AGA男性型脱毛症

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)は遺伝するの

脱毛症は遺伝因子の要因はありますがぜったいではありません

ごく当たり前の、髪の毛や育毛のことを知らないで知識が無く知らないばかりに、
何の手当てをしないで、髪の毛を無くしている人も多いです。

そういう、若い男性や女性がほとんどといっても、決して言い過ぎではありません。

ご自身はどうでしょうか。髪の毛のこと、育毛の知識をどのくらい、知っていますか。

父親や両親の親戚筋、男性は、母親の遺伝を髪に関しては強く受けると報告があります。

薄毛ハゲの家系である場合

自分も可能性があると考えて、早急に育毛手当をしてください。

「AGA=男性型脱毛症」は、遺伝しやすいです。

男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素とレセプターの3つが
関係して男性型脱毛症の症状は起こります。

30歳半ばまでは、男性ホルモンの分泌量が活発になります。

男性ホルモンを補足するレセプターが、毛根周辺に存在します。

「5αリダクターゼ」という酵素の働きが、重なり合って、男性型脱毛性が発症します。

男性型脱毛性になりやすい条件の体質を遺伝して受け継がます。

脱毛症の家系でも、条件が変化して、無事な人も大勢います。

「男性型脱毛症」遺伝の可能性が高くても、間違いのないケアをして
予防をするとあなたの「AGA=男性型脱毛症」の危険性が、それだけ小さくなります。

髪は、女性ホルモンの影響を受けやすいので、
女性の場合は、体質の遺伝の心配は少ないです。

しかし、他の原因で、ストレスや間違ったヘアケア製品の使い方で、頭皮の環境や体内が、
男性化になることで、薄毛やAGA=男性型脱毛症の症状は起こります。

注意事項をお知らせします

薄毛、ハゲの因子がある方は、次のことに注意してください。

次のような兆候が、現れたらすぐ育毛の本格的な手当をすすめます。

  • 抜け毛が多くなってきた。
  • 毛が細くなってきた。
  • 皮脂が多くなって脂性になってきた。
  • 毛にコシがなくなってきた。
  • 毛にウェーブが強くなってきた。
  • 毛がペタッとねてしまう。

シャンプーをしてから、
育毛剤を頭皮に振りかけるくらいの手当では確実に薄毛は進行します。

抜け毛が気になる初期症状でも、本格的な育毛手当をして徹底予防をしてください。

誰でもできる薄毛予防

  • リンス・トリートメント、整髪料は使わないようにする。
  • 使うなら「薄毛のために処方された商品」を使う。
  • パーマやカラーもしないほうがいい。
  • 毛を育てるシャンプー法、毛をなくさないシャンプー法をする。

髪の毛に振りまわされない人生

[check]髪の毛が抜けることに怯えている人
[check]知識が無いので髪の毛を理解しようとしない人
[check]おしゃれは必要無いと髪の毛を無視しようとする人

このような人が、一番に「髪の毛」に悩み振りまわされ、
髪の毛のことで気をもむようです。

髪の毛を考えないようにして、
無視しようとすれば、するほど人は、無駄な考えを色々巡らせます。

専門家からの適切な、ケアの指導を受けていれば、スムーズに処理できることに
膨大な時間と大切なお金とエネルギーを費やすことになります。

大切なのは、髪の毛に翻弄されず、生きていける日常の生活です。

何事も目標に到達する方法はひとつではありません。

多くの情報中から、好きなものを選び取って実践してください。

頭皮の皮脂洗い落しをすすめる

皮脂が、髪の毛の成育の妨げをするという考え方は、完全に間違いです。

髪の毛の原材料は皮脂といえます。

その皮脂を過剰に洗い落としてしては、髪の毛の素を捨ててしまうことです。

健康な身体は、適当な量の皮脂に覆われることを必要としています。

その皮脂は、体温の維持調節に本来重要な意味合いを持つのが清潔生活を
希求する今の社会では、その維持よりも排除に、一生懸命なのが現実です。

皮膚の一つひとつの細胞に、水分が含まれ、皮膚は若さを保てます。

若いときには、ふんだんに皮脂の分泌があって、皮膚の細胞の中の水分が、
体外に出てしまうのを防いでいますが、30代を過ぎて皮脂の分泌が少なくなって
角質化が始まり水分の蒸発が進み、さらに進んだ水分の抜け後がしわです。

