発毛のメカ二ズム

脱毛症の場合

寿命とは全く関係なく抜け毛が、発生するため同時に、新しい毛が生えてくることにはなりません。

そのため毛周期と関係なく、髪の毛がなくなってしまうと、人体の保護機能が、自動的に作動し頭皮の下の毛母細胞が、猛烈なスピードで、皮下に新生毛を、作るようになります。

新生毛は、頭皮が固かったり、頭皮が荒れていたり、酸化皮脂が、積もっていたりすると外に出られないまま死滅します。

しかし、産毛が全くない頭皮でも、頭皮の改善により、髪は必ず蘇生します。

保護機能の稼動が、不要となれば、頭皮は自然に柔らかくなって、新毛が顔を出しやがて成長毛へと育っていきます。

頭皮を新毛が、出やすい状態に整えてあげれば、薄毛は必然的に解消されるはずです。

人が生きている限り、毛母細胞がなくなる心配はありません。

健康な身体は、適当な量の「皮脂」に覆われることを必要としています。

皮脂は大事に維持することが必要です。

シャンプーのすすぎは大切

checkシャンプーは少な目が基本です。
checkすすぎのお湯は、ぬるめのお湯ですること。
check人間の頭皮は、胴部より皮膚温が低く出来ています。
checkシャンプー剤は、直ぐに洗い流してください。
checkしっかり洗うのは頭皮です。
check髪の毛は、その泡で洗う気持ちで十分です。
check毛根が元気ならばしっかりした毛髪が育ちます。

頭皮が、良く動く人は、末端なで血液が、流れていますので環境がいいです。

朝晩やさしく頭皮を、温まるくらい時間をかけてマッサージをすること。

鏡を見ながら、自分ヨシヨシの気持ちで、楽しくやることです。

シャンプーは、すすぎを十分にして、頭皮に残さないことです。

乾燥ですが、ドライヤーで地肌を乾かし、毛先には潤いを残すように80~90%乾燥させ後は自然乾燥です。

濡れている髪の毛は、傷みやすいので気をつけてください。

頭皮の柔らかさは大切

末端まで血が、流れ育毛環境がよくなります。

抜け毛など気にしないで、ルナレストルセリピッド=頭皮料とルナレストル育毛シャンプーで、積極的に洗って保護することで、改善は早くなります。

注意して欲しいのは、育毛に使う商品と毛質を守る商品は違うということです。

リンスやトリートメントは、育毛とは関係ないどころか、逆に頭皮を、弱らせたり薄毛を進行させます。

頭皮マッサージで毛細血管の血流をよくする

頭部には、顔の前面から頭頂部に向かう滑車上動脈、静脈と眼窩上動脈、静脈、後頭部から頭頂部に向かって大後頭動脈、静脈などの、太い血管が存在し、そこから先には無数の毛細血管が走っています。

