crosspolymer

着色成分 (ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン) クロスポリマー

DIPHENYL DIMETHICONE/VINYL DIPHENYL DIMETHICONE/SILSESQUIOXANE CROSSPOLYMER
シフェニルジメチコンとビニルジフェニルジメチコンとシルセスキオキサンからなる
架橋共重合体で、白色球状のシリコーン複合パウダーとして原料化されています。

滑らかな感触と弾力のある紛体特性を生かして
パウダー型ファンデーション、コンシーラーなどによく配合されています。

立たなくなるソフトフォーカス効果で毛穴などを目効果もあります。

着色成分 (ジメチコン/ビニルジメチコン) クロスポリマー

DIMETHICONE/VINYL DIMETHICONE CROSSPOLYMER
ジビニルジメチルポリシロキサンで架橋した
ジメチルポリジロキサンで、微粒子紛体として原料化されています。

ウォータープルーフの特性を持つ、ファンデーションや下地に多く使われています。

サラサラした感触とソフトファーカス効果によりメイク効果の演出に優れています。

スキンケア商品にも感触の調整として使うことも出来ます。

着色成分 シリカ

無水ケイ酸

SILICA
天然から石英、メノウ、ケイ藻土から得られ、
合成では乾式法や湿式法で作られている白色または、やや青味を帯びた紛体です。

水や酸には溶けませんが、アルカリで溶けて水溶性のケイ酸塩になります。

吸湿性が強く、ふんわりとした感触の仕上がり特性と透明感のある
カバー効果を持っているので、様々なメイクアップ製品に使用されています。

スキンケア製品では、増粘効果や感触調整の目的で使用されています。

着色成分 シリル化シリカ

ジメチルシリル化シリカ

SILICA SILYLATE、SILICA DIMETHYL SILYLATE
シリカ(無水ケイ酸)をジメチルクロロシランまたは
トリメチルクロルシランで処理した、多孔質球状の紛体です。

トリメチルシリル化シリカとジメチルシリル化シリカがあります。

紛体処分の中で増量の目的や、ソフトフォーカス効果などの目的で、
メイクアップ製品に使用されるほか、皮脂を吸収する効果もあるので、
化粧持ちをよくするためにも配合されています。

着色成分 水酸化AI

ALUMINUM HYDROXIDE
天然または化学合成で作られるアルミニウムの水酸物質です。

白色の結晶性粉末で、水やエタノールには溶けません。

酸化チタンと組み合わせて白色の顔料として使われています。

また収斂効果もあるので、スキンケア製品にも使われています。

着色成分 タルク

TALC
滑石という柔らかい結晶性鉱物を基に、洗浄して粉末化したものです。

主成分は、含水ケイ酸マグネシウムで、層状に割れやすく、
薄い板状結晶になり、非常に滑りやすい性質を持っています。

紛白粉、ファンデーションに肌への伸びや広がりを、よくするために配合されています。

ベビーパウダーやボディパウダーにも多く配合されます。

原石の産地や紛体の大きさにより、
紛体の色や性質に特徴があり、それらを考慮して使用されています。

着色成分 炭酸Ca

軽質炭酸カルシウム

CALCIUM CARBONATE
白色から薄灰色の粉末です。

多孔質なので、水や油剤、香料を多く含ませることができます。

紛体系ファンデーションや白粉に配合して、透明感のある
仕上がり効果や皮脂を吸収させて化粧持ちを、よくする目的に適しています。

また、香料を含ませて配合し、保香剤としても使われています。

着色成分 炭酸Mg

MAGNESIUM CARBONATE
塩基性炭酸マグネシウム脱水物または正炭酸マグネシウム含水物の白色の粉末です。

水にはわずかに溶けます。

様々な目的で使われる紛体ですが、メイクの仕上がりや増量剤として
使用されたり、収斂効果でスキンケア製品にも使われています。

重量挙げの競技では、滑り止めとして使われています。

スポンサードリンク




美容知識ページのご案内
角層柔軟成分 グリコール酸
乳化成分 PEG-ジメチコン類
乳化成分 水添レシチン
乳化成分 パルス類
乳化成分 アシルグルタミン酸塩類
洗浄成分 スルホコハク酸(C12-14)s-パレス-9-2Na
安定化成分 PEG-9 ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
安定化成分 カルボマー
安定化成分 合成スチーブンサイト
安定化成分 ステアリルアルコール
安定化成分 ペクチン
安定化成分 ミリステルアルコール
防腐・殺菌成分 安息香酸類
防腐・殺菌成分 チョウジエキス
着色成分とは
着色成分 カーボンブラック
着色成分 合成金雲母
着色成分 窒化ホウ素
溶媒成分とは
その他の基剤成分とは
基剤成分 アンズ核粒
基剤成分 コメデンプン
基剤成分 ナイロン類
その他の添加成分
その他の添加成分 水酸化K(水酸化カリウム)