心配性が昂じた全般不安神経症 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 脳と心のケア

全般不安神経症は、症状が軽いものは心配性、取り越し苦労という分類に属します。

全般不安神経症

これが酷くなると、自分は不慮の事故に遭うのではないかなどと考えて、
極度に緊張、発汗、動悸などの身体症状を表すようになります。

ですから、全般不安神経症は心配性と、それが昂じた全般不安神経症に分けた方が良いとされる。

いつか不慮の事故に遭うのではないかと極度に緊張している。
仕事でも遊びでも絶対に間違いは許せない。
自分の存在を認めてほしいという欲求がある。
人が集まる席で仕事や子供の自慢をする。
他人をけなす言葉をつい口にする。
心配事がいつも心から離れない。
過去を悔やむ気持ちが強い。
仕事でミスをすると絶望的になる。
自分の弱さを見せてはいけないと思う。
人間は仕事にもベストを尽くさないといけないと思う。
否定的なことばを考える。
自分はダメな人間だと思う。
精神的に弱い。

このようなあまりにも心配なことが多い方は重症ですが、ちょっと神経が
過敏だという自覚がある方は、このブログを読んでいくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。