皮膚の若さを維持するには、皮膚に悪いことを避けてください。

皮脂を大事に維持することが必要です。

皮膚を洗いきれいにするのは、皮脂の上まででいいです。

皮脂がなくなると皮膚はカサカサになり、
紫外線などの外からの害を防ぐことは大変困難になります。

髪はとてもデリケート

精神状態が充実していて、
体調もいいとあなたの髪も元気ハツラツで朝の忙しいセットがしにくくなりますす。

そのくらい髪はデリケートで、こころやからだの調子に左右されます。

日常生活が不規則になり、悪い状態が続くと、髪も疲れて抜け毛が増え
新しい髪の毛を発育させる環境も悪くなる想像できると思います。

ストレスが溜まってくると、
なぜ髪の毛が抜けるのかいくつかの原因が考えられます。

自律神経や内分泌のバランスが崩れ、神経やホルモン変調が引き起こされます。

アレルギーや自己免疫の影響などです。

ストレスが密接に関係

心身症の代表、自律神経失調症になると、頭痛、肩こり、目の痛み、喉の乾き、
発汗息切れ、めまい、手足の冷え、ほてり、全身疲労、睡眠障害といった症状が起きます。

これらの症状は、すべて髪の毛にも影響するということです。

ストレスというと人間関係や仕事や学業の
重圧などこころの問題だけのようにイメージをしていませんか。

生活環境の、寒さ、暑さ、ケガ、
中毒といった、身体への有害因子もストレスの一種です。

現代社会が、忙しくなり、
複雑であればあるほど、ストレスも複雑に絡み合っています。

生活環境の見直し

ほとんどの人は、仕事や育児などで
「規則正しい生活」などできるはずがないと考えています。

できるはずのないことを「努力」しようとすると、ストレスになるばかりです。

それより生活環境を把握して、マイナスのことをうち消すような方法を考えてください。

薄毛に大きな影響

髪の毛は「体と心のゆとり」で、育成されています。

こころやからだに余裕がなくなると、
生命維持に関係ない毛は、真っ先に影響を受けます。

もちろん自分の性質は変えられません。

相手のある職場の環境も変えられません。ちょっよ考えましょう。

緊張と緩和

ストレスやハードな仕事で、緊張の連続だと感じていませんか。

それを短い時間で、
緊張(ストレス)を緩和(リラックス)できる体質の人もいると思います。

そこで、自分でリラックスタイムを作ってください。

ゆっくりと温めのお湯に入浴することで「こころとからだ」の緊張がほぐれます。

そして、ゆっくり睡眠をとることです。

交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにいき、
血管も拡張して体の隅々まで新しい血が流れやすくなります。

ゆったりしている状態が、育毛にいい環境となります。

はっきりさせる

自分自身が、一体どこへ行こうとしているのか、はっきりさせる必要があります。

自分の長所を知るためには、短所がわかっていなくてはなりません。

成功と目標の達成は、あなたの短所が克服されたときに訪れます。

失敗や物事が思い通りにいかないとき、必ずそこには理由や根拠があり、
成功を勝ち取るには、失敗の原因を知り、自分の短所を自覚することが必要不可欠です。

性格特性を的確に把握することのできる人は、時間を浪費するようなことはありません。

長所とともに短所も見えるわけで、
自分の短所や欠点を直視することはあまり気持ちのよいことではありません。

しかし、気がついたときが出発点です。

そこから前向きな姿勢で努力しましょう。

時間を有効に活用していますか。

ストレスは、精神的なものであれ、身体的なものであれ、毛髪の成長を妨げます。

髪に関する悩み自体が、
ストレスになってしまわないように「気にしすぎない」ことも大切です。

ストレスは、血管を収縮させ
からだのさまざまな機能を司る自律神経のうち交感神経が活発に働き始めます。

交感神経は、体の緊張状態を保つ神経です。

頭皮の末端の毛細血管は、毛の太さの10分の1のくらいの太さです。

ですから、頭皮の緊張や圧迫で、
血流の流れは制限され「毛が育ちにくい環境」となります。

いい毛を生やす環境は、頭頂部の一部の血管だけを拡張するのではなく
肩から首筋、後頭部、頭頂部までの緊張を緩和することで、血液の流れも改善されます。

スポンサードリンク




発毛のメカ二ズム←前に戻る
円形脱毛症と薄毛、ハゲのメカニズムに違い→次のページ