美人食材酢を活用して体内環境を良くする

投稿日: カテゴリー: 栄養成分を味わい悩み解決で美人を作る

美人食材酢を活用して体内環境を良くする

我慢できない食事制限で太ってきたのです

我慢できない食事制限をすると短期間にダイエット効果は出るけども、そんなことをしていたらいつリバウンドするか明らかにはなっていません。

忘れていけないことは、消化や代謝機能を上げてくれる食材をチョイスし、血糖値の急上昇を防止する食事のとり方を行なうことが大切です。

血糖値上昇を抑制して体内毒素を外に出す。酢の酸味は「クエン酸」や「酢酸」といった物質に影響を受けるもの。

酢は、疲労物質の乳酸や脂肪の代謝を促進し、血糖値の上昇を抑制して肥満ホルモンの過剰分泌を防ぐことから、ダイエットにふさわしい食材となります。

さらに、フルーツ類にいっぱい含まれるクエン酸にはキレート作用があって、カルシウムなどのミネラルを吸収しやすい状態にしていきます。

有害なものを排出するデトックス効果も発揮されます。

①穀物酢

その中にあっても取り扱いやすく万能な穀物酢。どのような料理にでも使用できてお手頃な価格で入手することが可能なので日常的に摂取したい酢。胃酸の分泌を促進し、消化吸収を助ける効果を発揮する。

②ワインビネガー

ワインビネガーに含まれるカリウムは新陳代謝を上げて脂肪がつきにくい体に変える。赤ワインビネガーに豊富なポリフェノールはメラニンの生成を抑制して美肌効果がある。

③ブルーベリー酢④アサイー酢

フルーツ酢は「飲める酢」。フルーツ酢は常備して置き、朝ごはんの時、眠りに就く前に水や豆乳で割って飲む生活スタイルにすることによって、簡単に体に取り込むことができ、温めて飲んでも。

⑤黒酢

これ以外の酢の10~20倍も含まれるアミノ酸などによって血液中の赤血球は柔らかくなって、血流活性化。赤血球は体温調節する働きを見せるので、冷え解消できホッカホッカに。

⑥バルサミコ酢

ぶどう果汁を原料としているため、これ以外の酢と比べてポリフェノールが豊富。ポリフェノールの抗酸化作用によって、細胞の老化を防ぎ、ツヤ肌へターンオーバーします。

スポンサードリンク


美人食材寒天は食物繊維そのものずばり

お腹の中をキレイにするお掃除屋さん。

寒天=食物繊維、糸寒天、角寒天、粉寒天。寒天とは、天草やオゴ草(オゴノリ)というような海藻から、食物繊維というものを抽出して作り出されたものです。

食物繊維には、水に溶けやすく脂肪吸収やコレステロールを下げる水溶性食物繊維と、水に溶けづらく便のカサを増加させる不溶性食物繊維の2種類があるのです。

寒天はこういった2種類の食物繊維が多くて、含有量は100g当たり74.1gとトップレベル。

ノンカロリーで、お腹のお掃除屋さんということで腸内の調子を整える食材ということです。

美人食材冷凍きのこ余すところなく栄養吸収

きのこは冷凍さえすれば旨味はとんでもなくアップ。

生きのこの旨味成分はそこそこ少なめ、凍らせて細胞を壊してから加熱することを通して旨味がもたらされる。きのこは低カロリーのパワーフードということです。

きのこはカロリーが低いこと以外に、ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が豊富に含まれる女性の皆様にハッピーな食材です。

とりわけビタミンDは、免疫力を引き上げることから、皮膚のバリア機能がアップし美肌に結果が期待できる。

きのこを買ってきましたら、ラップに包んで保存袋にしまって、冷凍庫で保存しておく。細胞が壊れることを利用して、栄養素が溶け出しやすくなるので、吸収率が引き上げる。

ビタミンDは、紫外線を浴びることによって活性化すことになる成分。冷凍する前、1日日光に当たればビタミンDは倍増しする。

美人食材はちみつみたいにきらめく

はちみつと変わらない肌に。白砂糖とは違って低カロリーで甘さは強力な。

はちみつは、精製された白砂糖とは違って、ビタミンやミネラルを含んでいるのです。

ビタミンやミネラルは、代謝を行なうのに欠かすことができない栄養素。同じ様な甘さを摂取するのであれば、栄養素がしっかり含まれているはちみつがオススメ。

また、はちみつは白砂糖よりもカロリーが低く甘みは強いことから、砂糖の代役として用いれば、少しの量で満足です。

しかしながら、温めると甘さは感じにくくなってしまうため、温かい物に使用するときの中には入れすぎに用心。

美人食材てんさい糖で体を冷たくしない

ミネラルとビタミンが豊富な健康食、冷え性女子にオススメの。

てんさい糖の原料は、北海道で取れる甜菜(てんさい)「別名:砂糖大根、ビート」です。

「南国の食材は体を冷やし、北国の食材は体を温める」と申しますが、てんさい糖には体を温める効果があると言われています。

ビタミンやミネラルも含んでいることから、血糖値をゆったりと上昇されるということも特徴。善玉菌だというビフィズス菌を増やす働きがあって、腸内環境を整え、代謝がアップします。

