komedenpun

基剤成分 コメデンプン

ORYZA SATIVA (RICE) STARCH
イネ科植物イネの種子(コメ)殻得られたデンプンで、白色の粉末または塊状です。

粒子の形は多面形で平均の大きさは4ミクロンです。

感触の改良や肌への伸びを改良する目的で、
フェイスパウダーやコンパクトパウダー、パウダー剤型の洗顔料などに使われています。

基剤成分 コメヌカ

ORYZA SATIVA (RICE) BRAN
イネ科植物の種子を精米するときに得られる
果皮、種皮、胚や澱紛層の細かな粒子状の混合物です。

コメヌカの構成成分は、セルロースが主体で、澱紛、タンパク質を含む繊維状、
または多孔質の微粉末なので、水に混ぜるとペースト状になりパック剤となります。

そのままパック剤として、
あるいは他の増粘成分と混合して感触などを調整して使用されます。

コメヌカを袋に入れて、肌を擦り保護する伝統的な美容方法を、
現代に活かす美容素材として訴求される温故知新型の原料といえます。

基剤成分 システイン

CYSTEINE
イオウを含み、強い還元力を持つアミノ酸で、光沢のある白色板状の結晶です。

皮膚の角層、爪、髪のタンパク質ケラチンに多く含まれているアミノ酸です。

また、重要な還元性生体成分のグルタチオンの構成成分でもあります。

システインパーマ液の主成分として使われています。

基剤成分 シルク

シルク末

SILK POWDER
カイコガの繭(まゆ)から得られる絹繊維を粉末化した原料です。

主成分はフィブロインという繊維状のタンパク質です。

肌当りの滑らかな粉末で、主としてパウダーファンデーションや粉白粉などの
パウダー剤型の化粧品に配合されています。

また、感触改良の目的のためにクリームや美容液に配合することもあります。

基剤成分 水添ロジン酸ペンタエリスリチル

PENTAERYTHRITYL HYDROGENATED ROSINATE
水添ロジン酸とペンタエリスリトールとのエステルで油溶性の成分です。

粘着性があり化粧膜を強化する働きがあり、
ファンデーションやマスカラ、口紅などのメイクアップ製品に配合されています。

基剤成分 (トシルアミド/エポキシ)樹脂

TOSYLAMIDE/EPOXY RESIN
トルエンスルホンアミドピスフェトルのジグリシジルエーテルとの
縮合により得られるエンスルホンアミドエポキシ樹脂です。

密着性の高い強度のある被膜形成能があるので、ネイルエナメルに配合されています。

基剤成分 (トシルアミド/ホルムアルデヒド)樹脂

TOSYLAMIDE/FORMALDEHYDE RESIN
トルエンスルホンアミドとホルムアルデヒドから得られる重合体です。

被膜形成能があるので、ネイルエナメルに使用されています。

基剤成分 トリエトキシカプリリルシラン

TRIETHOXYCAPRYLSILANE
分枝した構造を持つシリコーンエーテルです。

耐水性および耐油性のある紛体を作る表面処理として使われています。

汗や皮脂に強いメイクアップ製品に、日焼け止め製品などに幅広く使用されています。

基剤成分 トリメチルシロキシケイ酸

TRIMETHYLSILOXYSILICATE
水ガラス(ケイ酸)のナトリウムをトリメチルシリル基に置き換えして得られた成分です。

原料としては様々な溶媒に溶かした状態で供給されています。

滑らかで耐水性のある被膜を作るので、そのまま化粧膜などの
被膜形成目的で使用されるほか、紛体の表面処理に使われます。

基剤成分 トルマリン

TOURMALINE
天然に産するトルマリン鉱石を
精製、焼結して作られた主としてケイ酸アルミニウムから構成されている紛体です。

少量のカルシウム、鉄を含んでいて、
この結晶には圧力を加えると電荷を生じるので「電気石」と呼ばれています。

ファンデーションやパウダー類に、ほかの紛体と一緒に配合して、
感触の改良や化粧膜の質感を改良するために配合されています。

その他、スキンケア商品に配合することで、
仕上がりの肌感触を改良するためにも配合されています。

本来は宝飾用、工業用への用途が主体でしたが、結晶が荷電を
帯びることから、ストーンセラピーとして健康グッズへの応用が増えてきています。

今後の応用研究が期待できる素材だといえます。

スポンサードリンク




美容知識ページのご案内
角層柔軟成分 グリコール酸
乳化成分 PEG-ジメチコン類
乳化成分 水添レシチン
乳化成分 パルス類
乳化成分 アシルグルタミン酸塩類
洗浄成分 スルホコハク酸(C12-14)s-パレス-9-2Na
安定化成分 PEG-9 ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
安定化成分 カルボマー
安定化成分 合成スチーブンサイト
安定化成分 ステアリルアルコール
安定化成分 ペクチン
安定化成分 ミリステルアルコール
防腐・殺菌成分 安息香酸類
防腐・殺菌成分 チョウジエキス
着色成分とは
着色成分 カーボンブラック
着色成分 合成金雲母
着色成分(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン) クロスポリマー
着色成分 窒化ホウ素
溶媒成分とは
その他の基剤成分とは
基剤成分 アンズ核粒
基剤成分 ナイロン類
その他の添加成分
その他の添加成分 水酸化K(水酸化カリウム)