頑張らないから痩せる生活10ヵ条

投稿日: カテゴリー: 栄養成分を味わい悩み解決で美人を作る

頑張らないから痩せる生活10ヵ条

子供を産んだ後20kg痩せたママの成功メソッドとは

妊娠中は最大値68kgにまで、食べないダイエットによって便秘や肌荒れもメチャクチャになってしまいました。

「そう簡単には痩せない」といった人は、無意識のうちに習慣づいていらっしゃる「クセ」が原因かもしれないですね。

日常生活をちょっぴり見直すことによって痩せられた。

やめることが大切「太るクセ」とは?

ダイエット歴10年を上まわる人も、へそくりも労力も使わず痩せられる。

「太る原因」は例外なく、生活習慣になっている!改善したら忙しいママだろうとも間違いなく痩せられるのです。

「出産する以前はムリな食制限でリバウンドの繰り返し。最盛期は70kg目前だった」。妊娠を機会に、「健康的に痩せたい」という感情が深くなり、ダイエットに関してじっくりと見直す。

食事内容を書きだしたり、1日の生活を振り返ったら「太るクセ」だけだと気がついて。それをやめることによって、1年半費やして目標体重に成功!ムリなく、つづけられます。

そうすることで長い年月悩んでいた肌荒れや便秘もみな解消。体調も改善され、気持ちもポジティブになりましょう。

「出産しちゃったら”忙しい”と言い訳にすることが多いです。だけど本当のところ子供とくつろぐ規則正しい生活こそ、絶好の『痩せる生活』というわけです。」

スポンサードリンク



痩せる生活①「やせる目的」が中途半端じゃ続けることができない
目指すところを書くようにすれば本気になれますよ!
何となしに痩せたいだったら、何度やっても続きません。1年後にマイナス5kgといった数字だけじゃなく、夏になったらビキニを着るだったり、やりたい事も明記する。それを、視覚化すると、モチベーション維持にもなるはずです。

そのことは、加工アプリなどによって、痩せたあなた自身をイメージに。携帯アプリによって、今日の時点での自分を理想の体形に加工。
成功後のあなた自身を想像できて、やる気がみるみるうちにUPします。

痩せる生活②ダイエット=食べないは誤った認識
「油」「たんぱく質」をチカラ強い味方につけたら食べても痩せられます!
食事制限はリバウンドしやすいこともあって、量より「内容」を見直した方がいいでしょう。燃えやすい健康体作りは、たんぱく質を欠かすことができませんので、3食に忘れることなく肉や魚、卵を取り入れることが重要です。

敬遠ぎみの油も便秘解消や脂肪燃焼には効果大きいです。オリーブ油やごま油といった質の良い油をサラダにかけて食べることが良いでしょう。

痩せる生活③なんとなく食いは実際はかなりな量に
食べ物を書き出すと、食事バランスが整えられる結果に!
1日にどれだけの量を食べているかを把握を行なっているでしょうか?さっそく間食も含めて、食べたものは例外なく書き出し、食事内容を明らかにすることが重要です。

書くことにより食事に対する意識が高まって、間食を抑えてられます。
「食事メモ」を2週間書いて見るべきです。何時に何をどれだけ食べたのだろうか、書き出すことによって食べている量を客観視して、明日の食事を調整できるのです。

これだって「太るクセ」です!

●「ながら食べ」が多くある
TV番組やスマホを見つつ食べたら、食事に意識を集中できないです。食べている認識や満足度が薄いことから、いつの間にか食べ過ぎてしまうのです。

●噛む回数が少なくて、早食い
よく噛まなければ代謝より消化に体内の酵素がたくさん使用されます。代謝が滞れば、太りやすい体に。

●濃い味付けがお好み
塩分を多く取ると体がむくんで太って見えることになります。ご飯の食べ過ぎにだってつながるから、薄味を意識するべきです。

●大好きな物から食べる
揚げ物やご飯というものを真っ先に食べると血糖値が急上昇し、脂肪が蓄積しやすくなりかねません。そのような状態を避けるには、野菜を一番最初に食べるやり方。

