dani

ダニは居間の床や敷物、寝具などどこの家庭でも多数います

ダニはアレルギー体質の人に対して

喘息、鼻炎や皮膚炎などの引き金となります。

住宅の狭小化、建造物の高層化、木材に代わってコンクリートが用いられ、
アルミサッシ、合板、断熱材などの新建材が普及して、
建造物の耐火性、耐震性は向上して、通気性は著しく低下しています。

特に湿度の高い梅雨時や積雪地の暖房時などには、
カビが大変生えやすく、家の中にダニ類の発生が起こりやすくなります。

原因の良く分からない体のかゆみ、皮膚にできた赤斑点、
かゆみはダニや虫による吸血、刺咬(しこう)ばかりではなく、
熱や圧迫など身体に対する物理的刺激、衣服の染料や洗剤などの化学薬品、
また肝障害や糖尿病などの内科的疾患によっても起こりますので、
原因を正確に把握しないと悩みを解決することはできません。

人を宿主とするダニ

セゼンダニとニキビダニ

ニキビダニは健康な人にも寄生しているダニ。

ヒゼンダニの成虫の体調は雄0.2〜0.24mm、
雌は雄の約2倍の大きさで、やっと肉眼で見ることができる程度の円形のダニです。

体色は無色〜淡白色で、肥厚している部分は褐色をしています。

ヒゼンダニは、人の皮膚の一番外側、角質層にトンネル(孔道)を掘り、
一生のほとんどをこのトンネルの中で生活しています。

雌は約2ヶ月に渡り1日2〜3個の卵を孔道に産むといわれます。

人から人への感染は、皮膚と皮膚の接触による場合がほとんどで、
医学書などでは性行為感染症に入れている場合もあり、
寝具や衣類等を介して伝染もあり、感染は雌成虫の移動により起こるものと思われ、
ヒゼンダニに汚染されている寝具や衣類等は、熱による消毒が良いです。

セダンダニの被害は、激しくかゆみを受けることで、
特に就寝時にかゆみがひどく不眠症となり、
かゆさのあまり皮膚をひっかいて、二次的な皮膚障害を生じることもあります。

ヒゼンダニの寄生虫を受ける部位は、主に指間、腋窩、陰部、
大腿部などですが、成人の場合、ヒゼンダニは首よりうえには寄生しません。

老人ホームでヒゼンダニの問題になりますが、それには特別の理由があります。

ヒゼンダニの寄生を受けても、普通の人は抵抗力を持っていて、
ダニは急激な増殖はできませんが、老人では抵抗力が低下していることと、
かゆさの感覚も弱く、、気づくのが遅くなるためです。

ペットにも、犬のヒゼンダニ、猫のヒゼンダニなどが寄生します。

犬や猫の疥癬(かいせん:皮膚のかゆくなる病気。ひぜん)ダニは、
人の皮膚で増殖することはありませんが、ペットを抱いたり、一緒に寝たりするなど
密接な接触があると一時的な被害に会うことがあり、
ペット・ブームでこのような事例が増えているようです。

ヒゼンダニの防除は、患者さんの接触を避け、身辺を清潔に保つことです。

ニキビダニ

ニキビダニはイモムシ状で細長く、非常に変った形態をしている微小なダニで、
人の皮膚、特に顔面の毛穴の中に生息しています。

人の顔面、特に鼻を中心として額、頬、まぶた等の毛穴の中にいて、
皮下腺から分泌、脂肪性の分泌物をエサとしていると考えられています。

成人からかなりの頻度で検出され、男性より女性に寄生率が高いと報告があります。

ニキビ、赤鼻、お化粧かぶれ等の場合ニキビダニが増加することがあり、
これは結果なのか、原因なのか明かではありません。

普通は日常の石けんによる洗顔で清潔を保てば十分で、
特にこのニキビダニを気にする必要はありません。

アレルギー症の引き金となるダニ

アレルギー症は、文明病の一つで、患者さんは増加の一途をたどっています。

アレルギーの引き金となるアレルゲンには、室内塵をはじめ動物の毛、
カビの胞子、花粉、ダニや昆虫の破片などの生物ばかりでなく、
洗剤などの化学物質は、ヒスタミンを遊離する食物、日光など数限りなく
いろいろのものがあり、人によってアレルゲンとなるものにも違いがあります。

アレルゲンとなる物質の糖たんぱく質が、主な元凶です。

室内の身近な場所にダニが数多く生息して、ダニ自身ばかりでなく、
ダニの破片や糞が強力なアレルゲンとなり、一部の人間、特に小児喘息、
鼻炎やアトピー性皮膚炎など、アレルギー性疾患の発症と深い関係があり、
就寝中にダニやダニの糞を吸い込み、鼻の粘膜や器官が刺激されると、発作が起こります。

全人口の3〜7%がアレルギー体質といわれ、小児アレルギー患者さんの約3分の2は、
ダニ、特に室内のダニと深い関係があるといわれています。


この改善法を実践して、もしもあなたの
アトピーに改善が見られなかった場合は、
購入代金を全額返金させていただきます。

  医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!
  医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!



ページのご案内
生体の体には、外から入る物質(異物)排除するシステム
食物たんぱく質がアレルギーの原因
生物には自分の体を守る仕組みがある
補体とは、血清中に存在する、免疫の働きに深く関わるたんぱく質
マクロファージは白血球を呼び集める
免疫は病原体の感染によって後天的に獲得感染の繰り返しによって抵抗力が高まる
抗体はIgG,IgM,IgE,IgA,IgD
B細胞から抗体が作られる過程と仕組み
T細胞も抗原を認識し結合する抗原レセプター
ヘルパーT細胞は抗体の産生を促進する物質を作り出します
リンパ球の産生に関わる器官骨髄で血液は作られる
B細胞も自己と反応しないようになっている
リンパ球は抗原を記憶する
アレルギーを引き起こす抗原=アレルゲン
細胞内の顆粒から化学伝達物質を放出する
細胞はサイトカインを使って情報を伝える
補体が活性化するプロセスのひとつ古典経路
気管や気管支の粘膜でアレルギーが起こる
アトピー性皮膚炎アレルギー+T細胞の活性化
食物アレルギーは
腸管には特有に備わった独自の免疫システム
アレルギーマーチ
ハウス・ダスト(室内塵)とは
熱中症のメカニズム