髪のトラブル原因

毛髪の整理がつかなくなる原因

原因としてヘアシャンプーは大きな問題点

粗末で質が悪いヘアシャンプー、脂肪分を取り去る力が強いヘアシャンプー

髪の毛に良かれと思っているシャンプーで、
抜け毛を起こしたり、髪を傷めている人が多くなっています。

界面活性剤の恐さを知り、あなたの髪と頭皮をを守ってください。

外からの抜け毛の原因

髪に対して、日常生活で何気なくしている、手入れの誤りが多くの人の共通です。

シャンプーの仕方、手入れの誤り 洗い方の誤りが、髪の負担、
頭皮の負担になったり髪に大切な頭皮をしっかり洗えないことが、原因になります。

シャンプー剤、リンス、トリートメント

粗雑な製品に入っている合成界面活性剤は髪に有害

脱脂力が強すぎるもの、ふけ取りシャンプーもよくありません。

シャンプーの回数

回数が少なすぎると、頭皮が不潔になり、
ふけがでたり、常在菌が繁殖して頭皮=地肌を傷めます。

  • 1日2度洗いで、回数が多すぎると髪や頭皮=地肌に、負担がかかります。
  • ますます、皮脂の分泌が増えて、髪の毛の抜け毛のトラブル原因になります。
  • 整髪料・ムースの影響 粗雑な製品は、髪・頭皮=地肌にはよくありません。

パーマ・毛染めの害

パーマは、髪や頭皮=地肌に良くありません。

一般に、市販されている毛染めは、簡単に毛染めが、
出来なければ売れないため強力で髪や頭皮に与えるダメージはかなりなものです。

良質の製品か、プロの美容師を使うことをおすすめします。

日焼け=紫外線の害

髪や頭皮=地肌が、熱を持つことは、抜け毛の原因になり、パサパサした髪になります。

帽子・ヘルメットの・かつらの害

頭皮蒸れるのは、髪に良くなく、汗をかいたら汗を、
ふき取り通気性に気をつけることで蒸れない工夫を。

クーラーや暖房による空気の乾燥

乾燥は頭皮=地肌がポロポロになり、
はがれてふけが出やすく髪にも潤いがなくなり影響があります。

薬の害

ぜんそく、皮膚病、腎臓病の治療で使う、
副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の使い過ぎは髪に影響します。

抜け毛を防ぐには、腎を弱らせる原因となるもの、
血を不足させることになるもの身体の外から髪に害を与えるものをあげてみました。

薄毛・抜け毛の悩みを解決するためには、ここに挙げたことがらを、改善することと言えます。

カレー、唐辛子などの香辛料の食べすぎ

皮膚の汗腺や皮脂腺を刺激して、
頭に汗をかき、皮脂の分泌量を増加してフケも多くなるためです。

髪の毛の成長に、必要な条件は、頭皮の皮膚呼吸によって運ばれる酵素と、
血流によって供給される、栄養素です。

髪の毛が抜ける原因は、酵素・栄養素のどちらか、両方が不足して起こると考え、
育毛剤は頭皮(毛母細胞)に栄養を与え、毛細血管を補給する役目をします。

頭皮汚れは、新陳代謝によって、剥離された角質である、たんぱく質と酸化皮脂ですが
皮脂は、天然成分の保湿クリームの役目で、髪と頭皮に潤いを与え保護するもので
髪や頭皮には必要不可欠な成分です。

皮脂を、必要以上に取りすぎることは、薄毛をますます進行させます。

必要以上に皮脂を、取り過ぎずに、酸化皮脂と汚れをきれいに、落とすことが大切です。

ルナレストルセリピッド=頭皮料ルナレストル頭皮用育毛用シャンプーは、天然の洗浄成分で、
処方されておりアトピーやアレルギー体質の方にも、安心して使っていただいています。

美しい髪は、健康な髪と考えられます

傷みの原因を知り、傷めないようにどうするかを考えましょう。

傷みの現象は、髪の毛はたんぱく質からできていて、硬いケラチンタンパクから成っています。

パーマやヘアカラーなど化学的処理や、ブラッシングなどの、物理的な力にも耐えられます。

一本の髪の毛は約150gもの、引張る力に耐えられるほどで、本来髪の毛はかなり丈夫なものです。

しかし、髪の表面のキューティクルは、
摩擦に対して弱く、繰り返し摩擦していると剥離して傷んでしまいます。

すると、髪の表面はツヤがなくなったり、枝毛や切れ毛が見られたり、
縮れれたり髪の色も、赤茶っぽく見え、触ってみるとパサパサして乾いたような
感触ですべりが悪く弾力もなくなります。

