美人を目指すなら柑橘類は日が暮れてから

投稿日: カテゴリー: 栄養成分を味わい悩み解決で美人を作る

美人を目指すなら柑橘類は日が暮れてから

美肌成分のリーダーのビタミンCたっぷりの食品の柑橘系の果物

柑橘類の食べる方法を誤まるとマイナス効果を招いてしまいます。柑橘系の果物には、光などによって活性化してしまうソラレンといった光毒性物質が含まれています。

太陽の光に当たると紫外線の吸収を強める事態に。その影響を受けて、朝食に柑橘系の果物を摂取すると、シミやシワができやすくなる可能性が高いです。

朝食べると、普段より日焼け対策は完璧なものにする

ソラレンが含まれる食材は、きゅうり、パセリ、しそがございます。朝にビタミンCを摂るとしたら、ソラレンの少ないレタスやトマト、かぼちゃといった野菜や、バナナなどの果物を食べましょう。

さらには、ソラレンの効果は約7時間と考えられるので、夜間に食べる分としては全然問題はありません。

ソラレンが含まれる食材とは

ソラレンは、光の感受性を高める効果を発揮してくれます。そういう理由で、摂取すると紫外線の吸収を強めるシミが発生する原因に。

・ソラレンの少ない昼向き
バナナ、りんご、スイカ、桃、ぶどうといった果物。
レタス、トマト、かぼちゃ、大根(皮にはソラレンが含まれる)といった野菜。

・ソラレンの多い夜向き
レモン、みかん、グレープフルーツ、キウイフルーツ、いちじくといった果物。
きゅうり、パセリ、しそ、三つ葉、じゃがいも、セロリといった野菜。

カロリーだけで太る太らないは決まらない

同じカロリーの「カルボナーラ」と「ジェノベーゼ」どれをチョイスしますか?

外食のメニューに困ったケースでは、良質な栄養たっぷりの方をチョイスしてほしいです。パスタを比較した場合のおすすめは「ジュノベーゼ」。

「カルボナーラ」は生クリームや卵、チーズ、ベーコンなど、脂質や糖質が多く、太りやすいセッティングです。

「ジュノベーゼ」は、脂質のカロリーが高いとしても、ベースがオリーブ油といったで太りにくく、具材もバジル、トマトや海鮮などビタミンやミネラル、たんぱく質も豊富にあります。

数値に限定されすぎずに、中身の栄養バランスに目を通して外食を楽しんでください!

時代も変わって、メニューにカロリーが掲示されています。ダイエットにおいてもカロリーというよりも覚えておいてほしいのは栄養バランスです。

低カロリーということで同じものばっかり食べ、バランスの良くない食事を継続すると、栄養不足になって代謝がみるみるうちにダウンしてかえって太りやすい体質に変わります。

「スイーツが止めることができないので、おかずを控えているということでカロリー調整していらっしゃる」といった場合も、カロリーを控えているということでもスイーツは糖質や脂質が多いのです。

たんぱく質やビタミン・ミネラルは含まれず、栄養不足で筋肉が減ってきて太りやすい体質に変わってしまいます。

その時だけ痩せたとは言ってもリバウンドする可能性が大きいといえます。間食でも100kcalで糖質が入ったミルクチョコレートと比べて、110kcalでもたんぱく質やビタミン・ミネラルが多いアーモンドチョコレートの方がダイエットに向きます。

同じ食べるならば、栄養豊富な食品をチョイスしてほしいです!

スポンサードリンク


基礎代謝を高めて太りにくい体に

基礎代謝とは、生きて行くことに必要なエネルギー代謝のこと。

一日の総消費カロリーの60%は基礎代謝、30%は身体活動、10%は食後の代謝により消費されるというのです。

基礎代謝を高めると痩せると言っても、これについては何もしなくても消費されている量が増すことで、太りにくく変わること。

基礎代謝を高めるには、筋肉量を増加させたり、体温を引き上げることが必要になります。良質なたんぱく質を摂って、3食バランスを考えて食べることを意識してください。

夏こそ温める食材を食べるべきです!

「冷えは万病の元」と申します。暑い季節は特に、屋内での過度な冷房や冷えているも飲み物・食べ物で体を冷やしているわけです。

体が冷えると血行が悪い状態になって、血行不良になって全身に酸素や栄養素が行き渡りにくくなってしまいます。

そんなこんなで、内臓機能が悪化したり、肌ツヤが消え去っていくというわけです。また、体温を1℃上げると代謝は約13%上がります。

冷えを克服するために効果的なことが、ビタミンCやビタミンEなど血行を良い状態にして体を温める作用がある成分を含む食材を食べることが欠かせません。

かぼちゃ、にんじん、りんご、ネギなどの寒い地方や冬の時期に採れる野菜や果物を意識的に食べましょう。

あべこべにトマトやレタス、マンゴーやパイナップルなど、熱帯地域や夏の時期に採れるものは、体を冷やしがちなですから、食べるときは温かい料理にしたり、温かい飲み物と一緒に取りましょう。

食材の中には、体を温めるものと、冷やすものがあるんです。

寒い地域で採れるものは温め食材、暖かい地域で採れるものは体を冷やす食材です。

美人はツヤ髪が鉄則

食べ物で美髪を手に入れましょう!