毛細血管が育毛のカギを握る

頭皮が突っ張っていて、動かないようであれば、毛細血管からの栄養が、毛母細胞に十分に供給されていない恐れがあります。

毛細血管の脂肪層の厚さに、関係があります。

年齢と共に皮膚の下にある真皮層

厚くなったり、その下にある脂肪層を、圧迫するようになります。

そうなると、毛細血管の血流が悪くなり、育毛に必要な栄養が毛母細胞に届かなくなり髪へのトラブルの原因になります。

毛細血管を刺激し、育毛に効果を発揮する頭皮マッサージは大切です。

あまり力を入れないで、指の腹を使い、5分でも、薄毛が心配なら、毎日実行することです。

適度な運動の維持も育毛にプラス

軽い運動は、血行が促がされ、身体のすみずみまで、血液が行き渡ります。運動の習慣は、血液がサラサラになって、栄養の補給がスムーズに行なわれます。

運動不足は、心肺機能の低下を招きます。

貧血とは、脳に十分な血液が供給されないと、頭皮の毛母細胞に、十分な血液が巡っていないことと同じです。

カラーで薄毛が進行

家系的に薄毛になる因子があれば、ブリーチやカラーで薄毛が発症、急速に進行する危険があります。

繰り返しカラーすると進行が早くなります。

家系的な因子のない人でも、カラーやパーマで薄毛になるケースが増えています。

薄毛にならないため

セリピッドで、頭皮回復手当をして頭皮を保護してから、カラーやパーマをかけるようにしてください。

頭皮の防御力が大きく、パーマやカラーによるダメージを防ぎます。

アレルギー体質の人は、毛穴周囲の炎症、毛穴の閉塞などパーマに関して、頭皮が拒絶反応が起こることがあります。

毛穴の周囲に炎症が起こり、毛穴の内部、血管にまでダメージの影響が出ます。

毛穴の内部にカラー液が浸透、残留している可能性が高いとき、頭皮や毛穴の保護手当をしばらく続けてください。

冷えとお血=古血は血行促進がポイント

衣食住で身体を、温かくする工夫をして、肩こり、腰のこりを、ほぐすストレッチ運動を取り入れてください。

シャンプー時には、やや熱めのお湯を使用することです。

頭皮マッサージ

checkマッサージによる刺激で、血行を良くしましょう。

check日常生活では、血行を良くする工夫をしてください。

お血=古血とは

漢方=中医学で、血液がサラサラ流れてない状態です。

頭皮の表面ばかりを見て、頭皮は白いと判断してはいけません。

血が少ないため、頭皮の色は白く、古血が溜まっています。

薄毛や抜け毛になっている女性が、多いので薄毛や抜け毛の手当を間違えないでください。

血の不足は髪の原料不足

髪の毛の原料は血です。

血が不足すると、原料が足りなくなるので、髪の毛も作られなくなってしまいます。

気の滞りは円形脱毛症の原因

気がふさぐ、気がめいる、気が晴れる、気を張る、気を使う、気を配る。

気とは、目に見えません。動きを持っているものと漢方=中医学では考えます。

血とは、血液のこと。

水は、身体中の水分で汗、尿、鼻汁、唾液、細胞液、リンパ液、体液乳汁=おっぱい。

漢方=中医学では、血と水は目に見えますが、それ自体には動きは無いく、気の動きにつられて、動くものと考えます。

気の動きが、順調なら血や水の動きもスムーズ、気の動きが鈍ると、血や水の動きもつられて鈍り、良い状態が維持できず、病気になると考え、気血水に、注目した考え方が、気血水学説です。

薄毛に悩む女性に多い、気血が虚タイプ

ストレスや不安で、気うつや気虚の状態となり、交感神経と副交感神経の切り替えが上手にいかなくなり、血の循環や血管の収縮などに、影響がでてきます。

低血圧や血虚などで、血に勢いがないため、頭や上半身に影響がでてくるため末端の頭皮の毛を、育てる組織の栄養不足、酸欠が起こっています。

女性の薄毛には多く、冷えとか生理不順が、加わって症状を複雑に悪化させています。

アトピー体質にも血虚タイプの薄毛には多く現れています。

気・血が頭に上り滞りやすい

ストレスでイライラしたり、感情を抑えると、気や血が頭に滞りやすくなっています。

頭皮の毛細血管に、古い血が溜まりやすくなって、酸素を運ぶ機能が低下したり血管が収縮しています。

肩こり、首のこり、自覚はないが頭皮にも、こりがあります。

血中の脂肪分の影響で、血液が流れにくくなっています。

このため育毛環境も悪化している状態で、頭皮マッサージや、育毛剤の効果だけではなく脂肪を抑制して血をサラサラにする、体の中からの手当てが必要です。

食品と毛髪

体を作るための食物摂取は、すべてバランスの良いことが大切です。

たんぱく質やアミノ酸ばかりを、摂っていれば良いわけではありません。

摂取したたんぱく質は、アミノ酸に分解され、人体を構成するたんぱく質に作り変えられますがそのときにエネルギーとビタミン、無機質が必要です。

エネルギー源として、働くのが炭水化物(糖質)と脂肪(脂質)でおろそかにしてはいけない栄養素です。

毛の色を作っているメラニンは、アミの酸のチロシンが酸化されたものです。

白髪を防ぐには、チロシンを含む良質なたんぱく質(アミノ酸)が必要です。

毛髪中に繰り込むために、他の栄養素もやはり必要で、毛髪によい食事とはエネルギーとたんぱく質。

動物性のたんぱく質は、脂肪を摂り過ぎない、白身の魚や皮なしの、鳥のむね肉牛や豚なら、ひれ肉がよく、大豆製品は納豆・豆腐。

味噌は塩分が多く適量に。

毛髪には、海藻類がよいと言いますが、海藻類もビタミンやミネラルの補給源として食べるのは、結構なことで、毛髪に必要な、アミノ酸は含みません。

白髪になったら、黒ゴマや黒豆を食べると髪が、黒くなることはありません。

チロシンは、大豆と魚類に多く含まれています。

スポンサードリンク




ヘアサイクルに変化が起こると薄毛、ハゲ、脱毛症へ移行←前に戻る
薄毛は遺伝の要素はありますが絶対ではありません→次のページ