や炎症も小さくなり、毛穴も安定します。

このような頭皮だけでなく、色は白いが毛穴が萎縮してきている頭皮、
直毛がくせ毛になりだした頭皮、毛がペタッと寝てしまう
頭皮を改善します。

育毛剤を使っているが、なかなか頭皮回復が見られないときは、
育毛環境が弱っているためルナレストルセリピッド=頭皮料
スカルプケア頭皮ローションを使うと頭皮の環境がよくなります。

スカルプケア頭皮ローション、ルナレストルセリピッドを使う

頭頂部の薄毛は、血虚の状態で進行することが、男性にも多いです。

育毛剤の血管拡張作用だけで、薄毛、ハゲを改善するより、
スカルプケア頭皮ローション、ルナレストルセリピッド=頭皮料
併用することで効果は、確実になり、頭皮改善率は上がります。

弱って衰えている頭皮には、スカルプケア頭皮ローション、
ルナレストルセリピッド=頭皮料を育毛手当ての初めに
多めに使うと頭皮回復が早くできます。

心配することはありません。

ルナレストルセリピッドとスカルプケア頭皮ローションの目的

[check]弱った頭皮の保護と補修。
[check]頭皮の育毛環境の改善。
[check]余分な皮脂の除去して、皮脂腺を刺激しない。
[check]頭皮の緊張と緩和。
[check]炎症、アレルギーの沈静化。
[check]頭皮の異常を改善、ヘアケア用品で弱った頭皮の回復。

ルナレストルセリピッド=頭皮料が界面活性剤の弊害をカット

安全性の高いシャンプーを選んでも、毎日使うため頭皮が弱っていると、
シャンプーやリンスの界面活性剤で、頭皮や毛穴の育毛組織は次第に弱っていきます。

界面活性剤を頭皮や毛穴の内部に進入させない、頭皮ガードが、頭皮料の役目になります。

シャンプーの前後にルナレストルセリピッド=頭皮料を使い、
シャンプーの界面活性剤が頭皮や毛穴の内部への浸透を防御し、
汚れや余分な皮脂を無理なく除去し、使っているうちに皮脂量を整えます。

育毛手当をしても、薄毛、ハゲが進行している、髪の毛が次第に細くなる、
抜け毛に広汎性脱毛の毛根が目立つとき、
スカルプケア頭皮ローション、ルナレストルセリピッド=頭皮料で保護してください。

薄毛と抜け毛と頭皮の状態とは

薄毛の83%に炎症や吹き出物、湿疹の異常がみられます。

このように弱り衰えている頭皮に、育毛剤を使っても育毛効果は期待できません。

頭皮の防御システムが働き、逆に薄毛、ハゲを進行することになります。

頭皮は白くても、浸潤状態、炎症の前段階にあることが多く、初めは育毛剤を使わないで、
スカルプケア頭皮ローション、ルナレストルセリピッド=頭皮料で頭皮や毛穴の
育毛環境を回復させてから、育毛剤を使うと効果が上がり育毛手当てもやりやすくなります。

スカルプケア頭皮ローション・ルナレストルセリピッド=頭皮料を使うといい頭皮の症状

[check]育毛剤を使って炎症やかぶれがおこる。
[check]皮脂が多い、脂漏性脂漏性湿疹。
[check]頭皮が赤っぽい、炎症がある。
[check]うっ血している(血の滞り)ために、古血が頭皮にたまりやすい。
[check]フケが多い、頭皮にかゆみがある。
[check]髪の毛が細くなってきた。
[check]頭皮がかたくなりあまり動かなくなっている。
[check]髪の毛にコシやツヤがなくなってきた。
[check]頭皮に吹き出物がよくできる。
[check]頭皮が乾燥していてカサつきぎみ。
[check]肩こり、首のコリ、後頭部のコリがある。
[check]円形脱毛症の頭皮。