ヘアスタイリング時には、まとまりが悪く、
ヘアスタイルが長持ちせずまとまりが悪くなってしまいます。

髪の傷みの状態は、キューティクルを観察することである程度わかります。

細胞の新陳代謝

核酸が不足すると

新陳代謝が悪くなり、内臓の働きが低下します。

人間が、生まれて成長するのに、細胞の新陳代謝は細胞が、
生まれ変わるためにどうしても必要不可欠な物質は核酸です。

体脂肪の増加につながります

20歳=成人を過ぎると、肝臓で様々なアミノ酸などから、
合成する力がどんどん低下してきます。

  • 加齢とともに体内合成が低下して核酸が減ります。
  • 通常の食事にプラスして核酸を摂りましょう。
  • 核酸の効果は最近、特に注目されています。
  • 健康、美容的には、加齢からくる老化の予防としての核酸は重要です。

動植物はすべての細胞に含まれる

核酸に、遺伝子DNA=オキシリボ核酸とRNA=リボ核酸が含まれていることが明らかになりました。

その核酸の補給が、不十分だと細胞の新陳代謝が遅くなります。

組織や器官の新陳代謝が遅くなり、組織や器官の老化が促進されてしまいます。

栄養素

たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどです。

すべてではありません。他に、様々な栄養素があり、それらを体が必要としています。

その代表が核酸

核酸は、一個一個の細胞の核にある大量のDNA=デオキシリボ核酸と
核の周りの細胞質の中にあるRNA=リボ核酸を指しています。

ふたつとも酸性を、示すことからこのような名前が付いています。

DNAは遺伝子の情報を司る

RNAは、その遺伝情報を元にたんぱく質合成を行います。

これまでの栄養学では、核酸は肝臓で作られるから、食べる必要がないということでした。

最近の栄養学的な価値が一気に見直されました。

肝臓では、核酸が作られていますが、肝臓だけで合成されるものではありません。

口から摂取した、核酸をもとにして、新たな核酸を合成する方法もあります。

人間は加齢と共に、肝臓の機能は低く

肝臓で核酸を合成する働きが落ちてきます。

必然的に、核酸が不十分になり、細胞分裂が十分にできません。

細胞の新陳代謝も、十分ではありません。

そこから、細胞に傷がつき老化を始めとして、様々な体の不調が生じてきます。

傷つきやすい細胞=皮膚、胃腸粘膜、毛髪など、
傷ついたら困る細胞=精子、子宮粘膜などほど、新陳代謝が必要です。

新陳代謝の激しい場所は、大量の核酸を必要とします。

小腸は激しく新陳代謝を繰り返しています。

小腸の粘膜の中には、寿命がわずか、一日しかないものもあります。

一日30gの腸粘膜が、剥離していると言われていて、
それほど活発に新陳代謝を行っていることです。

小腸がんが少ないのは、がん細胞が発生しても、
増殖してしまう前に剥離して体外に排出されてしまうからと考えることができます。

小腸に次に多いのが、頭、皮膚、骨、筋肉などの骨格系で、
新しい細胞を作り出すためにはその材料となる核酸が必要になります。

食べ物から核酸を摂取する必要があります。

新陳代謝が活発になると、不要な老廃物を排除し、お肌のキメを整えてくれます。

遺伝子

ひとつの生物の遺伝子情報全体を示す場合もあれば、個々の遺伝情報を示す場合もあります。

DNA全体を示す場合もあります。

DNA=デオキシリボ核酸

核酸の一種です。遺伝子本来で、遺伝子を司る設計図の役割をしています。

DNAは、細胞増殖やたんぱく質合成に重要な役割を果たします。

細胞は絶えず、材料となる物質を取り入れて新しい物質を合成、
不要な物質を分解エネルギーを取り出し物質代謝を行います。

ヒトの体は、多くの細胞から構成されています。細胞の数は、成人で60兆個にも達します。

RNA=リボ核酸

DNAを設計図とすれば、RNAはその働き手と考えることができます。

設計図を読み取り、材料や部品を運んだり、組み立てたり、工場のように働きを細かく動きます。

細胞特有のたんぱく質合成に、重要な役割を持ちます。

RNA分子は、DNA分子に、比べて著しく小さいです。

スポンサードリンク




ケラチンで弾力性のある繊維性タンパク質←前に戻る
漢方で腎とは、腎臓・膀胱・生殖器など→次のページ