心配したり、恐れたりするのは脳の仕組みの部分 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 脳と心のケア

自分が社会恐怖症、パニック障害という病気を持っていることを自覚すること。

画像の説明

これはあなたの脳の仕組みが敏感過ぎるために起こるので、
決して心が病気だという事ではないと専門家は言っています。

そのため必要なことは、関心を何かに移す行動です。

一番に運動で、体を動かす、それも多くの人にいっしょに運動をする、
多くの人と自然に接触していくのが効果的です。

体を動かしていることが楽しければ、その間恐れや不安を忘れていられます。

次には、声を出す、発散するという意識で、内にこもってはだめ。
大声でスポーツ観戦で応援してはどうでしょう。

気を別のことにそらします。

家族や親しい人との触れ合いが非常に大事だといいます。
触れ合う、抱き合う、体の接触は驚くほどの効果を持つといいます。

清潔強迫症などと違って、社会恐怖症やパニック障害に人は体に
触れ合うことは問題なく、機会を見つけて他人と接するようにする。

社交ダンスやフォークダンス、家族と手をつないで歩くことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。