髪の毛にコシやツヤが消え失せた、薄毛が目立ってきたといった悩みを持つ方は見受けられます。

美しい髪に必要な栄養素とは、良質のたんぱく質と脂肪酸、ビタミン・ミネラル類です。

その中にあってもとりわけ重要なのが亜鉛で、不足してしまうと抜け毛や地肌の乾燥に結びつきます。亜鉛が豊富に含まれる食材はカキなのですが、1年中食べるのは難しいことだと思います。

そのため、カキのエキスの入っている、オイスターソースを料理に取り入れることによって手間いらずで摂れます。

牛肉にも亜鉛は含まれていて、量も豊富に食べられるため効率良く摂れます。さらに、ナッツとドライフルーツは美しい髪に必要な栄養素が豊富に含まれていることで、バランスよく摂ることができるのです。

子袋に入れて携帯して、日常的にひとつかみ程(約100kcal)を食べる習慣を身につけて、美しい髪をゲットしてください。

美髪を作る

●海藻 ヨードが豊富
ヨードはヨウ素というミネラルです。髪の毛はたんぱく質からできていて、ヨードがたんぱく質の代謝を助けることによって、健康的な髪の毛が作られます。

●ラズベリー 成長ホルモンが豊富
ラズベリーの香気成分・ラズベリーケトンは、薄毛や抜け毛に効果的。皮膚といった知覚神経を刺激することによって、育毛剤にも活用されている成長ホルモンのIGF-1を増やします。

●カキ 亜鉛が豊富
髪のツヤはメラニン色素の量によって決められますが、亜鉛はメラニンを生成する役割があります。足りなければ髪がパサパサに。

髪の悩みに合わせて必要な栄養素を取りましょう!

髪の毛がパサパサ

●ナッツ・アーモンドがおすすめ
血液循環が悪くなり髪の毛が栄養不良ともなれば現れます。髪の毛と一緒の成分のたんぱく質や、血流を促進するビタミンEを摂取しましょう。

頭皮のふけやかゆみ

●牛肉がおすすめ
新陳代謝が活発な人に発症しやすい。美容ビタミンと言われているビタミンB2や、免疫機能を守るビタミンAなどを摂取しましょう。

薄毛

●ラズベリー・大豆製品がおすすめ
栄養不足の頭皮では、髪の毛は育ちません。たんぱく質を加え、栄養をスムーズに運ぶビタミンB群や鉄分を取りましょう。

枝毛・切れ毛

●海藻がおすすめ
熱や摩擦によって、キューティクルが壊れることが原因です。植物性たんぱく質やビタミン類を摂って健康的な髪を取り戻しましょう。

美しく痩せるには刺身が一番!

魚油に含まれるDHAやEPA、エゴマ油や亜麻仁油、チアシードに含まれるα-リノレン酸など、体に必要な必須脂肪酸をオメガ3系の脂肪酸といいます。

魚油のオメガ3系は血流の改善、脳や神経を活発化します。また、皮膚のシワ・たるみ予防やメタボ解消など、女性の美容と健康に効果が期待できます。

しかしながら、オメガ3系は酸化しやすく熱に弱いことが理由で、焼き魚であれば摂れる量や質が落ちてしまいますから、生のままで刺身として食べることが一番!

また、魚にはコレステロールを正常化するタウリンやビタミン類、良質なたんぱく質がたっぷりと含まれています。

日頃より魚を召し上がって、体の中から美しくなれるのです!

イカはタウリンが魚の2~3倍

タウリンは、血中コレステロールの量を抑える働きがあって、血流を良くしいるわけです。

また、コラーゲンも豊富に含まれていることで、美容食においてもおすすめ!
●サヨリ ヘルシーなダイエット魚
ビタミンは少なめなのですが、亜鉛が多くあるため新陳代謝を上げます。「高たんぱく・低脂肪・低カロリー」と、ダイエットにマッチする魚。

●まぐろ 女性ホルモンを作る素
まぐろやかつおに含まれるビタミンB6は、たんぱく質と脂質の代謝には欠かせない栄養素です。女性ホルモンのバランスを整えます。

●ガリの食べ過ぎに注意したいものです!
ショウガは、ヘルシーでどんなに召し上がっても太りにくいと思いがちです。甘酢として砂糖も用いられていることから、糖質もいっぱい含まれています。ショウガには殺菌作用があって、生魚に生じやすい殺菌による食中毒を防ぎます。

スポンサードリンク