中年女性へ栄養成分を味わって悩み解決で美人度アップ

投稿日: カテゴリー: 栄養成分を味わい悩み解決で美人を作る

中年女性へ栄養成分を味わって悩み解決で美人を作りましょう

中年女性に多い4つの悩み別効果が高い食材によるグルメレシピ

肌が不調である

肌荒れ、にきび、乾燥肌といった肌トラブルが現れたときに、スキンケアも必要不可欠ですが、いい方向に向かわせたい食生活。

肌を健やかにしておくことを踏まえて、バランスがしっかりした食事に気を配りいただきたいと思います。

「美人食材」、肌荒れを心配している、便秘が続いている、このところの太ってきたであったり、幾つになったとしても女性の悩みは数えきれないほどある。

体の組織を構成したり、体調の変化を整えたりするのは食べ物です。

スキンケアやサプリに助けてもらうばかりじゃなくて、食べ物で体の内側からケアすることが大事になります。

体に必要不可欠な栄養素を頭に入れて、ズバリそれが含まれる食材を摂り入れて、体の内側から美しさを目指した方がいいでしょう。

スポンサードリンク


美人食材・トマトで上手に美しくなる

1.トマトの赤い色素成分リコピンで美肌に
トマトに含まれる栄養素リコピンには、老化を防止する抗酸化作用、紫外線から肌を守り、シミやシワを防止する効果を発揮してくれます。完熟した真っ赤なトマトを食べることによって、若くきれいな肌をどこまでも保持する。

2.加熱+オイルを利用する事でリコピン吸収率約4倍に
リコピンは、熱に強く油に溶ける性質を持ってます。そういう理由から、油を用いる加熱調理すると、体内吸収率はより一層高まって、油の中においてもオリーブオイルを用いるときの吸収率が格段に高いといわれます。

3.生で摂りづらいならばトマトジュースだとしてもOK
1日に必要とされるリコピン摂取量(15mg)は、新鮮なトマト約3個分、トマトジュースならば1缶(160ml)で摂ることが可能で、手間が掛からないうえ加熱処理済みだからリコピン吸収率も高くなり、トマトケチャップなら大さじ4くらいでもオーケーです。

美人食材・油で体内クレンジング

●亜麻仁油
セラミドの材料になって美しい肌が手に入れられる。アマ科のアマから抽出した油。オメガ3系の脂肪酸(W-3)にひとつ。α-リノレン酸が含有されています。オメガ3系は生きることに必要な必須脂肪酸。肌を外気の攻撃から守るセラミドを作る材料として。また、コレステロールを下げ代謝を活発化させる作用もあります。加熱すると酸化していきますから、手を加えないで使用する。

●えごま油
脂肪燃焼の着火剤の一つとしてダイエットに効果的!しそ科のエゴマから抽出した油。亜麻仁油と同じくらいにα-リノレン酸が約60%含まれていることが特徴。α-リノレン酸は、脂肪分解酵素を活性化させる効果を及ぼしてくれます。中性脂肪や皮下脂肪は燃焼され、脂肪の付きにくい痩せ体質に。熱すれば酸化することから、生のままでドレッシングにする。

●ごま油
血行を促進する効果効能で、冷えや乾燥を改善。主成分リノール酸は、体内で作ることの不可能な必須脂肪酸。血中コレステロールや中性脂肪を調整するにしたがって血液をサラサラに。血液がクリーンになると活性酸素や老廃物のデトックスもスピーディに。この他にはビタミンEとの相乗効果があって冷えや乾燥を整えます。熱しても酸化しづらく、加熱調理にちょうどいい。

●ココナッツオイル
体の中を効果的にデトックス。豊富に含まれる中鎖脂肪酸は、一般的な肉少しでも早く消化・吸収が行われ、エネルギーが生じやすく太りにくく変化する。中鎖脂肪酸の一種、ラウリン酸は母乳にでも含まれる成分、腸内環境をキレイにし便秘改善にも何かと便利です。熱に強く天ぷらや揚げ物として。

●オリーブ油
肌のトラブルを解消してアンチエイジング!主成分のオレイン酸は脂肪酸のひとつで、それらの中でも酸化しづらいことが特徴。体内や肌の老化を防止し、いつまでもフレッシュさをキープするのに効果抜群。オリーブ油の種類は数多くあって、とりわけ果実を絞ってろ過したというだけの、一番絞り油エクストラバージン・オリーブ油がおすすめの。

