心を変える方法 呼吸法 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 脳と心のケア

大事なことは呼吸をゆっくりすることです。

副交感神経が活発化(優位)

交感神経が活発化されると心臓の拍動が激しくなり、呼吸も切迫します。

逆に、副交感神経が活発化(優位)すれば呼吸はゆっくりになり、
心臓の拍動もゆっくりになります。

呼吸をゆっくりすると、副交感神経が活性化されて、心臓もゆっくり打つようになります。
これが「ヨガ」や「座禅」の瞑想の効果。

呼吸は自分の意志でゆっくりさせることができ、
日頃から呼吸をゆっくりすることを学びましょう。

吸った息は下腹部にゆっくり入れ、下腹部を突き出すようにしていっぱいにします。

今度は、下腹部をゆっくり押すような形で、息を吐き出し、
最後はお腹がぺちゃんこになるくらい押します。

これを繰り返すと、心臓の拍動も非常にゆっくりになり、発汗なども改善されます。

瞑想などで呼吸をゆっくりする方法を学ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。