美人は腸から作られる

投稿日: カテゴリー: 栄養成分を味わい悩み解決で美人を作る

美人は腸から作られる

腸を左右する食物繊維

腸をきれいにする3大栄養素

1.食物繊維
コレステロールといったもの不要な脂質をキレイにします。食物繊維の作用をきちんと機能させる効果を期待して、水分やオリーブ油といった良質な脂質も合わせて摂取しましょう。
多く含む食材:寒天、野菜、豆類など

2.オリゴ糖
オリゴ糖は人の体では消化するということが出来ないこともあって、腸まで届き善玉菌のエサとなるのです。
それを受けて、善玉菌の活動は活発になって数が増えてきて、腸内環境が整います。
多く含む食材:バナナ、りんご、玉ねぎ、はちみつなど

3.水
便秘の原因のひとつに、水分不足を挙げられます。1日1.5~2リットルを目標にまめに水分補給に気を配ってください。
冷えている水は体を冷やすことから、常温か白湯を。
さらには、朝起きかけにコップ1杯の水を飲むことを通して、腸が働きはじめて、便秘に効果が期待できます。
便秘で悩んでいる女性が増加傾向にあるのは、脂や肉をメインとする食への欧米化によって、食物繊維が不足してしまったことが原因です。

本当なら日本人は、雑穀や豆類などという消化に時間のかかるものを主食とすることから、欧米人と比べて腸は約1.5メートル長いと言われて、食べ物が滞留しやすい特徴があるのです。
この状態で肉類ばっかり食べているうちに、腸内で食べ物の腐敗が進行して、悪玉菌が増加してきて腸内環境は汚れた状態です。
このようにして汚された腸内環境を改善するためには、食生活を食物繊維が豊富な和食に戻すことが大事です。

1日3食の中において、野菜や豆類など食物繊維が多くあるものを献立に加えることによって、不足分を補いましょう!

スポンサードリンク


主食はGI値の低い物にする

GI値とは、身体の中で食品が糖になるまでのスピードを現した数値です。

GI地の低い食品を食べたら、血糖値の上昇は緩やかになりますので、ダイエットや糖尿病予防に効果を見せてくれます。

低GI値 春雨、そば、玄米、ライ麦パン
中GI値 スパゲッテイ、うどん、中華めん
高GI値 もち、白米、フランスパン、食パン

食事で摂取した炭水化物は分解されてブドウ糖が発生して、血液中を行き渡ります。このようにして血糖値(血液中の糖の量)がどんどん増えるとインスリンというホルモンが分泌されるのです。

イスリンには、脂肪を作る働きを持っていて、血糖値がすごい勢いでどんどん増えると、インスリン分泌量が増加して、肥満の原因として。そういうわけで、血糖値の上昇を緩やかにすることが必要です。

GI値が低い食べ物は糖の吸収スピードが緩やかなことから、血糖値も緩やかに上がります。

反対にGI値が高い食べ物は、血糖値の低いものを主食に選べばインスリンの分泌を少なくできます。

こういった間食で、帰宅後の無茶食いを防ぎ、次なる食事の血糖値に影響を及ぼすセカンドミール効果が得られて、血糖値の急上昇を抑えるのです。

間食を上手いこと取り入れ、バランスの良い食事を摂りつつ太りにくい体質を目指しましょう!

食物繊維盛りだくさんで体内に滞った老廃物を大掃除

豆腐やひじき、ごぼう、こんにゃくだったり、食物繊維たっぷりの食材は、整腸作用を促進します。

オクラのネバネバ成分は水溶性食物繊維で、便秘を解消して腸を整えます。

アンチエイジングには、栄養素をバランスを考えて食べること。色の付いた食材としては、抗酸化作用を持っていて、錆び付いた体を手入れして、若返り効果が発揮されるでしょう。

血流が多くなると痩せやすくなってしまって、血液をサラサラに変える食材で体のむくみを解消。

トマトのリコピンとくる実のオメガ3系は、悪玉コレステロールを下げて血液をサラサラに。さらに、アボカドのビタミンEは血管を拡張することによって、血管が詰ることを防ぐ効果、血流が良くなりますと代謝アップで、ごく自然に脂肪燃焼率も引き上げられて痩せやすくなっていくのです。

●酵素と酸味で疲れを取って代謝アップで体質改善痩せる体に!