痩せる生活④あなた自身の体形を見ていないため太る、体重を計っていませんはダメ
あなた自身の体形変化に即座に認識するクセを!
身体全体が映る鏡で体形を常日頃から観察する習慣をつけて、小さい変化を見過ごさないように。
太ったと思ったら、歩く時間を増やすなどによって修正すれば、回復が楽。なるべくなら1日2回、体重も定期的に測定を。

痩せる生活⑤間食のガマンのし過ぎはマイナス効果
間食をナッツ類や高級チョコレートに替えてむちゃ食いをガード!
食べるならば、健康や美容に良いとされるナッツ類。量は一握りていどがオススメ。チョコレートも高品質なものをチョイスすれば、少量でも満足できます。
おやつのガマンのし過ぎはむちゃ食いの元になりますから、上手く対応して。

痩せる生活⑥トイレにいかなければ老廃物が蓄積されぱなし
出すと痩せる、こまめな水分補給を!
余分な水分を溜め込まず、バッチリデトックスやっていけば痩せやすい体に。2時間に1回程度トイレに行くのが理想とする姿、1日に8回くらい。
トイレの回数が少ない時には水分補給を増やしたいものです。1日1.5~2ℓが目安です。常温が好ましい。

痩せる生活⑦できない言い訳ばっかしするようでは痩せられない
言い訳探しよりも、今できることを探すと痩せる最短ルート!
ダイエットに失敗する人は言い訳ばかりの。できないとギブアップするより前に、「どうやったらできるか」を配慮して。ポジティブに、今できるということを考えるというのがダイエット成功のカギとなるのです。

●言い訳例

・子供がいるもんで、ダイエットする時間やゆとりがない
子供と一緒にエクササイズしたり、遊びつつもできるエクササイズを見つけてください。子育てのストレス発散にもなっていくのです。
・お金を持ってないから、ジムに行けない
お金を払わなくても、おウチでスキマ時間にできちゃうエクササイズで充分なんです。

痩せる生活⑧運動は嫌い暇がないと開き直っているのはダメ
空いている時間の「ながらエクササイズ」で効果的に引き締め!
運動のための時間をさくことはハードルが高いこともあって、毎日の中にエクササイズを組み込んでしまうことでOK。
時間も効率的に使えることから、すっごく手軽、運動が不向きな人も、これだと続けられます。

●歯磨き脚上げでヒップアップ(脚を上げ下げ)
歯磨きするたびにエクササイズを習慣にしたら、筋トレ不要。腰に手を当て、ひざを曲げることなく脚を横に上げ下げしたなら、腰周りやお尻の引き締め効果大に。左右の脚を変わり番こに同じく行います。

●食器洗い中のグルグル舌回しで、エステ級の小顔&美肌効果も(舌を口の中でグルグル回すのみ)
舌回しは、フェイスラインやあご下の引き締めに。ほうれい線が薄くなってきたり美肌効果も見られます。上下の歯をなぞることもあって、左右20周ずつ行うのみ。

●テレビタイムの肉つまみで脂肪燃焼をアップ(揉むだけ)
気になる太もものお肉をつまめばセルライトがほぐれ血行を促進。テレビを見ながら美脚になれます。

●ドライヤータイムの腰回しでクビレボディに(円を描くように)
ドライヤーをかけながら、腰をグルグル回せばウエストのクビレ作りができることになります。姿勢を正しい形にして大きく円を描くように左右交互に回らせる。

●テレビタイムの脚伸ばしで、足首引き締め(伸ばす曲げる)
むくみが出やすいひざ下は、脚伸ばしでキュッと引き締めて、つま先まできちんと伸ばし、2呼吸おいたら足首を直角に曲げるだけ。20回繰り返します。

痩せる生活⑨動かないと脂肪は燃えない
動きやすい靴や洋服を準備して「歩く習慣」を!
外に出かける時は運動するのが楽な靴や服を選び、意識的にたっぷりと歩く習慣をつけて脂肪を燃やしてください。「子供と緑が多くある公園に通ったり、ウインドウショッピングするなど、楽しい場所ならば、かなりの時間歩けます。」

●階段を上るだけのことで美脚&美尻に
階段は太ももやお尻を引き締める絶好の機会!
背筋を伸ばし、かかとに重心を置いて太ももの裏やお尻を意識して上ると、下半身が引き締まります。
これってNGです。
下を向き、つま先重心だと姿勢も悪くなってしまいます。太ももやお尻の筋肉を使っていないから、ダイエット効果が減ってしまいます。

