4タイプのアレルギー

4タイプのアレルギー

型から型までアレルギー反応は4種類

免疫の病気はアレルギーと自己免疫疾患に分けられる

親子でできる安全・驚きのアトピー克服法



スポンサードリンク


人間には免疫という働きが備わっていて、私たちの体はそれによって細菌やウイルスなどの異物の侵入から守られています。
B細胞から産生された抗体が細菌を捕らえ、キラーT細胞がウイルスに感染した細胞を攻撃し、貪食細胞が異物を細胞内に取り込んで消化・分解します。
私たちの体に侵入した異物は、このようにして、できるだけすみやかに排除されるのです。
ところが場合によっては、健康を維持するために必要不可欠な免疫仕組みが、本来なら害のない物質(抗原)に対して過剰に働き、その結果として不具合が生じることが、アレルギーです。

花粉症にしてもアトピー性皮膚炎にしても、食物アレルギーにしても、すべてのアレルギー疾患の発症には免疫の仕組みが関係しています。
ひと口にアレルギーといっても、その発症の仕組みは1種類ではありません。
数ある免疫の働きの中でもとくにどのような仕組みが関係するかによって、アレルギーは型、型、型、型の4種類に分類され、一般にいうアレルギーはこのうちの型(即時型アレルギー)および型(遅延型アレルギー)を指します。
それに対して型および型は自己免疫疾患と呼ばれます。
型アレルギー
IgE抗体の働きによる即時のアレルギー。花粉症、気管支喘息、食物アレルギーなど。
型アレルギー
IgG抗体、IgM抗体、補体、貪食細胞細胞による細胞障害。異型輸血反応、自己免疫性溶血貧血など。
型アレルギー
抗原と抗体の複合体によるアレルギー反応。全身性エリテマトーデスや慢性関節リウマチの自己免疫疾患、血清病など。
型アレルギー
リンパ球(ヘルパーT細胞)による遅延型のアレルギー反応。ツベルクリン反応や接触敏感症など。
一般にいうアレルギーは、型と型を指します。

型アレルギーはIgE抗体によって起こされるアレルギー

IgE抗体とマスト細胞の働きで型アレルギーが起こる

型アレルギーは、B細胞から産生される抗体の働きによって引き起こされます。
抗体といってのいくつかの種類があり、型アレルギーにはそのうちのIgE抗体が関与。
IgE抗体は、肥満細胞(マスト細胞)や、白血球の一種、好塩基球に強く結合して、異物の排除に働く抗体。
IgE抗体はマスト細胞や好塩基球の細胞表面に結合し、さらに抗原と結合することで、こられの細胞に炎症を起こす働きを持った化学伝達物質を放出させます。
そして、過剰に放出されたその化学伝達物質が周囲の血管や平滑筋などに作用した結果、さまざまなアレルギーの症状が現われます。
型アレルギーにはアレルギー性鼻炎、食物アレルギー、気管支喘息などがあり、これらは症状が現われる場所こそ異なるものの、IgE抗体が関係するという基本的な仕組みはすべて同じです。

ペニシリンなどの薬剤が原因となるショック症状や、ハチの毒が原因となるショック症状や、花粉症などと同様の型アレルギーで、このようなアレルギーの症状が全身に現われる場合もあります。
IgE抗体がアレルゲンと反応すると、ほんの数分という極めて短い時間で、アレルギーの症状が現われるので、型アレルギーは即時型アレルギーともいわれます。

型アレルギーの仕組み

IgE抗体がマスト細胞の表面に結合する

抗原=アレルゲンが鼻や機関等の粘膜から体内に侵入することがアレルギー発症の第一のプロセス。
体に備わった免疫の仕組みは当然、侵入した抗原を異物と認識し、即座に機能を始めます。
抗原を取り込んだ抗原提示細胞は、次に抗原を提示して、T細胞をはじめ、最終的にヘルパーT細胞が作られ、さらにヘルパーT細胞のひとつ、Th2細胞からインターロイキン4という物質(サイトカイン)が出され、その働きにより、問題の抗原と結合したB細胞からIgE抗体が産生されます。
B細胞から産生されたIgE抗体は、つづいてマスト細胞と結合します。

マスト細胞の表面にはIgE抗体の定常部と強く結合するレセプター(受容体)があり、IgE抗体はそこに結合します。(マスト細胞にIgE抗体と結合するソケットがある)好塩基球の場合もマスト細胞と同様で、細胞表面にあるレセプターを介してIgE抗原と結合します。
これで、問題のアレルゲンを排除する準備が整い、もし同じ抗原が再び体内に侵入したとしても直ぐに対処できるよう、IgE抗体はマスト細胞の表面に結合した状態で待機しているこの状態を感作(かんさ)という。

細胞内の化学伝達物質が放出される

マスト細胞とIgE抗体が結合しただけでは、まだアレルギーの症状は現われません。
IgE抗体がさらにアレルゲンと結合して始めて、アレルギーが引き起こされます。
IgE抗体とアレルゲンが結合するといっても、これらの結合の仕方によってマスト細胞の反応は異なります。
1つのIgE抗体と1つのアレルゲンが結合した場合には、マスト細胞の内部にはなんの変化も現れません。
ところが、2つのIgE抗体を橋渡しするようにアレルゲンが結合すると「抗原を捕まえた」とIgE抗体からマスト細胞へ信号が伝わり、マスト細胞が活性化して、活性化したマスト細胞からは、抗原の排除を促進し、また抗原の拡散を防ぐ状況を作り出すための化学伝達物質、炎症や蕁麻疹やかゆみといった症状を引き起こす原因物質が放出されます。

マスト細胞の中にはヒスタミンをはじめとする化学伝達物質を含んだ顆粒があり、活性化したマスト細胞はこの顆粒内の化学伝達物質を細胞の外に放出します。
ヒスタミンなどは血管の透過性を亢進する働きを持つ物質で、その作用によって血液中の抗体や白血球は血管の外に出て抗原の排除にあたることができるようになります。
まらこれらの化学伝達物質は、抗原を体外に排出するために、平滑筋(心臓以外の内臓に分布する不髄筋)を収縮させて咳や下痢や嘔吐といった現象も引き起こします。
2つのIgE抗体を橋渡しするようにアレルゲンが結合し、マスト細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が過剰に放出されて起こるのが、型アレルギーです。

ヒスタミンなどの働き

血管の透過性が亢進して、血液中の白血球などが血管の外に出る 炎症
気管支や腸などの平滑筋が収縮する 咳、下痢など
粘液の分泌が亢進する 鼻水など