多忙な現代人は、快眠を求めています 枕の歴史 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 安眠枕

旅行先などで枕が変わると眠れなかったり、枕がしっくりこず何個試してもどうしても
合わなかったりする人も多いと思います。

自宅マンションの窓から見た風景(上海市虹口区(こうこうく))

枕が合わないと眠れなくなったり、体にさまざまな症状が現れたりすることがあります。
枕が日本で初めて使われたのは、弥生時代の木の枕だと言われています。

日本では、床で眠るという生活習慣や、特殊な髪型を守るために木で作られた
「箱枕」という枕を使っていました。

箱枕は木製なので硬いですし、高さもかなりあるので、現代人からすると、
「こんな枕でよく眠れるな」と思うかもしれません。

その当時の日本人は、そのような枕でも、髪型を保つためには苦ではなかったようですし、
床で眠るのが習慣だったので平気だったのでしょう。

その後、日本でもすっかり西洋文化が馴染んで、
今のようなクッションのような枕が普及しました。

でも、日本人の多くがどんな所でも居眠りができるのは、
昔の床での暮らしが本能的に身に付いているからのようです。

そして、「安眠枕」という良い眠りを導いてくれる枕も話題になっています。
安眠枕は自分の体のカーブを保ち、ぐっすりと深い眠りにつくことができると言います。

しかし、枕が自分に合っていないと、疲れをとるための睡眠が、
逆に苦痛なものになってしまいます。

安眠枕は、人それぞれの体型によっておすすめのものがあります。
そのため、安眠枕を使ったとしても、その人の体型に合っていないと意味がありません。

背の高い人におすすめのものや小柄の人におすすめのものなどさまざまあるので、
購入する際はよく確認することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。