pareth

乳化成分 パルス類

(C12,13)パレス-10、(C12-14)パレス-12

C12-13 PARETH-10、C12-14 PARETH-12
炭素数12~15までのアルテル基を持つアルコールに、
酸化エチレンを付加重合して合成される界面活性成分です。

アルコールや酸化エチレンの重合度により様々な洗浄特性や乳化特性を持っています。

製品の特性に合わせた洗浄効果や乳化作用を持つものを選び、
他の洗浄成分や乳化成分と組み合わせて使われています。

乳化成分 ウラレス類

ラウレス-2、ラウレス-20

LAURETH-2、LAURETH-20
ラウリルアルコールのポリエチレングリコールエーテルで、
エチレンのモル数により親水性と親油性の性質が変化します。

安定性や感触調整を目的とし、
他の乳化成分と組み合わせて乳化製品、洗浄製品に配合されています。

乳化成分 ラネス類

ラネス-10、ラネス-20

LANETH-10、-20
ラノリンアルコールのポリエチレングリコールエーテルで、
エチレンのモル数により親水性と親油性の性質が変化します。

安定性や感触調整を目的とし、
他の乳化成分と組み合わせて乳化製品、洗浄製品に配合されています。

乳化成分 レシチン

大豆リン脂質

LECITHIN
マメ科植物ダイズより抽出され、主としてリン脂質からなる原料です。

角層になじみやすく細胞間脂質と同様の性質を持ち、優れた保護効果があります。

乾燥による肌荒れを防ぎ、
柔軟な肌に整える目的でクリームや乳液、美容液に配合されています。

製品としてはラメラ構造を作りやすく、複雑な乳化形状を持つとされています。

リポソーム構造を最も作りやすいリン脂質として活用されています。

乳化成分 レシチン

卵黄レシチン

LECITHIN
卵黄から得られるリン資質で、定量する時60%以上を含んでいます。

角層になじみやすく、細胞間脂質と同様の性質を持ち、優れた保護効果があります。

乾燥による肌荒れを防ぎ、
柔軟な肌に整える目的で、クリームや乳液、美容液に配合されています。

製品としてはラメラ構造を作りやすくし、複雑な乳化形状を持つとされています。

リポソーム構造を最も作りやすいリン脂質として活用されている原料です。

不飽和の脂肪酸基を多く含む場合は、
酸化により変色や変臭が起こらないように酸化防止の考慮が必要です。

洗浄成分とは

肌の表面または毛髪など人体の表面についた
汚れ物質を水に洗い流したり、拭き取ったりっする成分です。

汚れ一般を洗浄する洗顔料やボディー洗浄料、シャンプーなどの主成分です。

メイク料などを落とすクレンジング料の主成分にもなっていますが、
この場合はメイク料を溶かすオイル成分なども主成分となり、
共に配合されている場合が多いのが現状です。

化学成分的には親水基と親油基の両方を持っている分子です。

通常では混ざり合うようにします。

そのため、これらの成分を界面活性剤とも呼びます。

界面活性剤の中で、
油汚れを水で洗い流す作用に優れた成分が洗浄成分として使用されています。

またクレンジング目的で使用され、メイク料を肌表面から
遊離させて拭き取ったり洗い流したりする働きを持つ界面活性剤も洗浄成分として分類します。

洗浄成分として化粧品に使用されている界面活性剤は、
水か湯で洗い流して使うなどの使用方法において十分な安全性の確認が
行なわれていて、一部でいわれているように危険性のあるものではありません。

洗浄効果や洗浄後の肌のトリートメント効果をより効率よく発揮するために、
エモリエント成分や乳化成分などと組み合わせて化粧品に配合されています。

洗浄成分 PEG-コカミド類

PEG-2コカミド、PEG-6コカミド、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸モノエタールアミド

PEF-2 COCAMIDE、PEG-2 COCAMIDE
ヤシ油脂肪酸アミドまたは
ヤシ油脂肪酸モノエヤールに酸化エチレンを付加重合して作られた洗浄成分です。

弱カチオン性の洗浄成分なので、しなやかな洗い心地を特長とする洗浄料に使われます。

スポンサードリンク




美容知識ページのご案内
角層柔軟成分 グリコール酸
乳化成分 PEG-ジメチコン類
乳化成分 水添レシチン
乳化成分 アシルグルタミン酸塩類
洗浄成分 スルホコハク酸(C12-14)s-パレス-9-2Na
安定化成分 PEG-9 ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
安定化成分 カルボマー
安定化成分 合成スチーブンサイト
安定化成分 ステアリルアルコール
安定化成分 ペクチン
安定化成分 ミリステルアルコール
防腐・殺菌成分 安息香酸類
防腐・殺菌成分 チョウジエキス
着色成分とは
着色成分 カーボンブラック
着色成分 合成金雲母
着色成分(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン) クロスポリマー
着色成分 窒化ホウ素
溶媒成分とは
その他の基剤成分とは
基剤成分 アンズ核粒
基剤成分 コメデンプン
基剤成分 ナイロン類
その他の添加成分
その他の添加成分 水酸化K(水酸化カリウム)