glycolic

角層柔軟成分 グリコール酸

GLYCOLIC ACID
自然界では、サトウキビやブドウの実や葉などに含まれている有機酸です。

化粧品原料としては、
クロロ酢酸がアミノ酸のグリシンをもとに化学的処理して作られています。

白色の結晶または結晶性の粉末で、水に溶けやすい性質を持っています。

角層の柔軟効果や除去効果があり、
乾燥などでザラついた肌を滑らかに整える化粧品に配合されます。

近年ではケミカルピーリング剤として医療で使われる場合が多い原料です。

刺激性が強いので、高濃度に配合する場合には特別の注意が必要です。

肌の敏感な方には、ピリピリとした刺激を感じることもあります。

角層柔軟成分 サリチル酸

SALICYLIC ACID
生物に多く含まれている有機酸です。

原料としては、デンプンなどを基に発酵させたり化学的に反応させて合成されています。

配合量により肌への働きが大きく異なる成分で、
使用目的により配合量を調節する必要のある成分です。

配合量が少ない場合には、角層の柔軟材として保湿柔軟化粧品への応用に適しています。

多い場合には乾燥剥離剤として働くので、ピーリングや毛穴ケアに適しています。

日本人の肌には、AHA成分の作用が強すぎる傾向にあるので、
その目的には安全性を十分に考慮する必要のある原料です。

保湿成分の乳酸ナトリウムとは肌への作用が全く違います。

角層柔軟成分 パパイン

PAPAIN
パパイヤ科植物パパイヤの果実から抽出、
精製されたたんぱくし分解酵素で、白色~薄褐色の粉末です。

特異なにおいがあり、水に溶けて酵素活性を発揮します。

分解するたんぱく質のタイプは幅広いので、
角層細胞のたんぱく質を分解し、古い角層を除去する働きに優れています。

毛穴に溜まった角栓を除く目的の洗浄剤やパックなどに配合されています。

酵素なので製品は粉末状で、
使用するときに水やお湯に溶かして使うタイプの化粧品でなければなりません。

食品分野では、食肉にまぶして柔らかくするのに用いられています。

また、洗濯用の洗剤に、衣服の垢を効率よく落とすために配合されることもあります。

角層柔軟成分 プロテアーゼ

PROTEASE
枯草菌や放線菌の産生するたんぱく分解酵素を濾過して精製した原料です。

定量した時にプロテアーゼとして90.0%~110.0%を含んでいます。

古い角層のたんぱく質を分解し剥離しやすい状態にする効果があり、
ザラついた肌や毛穴の詰まりをすっきりとケアする目的で、
洗顔料や頭髪トリートメント製品に配合されます。

角層柔軟成分 硫酸Na

SODIUM SULFATE
温泉に含まれている肌をすべすべにする主成分のひとつです。

角層の柔軟効果がありますが、配合量を増やすと古い角層細胞を取り除く効果もあります。

洗顔料や入浴剤に配合されています。

角層柔軟成分 リンコ酸

MALIC ACID
自然界では果物のに多く含まれる有機酸で、
原料としてはフマル酸やブドウ糖などから合成して作られます。

白色の結晶または結晶性の粉末で水溶性です。

角層柔軟作用または有機酸塩類と処方して
pH調整の目的で柔軟化粧水などに配合されています。

乳化成分とは

水系にエモリエント効果のある油を、
あるいは油系に水を細かく安定に分散混合することができる成分です。

乳化成分は、混合する水系と油系の性質によって、
または分散滴の大きさ、製品に求められる外観、感触、後肌効果など考慮して、
単独または複数を組み合わせて処方されています。

クリームや乳液、白濁系のベースを作るのに必要です。

化学成分的には親水基と親油基の両方を持っている分子です。

通常では混ざり合わない水と油の界面の表面張力を
低下させることで容易に混ざり合うようにします。

そのため、これらの成分を界面活性剤とも呼びます。

このような界面活性剤は油汚れを水で洗い流す作用もありますので、
洗浄成分としても使用されています。

幅広い作用特性を持っている物質なので、その中で安全性に優れているものが使用されています。

本来持っている界面活性という性質上、乳化成分は時としても使われますが、
使用量も含めてその他の成分との組み合わせにより働きが違ってきます。

そのため成分が製品に入っているからといって、
安全性や使用目的を簡単に判断することはできない成分です。

現在の化粧品開発においては、安全性と有効性を十分に考慮して開発しています。

スポンサードリンク




美容知識ページのご案内
乳化成分 PEG-ジメチコン類
乳化成分 水添レシチン
乳化成分 パルス類
乳化成分 アシルグルタミン酸塩類
洗浄成分 スルホコハク酸(C12-14)s-パレス-9-2Na
安定化成分 PEG-9 ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
安定化成分 カルボマー
安定化成分 合成スチーブンサイト
安定化成分 ステアリルアルコール
安定化成分 ペクチン
安定化成分 ミリステルアルコール
防腐・殺菌成分 安息香酸類
防腐・殺菌成分 チョウジエキス
着色成分とは
着色成分 カーボンブラック
着色成分 合成金雲母
着色成分(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン) クロスポリマー
着色成分 窒化ホウ素
溶媒成分とは
その他の基剤成分とは
基剤成分 アンズ核粒
基剤成分 コメデンプン
基剤成分 ナイロン類
その他の添加成分
その他の添加成分 水酸化K(水酸化カリウム)