美人食材・甘酒の栄養吸収スピードが優れもの

点滴と肩を並べるくらいの成分「飲む点滴」。甘酒の栄養価はとても高くて、スピーディーに吸収されることが特徴。肉や魚に含まれるたんぱく質は、体の中でアミノ酸に分解されて吸収されることで、吸収に至るまでに時間がかかるでしょう。

甘酒ならアミノ酸を多く含むことから、スピーディーに済み、このことが「飲む点液」と評される理由として。アミノ酸、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸、ブドウ糖。メラニン生成を抑えて美白肌、原料の麹においてはシミやシワの原因、メラニンの生成を食い止める効果が認められるので、美白肌にも良い結果が期待できます。

朝に最適、美容スレージー

ビタミン、ミネラルが豊富1日の代謝を手助けする。果物は、ビタミン、ミネラル、食物繊維や酵素であるとか、美容に必要不可欠な成分の宝箱です。

食後の果物は代謝されづらく、中性脂肪に変化しやすいこともあって、空腹時あるいは食事前に食べたほうがいいでしょう。ですが、果物を食べるだけに限らずペースト状のスムージーだったなら、消化・吸収は早まり胃腸にかかる負担も減少し、排泄機能も活性化で便秘解消に。

基本の材料

豆乳(120ml)、ヨーグルト(大さじ2)、はちみつ(5g)、氷(小2個)をミックスさせた基本スムージーを用意する。

豆乳は、大豆サポニンや大豆レシチンが含まれ、コレステロールを下げる。大豆イソフラボンには、女性ホルモンの働きに似て、美肌効果が期待できます。

ヨーグルトの乳酸菌が腸を綺麗に、肌のコンディションも改善されます。その他の栄養素と一緒に摂ることによって、効果はより以上にパワーアップする。

はちみつは、砂糖と比べて栄養素豊富にあり、甘さやコクも強くおいしさを2倍アップ。免疫力を高め、ますます健康的。摂取し過ぎに注意した方がいいでしょう。

酵素とビタミンで代謝2倍アップ

パインスムージー一人分128kcal。楽に食べれる大きさにカッティングしたら、基本の材料と一緒にミキサーにかけて。

パイナップル(70g)にはブロメラインという酵素が含まれ、たんぱく質の分解をサポートする。酸味成分クエン酸やビタミンB1で代謝を2倍増。ビタミンCは美肌にも効果を発揮します。

腸内環境を改善

アップルスムージー一人分149kcal。りんご(1/2個)のペクチンといった食物繊維が腸の中をキレイにして便秘を解消。

皮に含まれるプロシアニジンといった強い抗酸化作用を有するポリフェノールが若返り効能効果にいい働きをする。

老化知らずであこがれの色白美人に

キウイスムージー一人分130kcal。キウイフルーツ(1個)のビタミンCやビタミンEは、紫外線などという外的ストレスで浴びたシミやシワといった肌トラブルを予防・復元する。

ビタミンCはメラニン抑制に作用し、美白作用に優れているスムージー。

ダイエット効果テキメン

ミックスベリースムージー一人分138kcal。ミックスベリー(100g)は、美肌をしっかり作るビタミンB群やビタミンC、ポリフェノール類が豊富。

ラズベリーは、カプサイシンと一緒の作用が備わっているラズベリーケトンを含み、ダイエットに効果がある。

血液サラサラで体の内側から元気に

オレンジスムージー一人分120kcal。オレンジ(1/2個)には、ポリフェノール、ヘスペリジンが含まれている。血管を丈夫にし、抗酸化作用を有することもあって、血流が以前より良くなる。

美肌や冷え性改善の効果が見られる。

にんじんを加えて美容効果を2倍アップ

にんじん(30g)には、ビタミン、ミネラル、食物繊維、βカロテンが豊富に含まれ栄養100点満点。

これまでのスムージーににんじんを加えると、免疫力を高める働きで、疲れたときにオススメいたします。

ビタミンと鉄分で女性の不調(生理痛、貧血など)を乗り切る

グリーンスムージー一人分141kcal。ほうれん草(150g束)のビタミン含有量は緑黄色野菜の中においてもトップに。

バナナ(1/2本)はエネルギーを得やすく糖質が豊富。バナナを入れると青臭さも弱まる。ほうれん草は栄養豊富で毎日取り入れたい食材なのですが、ご注意下さい。シュウ酸が含まれています。

シュウ酸は過剰に摂取すると骨粗鬆症などを発症する危険度が高いですが、水溶性で茹でると減少します。

ただし、茹でるとほうれん草のビタミンや酵素も減ってしまうため、シュウ酸の少ないサラダほうれん草を選びましょう。

スポンサードリンク