carbonblack

着色成分 カーボンブラック

CABON BLACK
天然ガスや液状炭化水素の不完全燃焼、
または熱による分解反応によって作られる微粒子粉末の炭素です。

黒色の顔料として、メイクアップ製品に使われています。

着色力が強いので、少量の配合で効果的に使える特徴があります。

製法の違いによって、発ガン性成分のベンツピレンが混入する可能性もありましたが、
現在ではその危険性のない製法で作られています。

着色成分 カオリン

KAOLIN
花崗岩が風化してできた粉末または塊状の好物です。

化学的には含水ケイ酸アルミニウムで、
白色~微白色の粉末を化粧品の原料として使用します。

ほかの紛体の肌への付着性を高めたり、パウダー基剤とする目的で、
白粉(おしろい)をはじめ、各種メイクアップ製品に使われています。

タルクと共にベビーパウダーにも使われています。

着色成分 カラメル

CARAMEL
ブドウ糖、水あめなどの糖類を加熱して、
分解させて酸やエステル類などの多数の成分から構成されています。

着色性の成分は約30%くらいといわれています。

水に溶けるタイプの天然色素として使われ、
薄い褐色や他の色素に混ぜて、微妙な色彩を演出します。

製造方法により、色調に差があるので、メーカーとロットの管理に注意が必要です。

高温で褐色味が増えるなどの変化があります。

着色成分 カルミン

CARMINE
雌のエンジムシから得たカルミン酸をアルミニウム、またはアルミニウムとカルシウムを
反応させて作る赤色~赤紫色の粉末、または結晶性の粉末です。

口紅、頬紅などに、赤色の色素として使われています。

着色成分 黄 4

CI 19140
食用タール色素で、タートラジンという黄色の合成色素です。

化粧品用原料としては、
アルミニウムレーキまたは、そのジルコニウムレーキも使用しています。

バリウムレーキまたはそのジルコニウムレーキも使用しています。

微量で高発色するので、メイクアップ製品からスキンケア製品に単独、
または、他の色素と調合して使用されています。

着色成分 魚鱗箔

GUANINE
タチウオなどの光沢のある鱗(ウロコ)を精製して得られた天然の魚鱗箔を、
ネイルエナメルのベースや粘性のあるベースに混合して、作られたペースト状の原料です。

見た目は、白色~薄い黄色を帯びたパール様の光沢を持っています。

魚鱗箔の主成分はグアニンです。

主にネイルエナメルにパール状の光沢を与えるために配合されています。

その他のメイクアップ製品やスキンケア製品にも配合されることがあります。

着色成分 金

金箔、金コロイド

GOLD
金箔は94.4%以上含む純度の金を、非常に薄く伸ばして薄片にしたものです。

黄金色をしていて、非常に軽く、どのような形状の製品でも分散させて配合できます。

その他、コロイド状に調整した金コロイドも原料化されています。

華やかな印象を演出する目的で、アイシャドウなどのメイクアップ製品に使われています。

スキンケア製品にも配合されていますが、
やはり高価な印象と高価イメージを与える、目的で使われています。

金はもともと化学的に安定している分子なので、生体に対しても影響は無いと思われています。

しかし、金に対して神秘的な力を信じる人も多いことから、
単なる見栄え以上の効用も期待して、配合されている場合もあります。

粘性の無い化粧水では沈殿をしてしまうので、分散性を高める工夫が必要です。

着色成分 グンジョウ

ULTRAMARINES
イオウを含んだアルミニウム、ケイ素から出来ている青色~紫青色の顔料です。

アイカラーを始めとしたメイクアップ製品に使われています。

古くは柘榴石を粉砕して採っていましたが、現在では化学合成によって作られています。

酸には弱いですが、アルカリやアルコールには強いです。

スポンサードリンク




美容知識ページのご案内
角層柔軟成分 グリコール酸
乳化成分 PEG-ジメチコン類
乳化成分 水添レシチン
乳化成分 パルス類
乳化成分 アシルグルタミン酸塩類
洗浄成分 スルホコハク酸(C12-14)s-パレス-9-2Na
安定化成分 PEG-9 ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
安定化成分 カルボマー
安定化成分 合成スチーブンサイト
安定化成分 ステアリルアルコール
安定化成分 ペクチン
安定化成分 ミリステルアルコール
防腐・殺菌成分 安息香酸類
防腐・殺菌成分 チョウジエキス
着色成分とは
着色成分 合成金雲母
着色成分(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン) クロスポリマー
着色成分 窒化ホウ素
溶媒成分とは
その他の基剤成分とは
基剤成分 アンズ核粒
基剤成分 コメデンプン
基剤成分 ナイロン類
その他の添加成分
その他の添加成分 水酸化K(水酸化カリウム)