強いストレスがパニック障害を生みます – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 脳と心のケア

重度の不安神経症のパニック障害

画像の説明

非常に増えており、銀行の窓口に並んでいるときに、突然心臓が激しく拍動をはじめ、
呼吸も短くなり、手のひら、脇の下からは汗がにじんで立っていられない状態になります。

しばらく静かに椅子などに横たわっていれば症状が治まりますが、
このようなパニックは理由もなく起こることもあり、本来ならあまり
問題にならないような心配事から起こることもあるようです。

不安が突然こみあげてくるといいます。

パニック障害の引き金は、何かの精神的なショック、
強いストレスが潜在していることが多いといいます。

いつも不安を抱えている。
最近あまりよく眠ることがない。
強いストレスを抱えている。
いつも仕事に追われている感じがする。
他人の視線が気になる。
突然心臓が激しく拍動することがある。
仕事上の悩みを抱えている。
自分の評価が気になる。
他人に馬鹿にされているように思う。
強い劣等感がある。
他人を傷つけたいと思う事がある。
将来に強く不安がある。
毎日が楽しくない。
リストラの不安がある。

あなたはパニック障害でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。