マトリックスローション

整髪料=マトリックスローション

艶が現れる、若白髪が消せる

フロ上がり、髪がぬれているときに使うと、乾いたらつやが出てきます。毛をぬれているとき、臭いときがあるのは、整髪料の残留物。

整髪料=マトリックスローションを吹き付け髪がくしで伸びるのは、髪のアミノ酸が取られている髪の老化。

髪が弱っていることは、頭皮が弱っています。

頭皮が、健康にならないと、毛は立ちません。

脂は水をはねるため水が必要です。

アミノ酸は、脂と水を引きつける役目です。

カラーの発色

髪の色で、部分的な変化(後頭、側頭、つむじ、生え際)は、黒色が灰や赤茶と変化がみられ、お顔の手当てと髪の手当ても同じです。

パーマや毛染めで、ごまかさないでください。

ストレートパーマは、薄毛をつくります。

誰でもできるため、強い成分のため恐いのです。

整髪料=マトリックスローションで、色が違うのはアミノ酸のせいで髪のアミノ酸が染まるので、カラーの色がきれいになります。

アミノ酸が、水を保護して水の膜ができ、足りないものを補うものが整髪料=マトリックスローションです。

カラーやパーマを安全に行うためにも手当てをしましょう。

頭皮をいためない頭皮回復

市販の整髪料を、使っていると薄毛が進行したり、育毛をしても効果が出ません。

市販の整髪料やスタイリング剤は中止してください。

感触を優先させて、髪や頭皮に付着することで、細毛・薄毛の原因になっています。

頭髪のトラブル

シャンプーやリンス、トリートメント、整髪料などが大きな原因です。

やせた土地から粗末な、植物しか育たないように、異常のある頭皮からは異常毛しか生えません。

ハゲの遺伝因子を持っている人は、他の人より毛の細胞が、シャンプーなどのヘアケア製品で、攻撃を受けやすく、

長い期間使い続けていると、弱ってくるので将来が心配なら頭皮の安全なルナレストル育毛(頭皮用)シャンプーを使いましょう。

一旦、薄くなると急激に進行し、回復させるには、長い労力とお金と根気が必要になります。

薄毛、ハゲの遺伝因子を持っていると確率が高く、中学生ぐらいから予防が必要です。

市販のシャンプーは、ヘア用シャンプーです。

高級品でも、毎日洗うと頭皮ダメージを与え、毛が細くなり、休止期毛が多くなり薄毛が進みます。

どんな高級シャンプーでも、頭皮や毛穴に残りやすく、毛を製造する細胞は大きなダメージを受けます。

シャンプーの基剤の界面活性剤は、毛穴や細胞に浸透する力が強く、毛の細胞を簡単に破壊する成分です。

頭皮にトラブルのある人が、増えているのはシャンプー選びに、間違いと使い方に問題があります。

髪を保護する成分が、配合されている高級シャンプーほど、毛根を傷めています。

薄毛、ハゲは遺伝や食べ物などいろいろ考えられることは事実です。

頭皮や毛を製造している細胞を攻撃しています。

洗えば洗うほど、攻撃を受け毛が細くなります。

市販されているほとんどのシャンプーは、髪のコンディションを整えるヘアー用シャンプーで、薄毛や脱毛症の人は、頭皮や毛穴、育毛を考えたシャンプーが必要です。

成分や品質を追求しても、断片的な知識は、本質を見誤ることが多いので、シャンプーの品質や成分を追求するより、使い方、毛を育てるシャンプー法を実践してください。

育毛効果のある整髪料=マトリックスローション

check頭皮に付着しても薄毛を進行させません。
check毛の栄養となるアミノ酸からつくられた整髪料。
check>アミノ酸でも頭皮の中に入ると刺激をするものもあります。
check>育毛を阻害する界面活性剤やアルコール、コーティング剤をカット。
check毛の損傷を深いところから補修します。
check男性型脱毛症、女性の薄毛を進行させないためにも、早く改善するために。
check整髪料=マトリックスローションは、持続性があり、
  シャンプーしても2週間は残り使うほど髪が良くなります。
check即効性はありませんが、続けると髪質が違ってきます。

スポンサードリンク




整髪料とは,育毛効果のあるマトリックスローション←前に戻る
毎日のヘアケアを行う→次のページ