疲れが取れにくい背景にあるのは、代謝が低下しているのです。味噌の酵素やトマトジュース、ピクルスに含まれる酸味は、疲労回復や代謝アップの効果が期待できます。

そのうえで、豚肉や卵のたんぱく質は、筋肉の材料になって痩せやすい身体作りの役に立ちます。

醸造酒より蒸留酒

ビールは乾杯の時だけあって、ビールは糖質が高いレベルです。醸造酒を飲むときは、辛口を選択する。日本酒やワインの中においても、糖質が少なめの辛口のものを選んでほしいです。

お酒はアルコール代謝するため利尿作用が見られます。水分をまめに補給して二日酔いを防止したいものです。

「アルコールは太らない」と言いますのは、エンプティカロリーが影響しているもので、エンプティカロリーとは、お酒に含まれる純粋なアルコール分のカロリーを意味し、「栄養はほとんどのケースで含まれないカロリー」といった意味。

アルコールから摂取したカロリーは優先的に消費が行われ、体に溜め込まないと言うのです。

しかしながら、個人差が見られ、お酒を飲み始めてすぐさま顔が赤くなったりとか、体が火照ったりするのは、エンプティカロリーが優先的に代謝されることが理由となって。

そうだとしても、お酒には純粋なアルコールにとどまらず原料の栄養素が含まれています。

エンプティカロリーとは違ったカロリーは他の食材と同じで体に蓄積します。それもあって、ビールや日本酒、ワインなど原料の糖質が多く含まれる醸造酒というよりも、ウイスキー、焼酎などの加工の行程で、糖質が減少している蒸留酒のほうが太りにくいと考えられています。

レモンサワーでも飲み過ぎは落とし穴

甘いカクテルやリキュールと比べて、レモンサワーやグレープフルーツサワーは、太らない先入観を持っていたりしませんか?

実際のところ、果肉が混ざっていないため糖の吸収を抑制する食物繊維もありませんし、脂肪に変化しやすい果糖が多く含まれています。

ジュースと同じで太りやすい飲み物で、果肉入りにするのか、果物を搾るならば絞る量は半分にすえて、果糖を摂り過ぎ起こらないように注意が必要です。

お酒のおつまみは、大豆製品やネバネバ系食品を

食事と同時にお酒を飲むと、エンプティカロリー(アルコールのカロリー)が優先して代謝されるのです。

食べ物の代謝が起こるというのは後になってしまうので、前もって代謝に欠かせないビタミン・ミネラルいっぱいの食材をおつまみにすえて補給して置くこと。

食べると太るとされる人がいるわけですが、何一つ口に入れないと肝臓の機能が低下する、胃の調子が悪くなる。

枝豆、冷奴といった大豆製品は肝機能を高くし、アルコールの分解を促進する効果が期待できます。納豆、オクラ、なめこ、めかぶといったネバネバ系食品は、アルコールの吸収を抑える作用が見られます。

唐揚げ、ポテトフライにくらべてお酒と食事をより楽しむからこそ、大豆製品やネバネバ系食品を優先的に食べたいものです。

●アルコールの分解を促進する
冷奴:アルコールを分解する酵素は良質なたんぱく質から作られることによって、豆腐料理を。二日酔い対策に。

●肝臓の負担を和らげる
枝豆:ビタミンB群が豊富に含まれることから、アルコールの代謝や糖質の代謝を促進します。低脂肪たんぱく質。

●アルコールの吸収を抑制する
なめこ汁:なめこのヌルヌルが胃の粘膜を保護し、アルコールの吸収を抑え血糖値上昇を緩やかにいたします。また、汁物は満腹となるせいで何をおいても飲むと食べ過ぎ防止に。

●体を温めデトックス効果
酢物:酢に含まれるクエン酸は代謝を促進します。脂質も分解することで、内臓脂肪が付きにくく、肝臓の働きを活発に行って、二日酔いにブレーキをかける。

アルコールは血液循環に効果があるので、胃酸の分泌が活発化されて、食欲が増すことが起きます。

飲んだ後々の締めにラーメンを食べてみたくなる

ラーメンには塩分や糖質が多く消化にも時間がかかるでしょう。本当にまだまだ空腹状態であるのか、中断して念を入れて考えた方がいいです。

そうならないように、締めは肝機能を高めるオルニチンの含まれているシジミ汁や二日酔いに効果がある梅干しの含まれたお茶漬けを。

そうだとしても、ラーメンが味わいたいのであれば、野菜たっぷりのタン麺で、麺をやや少なく。

スポンサードリンク