hifuen

アトピー性皮膚炎は型アレルギー+T細胞の活性化

IgE抗体+マスト細胞の働きと、T細胞の働きが関係

花粉症とともに増加しているアレルギーに、アトピー性皮膚炎があります。

アトピー性皮膚炎には、激しいかゆみのある湿疹、
症状が軽くなったり重くなったりを繰り返す、
左右対称の特徴的な箇所(顔、頚部、耳介(じかい)周囲、関節など)に
発症するといった特徴があり、多くはアトピー素因を持つ人に発症します。

しかし、アトピー素因を持たない人が発症するケースもまれではありません。

アトピー性皮膚炎は、皮膚の角質層から侵入したアレルゲンが原因となるアレルギーです。

実際には、IgE抗体とマスト細胞の働きに加えて、
T細胞の働きが関係している場合が多いです。

アトピー性皮膚炎の人の肌は、
表面の角質層が損なわれているために、カサカサと乾燥しています。

皮膚の角質層には異物の侵入を防ぐバリアーの働きがあり、
この機能が低下していると、アレルゲンが組織内に侵入しやすくなります。

このような状態の角質層を通り抜けてアレルゲンが侵入し、
IgE抗体を介してマスト細胞と結合した結果、
ヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されて炎症が起こります。

これがアトピー性皮膚炎です。

また、気管支喘息と同様に、マスト細胞が産生した
サイトカインによって呼び寄せられた白血球の働きも炎症の原因です。

もうひとつ、ブドウ球菌(自然界や人体に広く分布する細菌)が出す
「スーパー抗原」という毒素によってT細胞が活性化することでも、
アトピー性皮膚炎の症状が現われます。

アトピー性皮膚炎はアトピー素因でない人でも発症するのは、

スーパー抗原の存在が関係しています。

アトピー性皮膚炎の仕組み

アトピー性皮膚炎が起こるまでの流れ

バリアー機能が低下した皮膚を通ってアレルゲンが侵入する。

角質層に潤いがない乾燥肌の表面に、ダニやハウスダスト、花粉、食物の
食べカスといったアレルゲンが付着すると、
これらは角質層を通ってその下の真皮の部分に容易に入り込みます。

特定のアレルゲンに対する免疫ができている人の場合、
そこにはIgE抗体が結合したマスト細胞が待ち構えていて、
侵入してきたアレルゲンはIgE抗体によって捕らえられます。

活性化したマスト細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出され、
炎症反応が起こります。

また、マスト細胞から産生されたサイトカインの働きによって
好中球や好酸球といった白血球が局所に呼び寄せられ、
これらの白血球からはヒスタミン以上に強力な作用を持つ物質が放出されます。

このようにしてアトピー性皮膚炎の特徴は激しいかゆみが引き起こされます。

同時に周囲の細胞が傷つけられ、
また、かゆい部分を爪でガリガリと引っ掻くことで、角質層の細胞が一層損なわれます。

皮膚のバリアー機能が損なわれていると、アレルゲンのほかに
ブドウ球菌の毒素「スーパー抗原」も組織内に侵入しやすくなります。

スーパー抗原は、特別な仕組みで、T細胞を活性化する能力を持っています。

スーパー抗原によってT細胞が活性化すると、サイトカインを産生して、
好中球や好酸球を局所に呼び寄せられ、これら白血球の働きによって
激しい炎症が起こるのが、T細胞の働きによるアトピー性皮膚炎です。

スーパー抗原の作用

T細胞の勝手に活性化する毒素

体にとって異物である物質が排除される際には、抗原提示細胞に取り込まれ、
T細胞やB細胞に抗原が提示されるという過程を経ます。

通常、抗原提示細胞は細胞内に取り込んだ抗原をペプチドに分解し、
それをMHCクラス分子という器に盛った状態でCD4T細胞に提示する
(MHCとはMajor HistoCompatibility :主要組織適合抗原の略、
リンパ球が自己と非自己とを識別するのに重要な役割を担っている。)。

CD4T細胞は細胞表面の抗原レセプターを介し、
抗原提示細胞のMHCクラス分子に盛られたペプチドと結合することで、活性化します。

体内に侵入したスーパー抗原は、この過程を抜きでT細胞を活性化します。

スーパー抗原は、MHCクラス分子と、
CD4T細胞の抗原レセプターを橋渡しするように結合します。

MHCクラス分子に提示されたペプチドとT細胞の抗原レセプターが
正しく結合するかどうかといったことはおかまいなしに、
抗原提示細胞とCD4T細胞を結合させて、
CD4T細胞を活性化します。
(スーパー抗原が結合できるかどうかは抗原レセプターの鎖の構造によって決まる)

そして、本来なら活性化するはずのないCD4T細胞までもが活性化した結果、
多量のサイトカインが産生されて、炎症反応が起こります。


あなたはその薬を一生使い続けますか?
薬を使わずに簡単に日常生活に取り入れられるアトピー克服法
重症のアトピーで、7年間一度もステロイドを手放せなかった私が、
簡単に日常生活に取り入れられる方法で、たったの3ヶ月間で、
アトピーを完全に克服した方法を、あなたにお伝えします。

  アトピー地獄からの脱出!
  アトピー地獄からの脱出!



ページのご案内
生体の体には、外から入る物質(異物)排除するシステム
食物たんぱく質がアレルギーの原因
生物には自分の体を守る仕組みがある
補体とは、血清中に存在する、免疫の働きに深く関わるたんぱく質
マクロファージは白血球を呼び集める
免疫は病原体の感染によって後天的に獲得感染の繰り返しによって抵抗力が高まる
抗体はIgG,IgM,IgE,IgA,IgD
B細胞から抗体が作られる過程と仕組み
T細胞も抗原を認識し結合する抗原レセプター
ヘルパーT細胞は抗体の産生を促進する物質を作り出します
リンパ球の産生に関わる器官骨髄で血液は作られる
B細胞も自己と反応しないようになっている
リンパ球は抗原を記憶する
アレルギーを引き起こす抗原=アレルゲン
細胞内の顆粒から化学伝達物質を放出する
細胞はサイトカインを使って情報を伝える
補体が活性化するプロセスのひとつ古典経路
気管や気管支の粘膜でアレルギーが起こる
食物アレルギーは
腸管には特有に備わった独自の免疫システム
アレルギーマーチ
ダニが増加
ハウス・ダスト(室内塵)とは
[[熱中症のメカニズム>netutyuusyou]