抜け毛

髪の毛は身体のなかでも新陳代謝が活発な部分のひとつです。

身体が栄養不足に陥り、髪の毛に十分な栄養が送られない状態が続くと、
血行不良が起こり、薄毛、ハゲ、脱毛症の原因となります。

抜け毛は不安やストレスが原因といわれます。

栄養の面から髪の毛の健康について考えてください。

毛髪の仕組み

髪は頭皮の毛包1つから1本生えています。

根っこの部分を毛根、その根元のふっくらしたところを毛球、
毛球の中心のくぼみの下の部分を毛乳頭と呼びます。

毛球の回りには、多くの毛細血管が張り巡らされ、栄養を取り込んで細胞分裂をして成長します。

毛乳頭の栄養状態がよく、毛球がしっかり抱き込んでいると、髪全体が健康で元気です。

毛髪のサイクル

髪の寿命

成長期 3〜5年(生え際は4〜9ヶ月)
    ↓
退行期 2〜3週間
    ↓
休止期 (自然に抜ける)

休止期に入ると自然に抜けますが、同時に皮膚の下では、次の髪の毛の準備も進んでいます。

このように抜け毛は、あって当然であり、1日約50〜100本抜けます。

問題は、きちんと休止期に入った髪が抜けているかどうかということ。

寿命を終えた髪は毛根がふっくら

円形脱毛症などの以上脱毛の場合、毛根に丸みがない、細い、パサついているのが特徴です。

抜け毛全体が細くなっていたらいわゆる男性型脱毛症です。

抜け毛の毛根に、丸みがない、細くなっているのは、
通常より早いサイクルで成長期から休止期を過ごしたのでやせていて、
通常より早く寿命を終え、次の毛の準備が出来ていない場合が多い。

髪に影響を及ぼすもの

髪の健康 危険度チェック

[check]食事は肉類が多く、脂っこいものを好んで食べる。
[check]塩辛いもの、スナック菓子やインスタント食品が好き。
[check]たばこを1日20本以上吸っている。
[check]ストレスが溜まりやすく、なかなか寝付けないことが多い。

脂っぽい物の食べ過ぎは、皮脂分泌を多くします。

塩分、刺激物の取り過ぎは髪には大敵で、
アルコールは体内で、中性脂肪に変えられ皮脂分泌を促進します。お酒も適量にしてください。

たばこに含まれるニコチンは、少量で興奮作用を引き起こし、
発汗や皮脂分泌を促進し、それが毛根に悪影響を及ぼし、
薄毛、ハゲ、脱毛症を促すことになり、多量の場合は抑制的に作用して、血流を阻害します。

毛包部への血流が滞るようになり、薄毛、ハゲ、脱毛症が発症進行します。

シャンプーは、やり方次第で良くも悪くも作用します。

頭皮をマッサージしながら、地肌に指の腹で、頭皮を動かすようにして洗ってください。

爪を立てて、力まかせにゴシゴシ洗うことは、頭皮を傷めるのでいけません。

髪は感情の動きに敏感

ストレスが続くと毛細血管が萎縮し、血流が悪くなり
髪の毛の栄養が供給が滞り、髪の生産がストップしやすくなります。

ストレスは、溜まる前に上手に発散することが、大切です。

アルコールを適量にして、運動などで汗を流すなど、
楽しいことを趣味にして日々の生活をゆったり過ごせる時間を
大切にしてストレス解消に当ててください。

抜け毛対策

たんぱく質、ミネラル、ビタミンなど、髪の育成に必要な食品をきちんと摂取してください。

ゆばは鉄、亜鉛、銅、ビタミンB1が多く、良質のたんぱく質や必須脂肪酸が豊富。

カロテンは微量なので、にんじんを加えるとバランスが良くなります。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージはツボに合わせて行うと効果的です。

額~頭頂~首筋の縦断ラインと、こめかみ~頭頂~こめかみの横断ラインの
十字のラインにたくさんのツボがあります。

実際にこの部分に指があたっていると、心地よさを感じます。

スポンサードリンク




育毛剤の効果を発揮させるためには、ルナレストル育毛シャンプーです←前に戻る
ルナレストルセリピッド=頭皮料→次のページ