MRI検査のメリット

MRI検査のメリット

大きな筋腫や手術の治療が必要

腹腔内全般が細部にわたり映し出される

MRIは、人体の磁気に対する共鳴作用を利用して、体の中の様子を断面画像にする装置です。

これにより、縦・横・水平といったあらゆる方向の画像を見られるようになりました。

MRIは、ふつう、小さな筋腫の場合は行ないません。

治療を行なう場合に、正確に筋腫の大きさ、種類を把握したり、
筋腫かどうか診断できないときなどに使われます。

MRIの方が、超音波よりもはるかに画像が鮮明なので、筋腫の詳しい情報を得たり、
卵巣のう腫、子宮腺筋症、子宮内腫などの区別をつけるのに適しています。

不妊症の人や未婚の女性が筋腫の核出術を希望する際に精密な情報を
得たいときもMRI検査の結果を参考にします。

とくに術後妊娠を希望する場合は、筋腫核を摘出した後、
子宮を元の形に戻すために状態を確認する意味でも欠かせない検査です。

MRIは設備が大きく、効果な装置です。

どの医療機関にも備えてあるとは限りません。

MRI検査を希望する場合は、備えてある医療機関をきちんと調べて受診してください。

MRI検査では、変性の状態がよく分かる

筋腫の正確な大きさ、種類、場所が分かる。

X線を使わないので被曝の心配がなく苦痛がまったくありません。

子宮鏡検査のメリット

[check]痛みはほとんどない。
[check]出産経験がない人でも麻酔をしないで行える。
[check]10分ほどの痰時間で検査ができる。

子宮鏡は、子宮内腔を直接調べるための器具です。

超音波やMRIでは正確に知り得ない内腔の様子を見ることができます。

筋腫の検査の中では、おもに粘膜化筋腫や子宮内膜ポリープを
調べるための追加検査として行われます。

粘膜下筋腫は子宮内膜のすぐ下にでき、子宮内腔に向かって大きくなるタイプの筋腫です。

子宮鏡を用いれば、筋腫の大きさや内腔への突出具合などを詳しく見ることができいます。

子宮鏡には、直径7〜8mmヒステロシコープと、
直径3mm程度のヒステロファイバースコープがあります。

挿入時に痛みが少ないです。

血液検査

子宮筋腫の有無を判断する検査ではありません。

筋腫が疑われるときや、筋腫が見つかった後に、検査や治療の途中で行ないます。

貧血検査

採血して、赤血球数やヘモグロビンなどの数値を調べ、貧血があるかどうかを診断します。

貧血と診断された場合は、その原因が過多月経による鉄欠乏性貧血かどうかを判断します。

腫瘍マーカー

子宮筋腫には必要ありませんが、子宮内膜症、子宮腺筋症では、
CA125というマーカーを使って調べます。

また、子宮内腔を疑うときは、LDH(乳酸脱水素酵素)を検査することがあります。

子宮卵管造形検査

不妊症の人を対象に、子宮筋腫の手術前に行ないます。

子宮筋腫を調べるために、始めからこの検査を行なうことはなく、
誰にも必要な検査でもありません。

筋腫があることが分かり、調べると不妊で、
しかも妊娠を望んでいる人を対象に行なう検査です。

子宮卵管造形検査は、子宮口から子宮内腔へとカテーテル(細い管)を入れ、
造影剤を流し入れて、造影剤が卵管から腹腔内に出てきたところでレントゲン撮影します。

これによって、子宮内腔の大きさや形の変形、腹腔内の癒着などが確認できます。

卵管の通り具合の確認できます。

卵管が詰まって入ることが分かれば、
筋腫の治療で手術をしたときに卵管に対する手術も行ないます。

子宮卵管造影検査は、妊娠していない状態、
月経の出血が止まってから、排卵までの期間に行なわれます。

検査時間は、10分くらいです。

人によって、強い痛みを感じることがあり、
検査の後で骨盤内に感染を起こす場合もあるため検査後には抗生物質が出されます。

手術やホルモン療法、超音波療法よりも、
健康的でかしこい方法がここにあります。

オンライン物販
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!
◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

ダウンロード
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!
◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法



必要に応じて精密検査を受けることも←前に戻る
悪性腫瘍の有無を調べ、不妊症で子宮内膜の状態を確認する→次のページ