糖質オフのおかずでがっちり痩せます

肉や揚げ物もガマンしないでもOK。糖質を抑えた食事ならば、食べた時の充実感バッチリなのに無駄なく痩せられます。

太る原因は油やカロリーではない。糖質の摂り過ぎが原因でした。余分な油を取っても、体の脂肪にならず、排泄されます。

太る原因は、油やカロリーでなくて、炭水化物に含まれる糖質の摂り過ぎ。主食や果物などの糖質が体内でブドウ糖に変化し、消費できなかったブドウ糖が中性脂肪とし体に溜まっていくせいで太るワケです。

消費できなかった糖質がないと体は糖質に代わって体に蓄えだという脂肪を分解してエネルギーにすることから、痩せていくのです。

このようなメカニズムは、医学的見地から実証されていまして、いまでは糖質オフはダイエットの主流になっております。

糖質オフの食材とは

●糖質オフ食材
肉、魚、卵、もやし、青菜類、きのこ類、大豆製品
肉や魚、大豆製品などは100g中、糖質0~2gと低糖質で高たんぱく。たんぱく質は筋肉量を増やし、代謝をアップ。

●糖質高めの食材
主食全般、いも類、果物、とうもろこし、根菜類
主食は控え目にすることが糖質オフの基本。おかずにも根菜類(にんじん、じゃがいも、長芋、さつまいも、かぼちゃ、ごぼう、れんこん)などお控え。

思いもよらない落とし穴とは

調味料にだって糖質が高いものがあるんです。ダイエットに思いもよらない落とし穴が”調味料”。砂糖のみならず日本酒、みりん、みそも糖質が高め。

薄力粉や片栗粉の揚げ物やソテーの衣にも頭に叩き込んでおくとよいでしょう。チーズやバター、酒石酸を含みダイエット効果もある白ワインがオススメです。

加工食品は食品ラベルで糖質量を知ることができる

加工食品を買うときも糖質量を気にする習慣を、炭水化物から食物繊維を引いた量が糖質だから、計算をしてください。食物繊維の記載がないと、炭水化物=糖質の量を考えてOK。

炭水化物17.0g、食物繊維0.5gの加工食品でしたら、糖質量は16.5gです。

糖質オフ食材でおかずを作るだけでガッシリ食べてもガンガン痩せる

炭水化物はついつい食べ過ぎてしまいやすく。成人のダイエットの糖質摂取量は、1日60~80g(ご飯半ぜん程度)が目安になるのです。

糖質オフおかずでしっかりたんぱく質を摂るということが、筋肉量を増やし、基礎代謝が効果的な太りにくい体作りに結びつきます。

血糖値の上昇を緩やかにする食物繊維たっぷりの野菜、きのこ類、海藻類を副菜にし、食事の初めに食べましょう。

こういった糖質オフおかずで痩せる理由とは

①糖質オフの食材しか使わずにいる
肉や魚などメイン食材のみならず、併せて調理する食材も低糖質なものだけ。油は使用しているので食べ応えは保ちながらも、糖質を低く抑えてあるので、たっぷり食べても太りません。

②作り置きですので、手軽に糖質オフがつづく
毎日毎食、糖質の量を考慮して料理するのはなぜかしんどいです。低糖質のレシピでまとめて作り置きしておくことで、忙しい時も低糖質の食事ができることで、ダイエットがつづけやすいワケです。

③調味料にも気配りしたレシピ
小麦粉や日本酒など、糖質いっぱいの調味料の使用は最低限に。バターやチーズで味わいを深め、日本酒の代用に低糖質の白ワインを利用するなど、見えないところまで糖質オフを徹底的に。

●低糖質肉・鶏肉
部位に関係なしに低糖質ゼロ。ビタミンB1が多くて、糖代謝や脂質代謝をサポートするダイエットの強力な味方です。

●低糖質肉・豚肉
100g中0.1~0.2gの超低糖質。鶏肉と一緒でビタミンB1が豊富。脂身の多いバラ肉でも低糖質で心配ありません。

●低糖質魚・鮭
魚の中でNo.1の低糖質。白身魚も同じ糖質量だけれど、鮭のほうが比較的安価で料理の幅も広いことでピッタリです。

スポンサードリンク