netutyuusyou

意外と怖い熱中症

水分補給でしっかり予防熱中症

夏の時期、天気予報や報道番組などで、連日、注意されているのが「熱中症」です。

熱中症は、激しいスポーツや炎天下での厳しい作業中だけでなく、
屋内で安静にしていても、かかる可能性がある恐ろしい病気です。

日差しが強く気温が急激に上がる時は、症状の進行も速いので要注意です。

熱中症は日射病や熱射病などの総称で、簡単にいうと「身体の温度調節が
機能しなくなって起こる不調な諸症状」のことです。

熱中症のメカニズムとは、人間の身体は、
諸機能の働きにより一定の体温を保つように出来ています。

例えば、スポーツなどで体温が上昇すると、
蒸発するとき熱を奪う性質のある汗を出し、
空気中に熱を放出させることで体温が下がります。

その繰り返しで、体温が微調整されるように、コントロールされているのです。

ところが、外気の温度が高く湿度も高い夏期では、
汗のこうした働き(気化熱)が激しく繰り返されるため、

  • 大量の発汗で脱水症状
  • 汗と共に塩分なども奪われるため、血液中の塩分濃度の降下
  • 高温により血管が拡張するため血圧が下がりる
  • 体内の熱が放出されないため上昇する

など、熱中症の諸症状が起きてくることになります。

熱中症の症状

医学的に区分された熱中症の症状

熱失神
血圧の降下によりめまい・失神・呼吸回数の増加など

熱けいれん
血液中の塩分濃度が下がることで筋肉がけいれんします。時に腹痛もあります。

熱疲労
脱水症状により、倦怠感・めまい・頭痛・吐き気などの症状があります。
脱力症状も見られます。

熱射病
体温の上昇により、めまい・頭痛・吐き気・過呼吸などの状態が進むと、
意識障害や呼吸停止などに陥ることもあります。

熱中症の予防

  1. 炎天下や高温多湿の環境に長時間いないこと。
  2. 水分の補給はこまめに行うこと。
    塩分や電解質の含まれた飲料水、スポーツドリンクなどがおすすめ。
  3. バランスの良い食生活を維持しましょう。
    塩分控え目が宣伝されていますが、多量に汗を考慮し、
    夏期には少し塩分を増やすのもいいです。
    たまには塩分が濃いといわれる味噌汁なども摂ってください。
  4. 睡眠不足や疲労を溜め込まないようにしましょう。

もし熱中症になったら

  1. まず涼しい日陰か冷房設備のある室内に移動し安静にします。
  2. 次に身体を冷やします。
    氷や冷たい水で濡らしたタオルを顔や手足に当て、首の後ろにも当てます。
    落ちつくまでは氷枕や市販のアイスノンもおすすめします。

以上の処置をまず、行ってから、水分補給をします。

この場合の注意点は、がぶ飲みと大急ぎで飲まないこと。

ゆっくり少量を数回に分けて飲んでください。

また水分は冷たい水ではなく、塩分や電解質の入ったスポーツドリンクがおすすめ。

失神や意識障害など重度の熱中症の場合は、即病院で医師の診断を仰ぐこと。

また、熱中症は一時的とはいえ臓器不全をおこしています。

身体の完全な回復のため、熱中症が回復しても、しばらくは安静にして過ごしてください。

スポンサードリンク




美容サイトマップ