これまでの白砂糖に替えては。

美人食材美人のダイエットとして発酵食品で代謝UP

チーズ たんぱく質

太るイメージもあるチーズなのですが、代謝機能を強めるたんぱく質が豊富に含まれています。さらには、脂肪を分解し蓄積をストップさせるビタミンB2も含まれていることから、食べ過ぎなかったらダイエットにだって。

ナンプラー アミノ酸

グルタミン酸というアミノ酸の1つが豊富に含まれています。リラックス作用も出るGAVA(ギャバ)の材料にもなることから、ダイエット中のイライラする気持ちにまで。

キムチ 植物性乳酸菌

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌と比べて、生きたまま腸まで届くといったスグレモノ食材で、高温でも生きられるので、加熱料理するとしても腸内環境を整える働きは消耗しない。

テンペ 大豆イソフラボン

女性ホルモンと似た効能が期待できる大豆イソフラボンが豊富。発酵していますから栄養素も吸収しやすくなっている。日持ちするうえ、肉の代りとしても使えて常備して置くと使いやすい食材。

美人食材ヨーグルトは年間を通してトライする

1.1日100gが完璧、無糖のものをやり続けていて
ヨーグルトに多い乳酸菌は、腸内の善玉菌を増加させて、腸内環境を整えたり、免疫力を引き立てる。善玉菌の数をキープすることを考えればヨーグルトを年間を通してトライすることが大切。
けれども、食べ過ぎると太る原因となっていることもあって、100gを目標に無糖や低脂肪をセレクトしてください。

2.セカンドミール効果が見られる
セカンドミールとは、初めの食事が次なる食事の血糖値に悪影響を及ぼすこと。ヨーグルトに多く含まれるたんぱく質が、血糖値の急上昇を抑制します。
ランチ時の血糖値をゆったりと上げるために効果があります。

3.オリゴ糖との食べ合わせがベスト
腸内の善玉菌を増殖させる働きがあるオリゴ糖とセットして摂取すると、整腸作用の効果を引き出す。オリゴ糖が含まれる食材としては、バナナやりんご、はちみつなど。
さらに、おかずにして調理するならば、しょう油や味噌との相性が文句なしに。

セカンドミール効果で効果的に痩せる

一番初めに摂る食事が次なる食後の血糖値に作用することを「セカンドミール」と呼んでいます。

アボカドやごぼう、きのこ類、海藻類なんかに豊富に含まれる食材、大豆やヨーグルト、卵なんかに広範囲に含まれるたんぱく質は、その次の食事の血糖値を急上昇させることを抑えます。

さらには、オクラや納豆、なめこといったネバネバ食品は、糖質の吸収を抑制する働きも備えられているのです。

美人食材豆乳は美人女子の最高の味方

サポニンで血液サラサラ

血液中のコレステロールや中性脂肪を減少させ、血の巡りが活発化し太りにくい体を作り出します。さらに、脂肪の代謝をスムーズにし、脂質が蓄積されないようにするのです。

女性ホルモンと大豆イソフラボン

女性ホルモンは、女性らしき体を作るサポートをします。同じような作用が期待できるのが大豆イソフラボン。美肌効果や生理不順の改善など、女性にうれしい成分。

若返り効果ありのビタミンEがたくさん

ビタミンEは、「若返りのビタミン」ということも呼ばれていて、高い抗酸化作用を持って、老化予防する可能性の高い。血流をよい状態にして新陳代謝を促がす。

大豆よりも豆乳のほうが消化吸収率が高い

大豆は硬いので、消化吸収率を上げるために、煮て軟らかくしましょう。大豆イソフラボンを最大限に摂るなら、豆乳が優れています。

レシチンの力でコレステロール減

レシチンには脂肪を燃焼して代謝を促がす働きがあり、血液中のコレステロールを排出して血流を良くする。また、高血圧の抑制にも有効です。

スポンサードリンク