食物アレルギーの仕組み

食物アレルギーの仕組み

食物たんぱく質がアレルギーの原因

卵を食べると蕁麻疹が出る、牛乳を飲むと嘔吐する、といった具合に、
食べ物が原因となってアレルギー症状を起こす人がいます。

このように食べ物に起因するアレルギーが食物アレルギー。

免疫とは、体から異物を排除するための機構で、食べ物は異物で自分以外の物質の固まり。

異物である食物(それに含まれる食物たんぱく質)に対して
免疫反応が起こった結果が食物アレルギー。

食物は胃や腸といった器官で、消化・分解され、腸管の粘膜を経て体内に吸収されます。

このとき食物のたんぱく質がすべて消化されるわけではなく、
わずかな量ですが、きちんと消化されないで吸収されるものも存在します。

この未消化の食物たんぱく質が食物アレルギーの原因物質となります。

腸管粘膜のマスト細胞が未消化の食物たんぱく質と反応した場合、
マスト細胞(肥満細胞)から化学物質が放出され、その化学物質が腸管に作用して、
下痢や嘔吐といった症状が現われます。

また、腸管から体内に吸収された食物たんぱく質が皮膚のマスト細胞と反応した場合には
マスト細胞から放出された化学物質によって湿疹や蕁麻疹といった症状が現われます。

あらゆる食物たんぱく質に対して免疫が働いては、何も食べられなくなるので、
腸管周囲の組織には腸管特有の免疫システムが備わっています。

食物アレルギーは、その仕組みが特定の食物たんぱく質に対して、
上手く働かない場合に発症するアレルギーです。

アトピー性皮膚炎の仕組み

皮膚のバリアー機能の低下が原因

アトピー性皮膚炎は、アトピー素因を持つ人に多く発症する、
かゆみのある湿疹で、よくなったり悪くなったりを繰り返す、
左右対称の特徴的な箇所に発症する、といった点が主な特徴。

アトピー素因とは、アレルギー(型アレルギー)を起こしやすい体質。

ただし、アトピー素因がアトピー性皮膚炎の根本的な原因というわけではなく、
アトピー素因を持たない人がアトピー性皮膚炎になることも珍しくありません。

アトピー性皮膚炎の根本的な原因は、皮膚に本来備わっているバリアー機能の低下にあり
皮膚の表面の角質層には微生物などの侵入を防ぐバリアーの働きがあります。

そのバリアーとしての機能が低下すると、皮膚に付着したブドウ球菌が出す
毒素(スーパー抗原)やアレルギーの原因となる物質(食物の食べかすやダニなど)が
皮膚の内側にまで入りやすくなります。

スーパー抗原(細菌毒素)やアレルギーの原因物質が皮膚に入り込むと、
スーパー抗原の働きを原因とする免疫反応によって炎症が起こり、
さらにアトピー素因を持つ人の場合には、アレルギー反応(アレルギーの
原因物質によってマスト細胞が活性化する)による炎症までもが起こります。

スーパー抗原を原因とする炎症プラスアレルギー反応による炎症、
これがアレルギーとしてのアトピー性皮膚炎の仕組みです。

アレルギーと免疫の関係

わたしたちの体には、細菌やウイルスなどの微生物から、体を守るための
免疫システムが備わっていて、外から体内へと入り込んできた異物を認識し、排除する働き。

健康に暮らしていくために免疫は大事な生体防御システム。

アレルギーの原因となる物質が体内に入り込み、無害なはずのその物質に対して
免疫システムが働いて、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー症状が現われます。

アレルギーは免疫の病気です。

アレルギー(allergy)はギリシア語に由来、
普通とは異なる、変化した反応能力のことを意味する。


あなたはその薬を一生使い続けますか?
薬を使わずに簡単に日常生活に取り入れられるアトピー克服法
重症のアトピーで、7年間一度もステロイドを手放せなかった私が、
簡単に日常生活に取り入れられる方法で、たったの3ヶ月間で、
アトピーを完全に克服した方法を、あなたにお伝えします。

  アトピー地獄からの脱出!
  アトピー地獄からの脱出!



ページのご案内
生体の体には、外から入る物質(異物)排除するシステム
生物には自分の体を守る仕組みがある
補体とは、血清中に存在する、免疫の働きに深く関わるたんぱく質
マクロファージは白血球を呼び集める
免疫は病原体の感染によって後天的に獲得感染の繰り返しによって抵抗力が高まる
抗体はIgG,IgM,IgE,IgA,IgD
B細胞から抗体が作られる過程と仕組み
T細胞も抗原を認識し結合する抗原レセプター
ヘルパーT細胞は抗体の産生を促進する物質を作り出します
リンパ球の産生に関わる器官骨髄で血液は作られる
B細胞も自己と反応しないようになっている
リンパ球は抗原を記憶する
アレルギーを引き起こす抗原=アレルゲン
細胞内の顆粒から化学伝達物質を放出する
細胞はサイトカインを使って情報を伝える
補体が活性化するプロセスのひとつ古典経路
気管や気管支の粘膜でアレルギーが起こる
アトピー性皮膚炎アレルギー+T細胞の活性化
食物アレルギーは
腸管には特有に備わった独自の免疫システム
アレルギーマーチ
ダニが増加
ハウス・ダスト(室内塵)とは
熱中症のメカニズム