色々揃っている枕の素材について – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 安眠枕

枕に使う素材にはさまざまなものがあります。
羽根やパンヤ綿、マルコビーンズ(ポリエチレン)などがあります。

上海市虹口区(こうこうく)の和平公園のバス停前に止まっていた小麦粉の山のトラック

ずっと同じ枕を愛用している方も多いと思います。

そのような方は、その枕の触り心地や匂いなどで、手離すことができないかもしれません。
また、枕の好みも人それぞれだと思います。

そばがらの枕は、比較的安いですし、
寝転がった瞬間のひんやりとした気持ち良い感触が好まれているのでしょう。

そばがら枕を長年使っていると、そばがらが割れて中から花粉が飛散します。
そのため、3年くらい使ったものは買い替えましょう。

そばがら枕がおすすめの方は、硬い枕を好む方、ひんやり感を求める方、
安価なものを求めている方です。

柔らかくて軽く、さらに、価格も安い枕を好む方におすすめなのは、マルコビーンズや
パイプといったポリエチレン素材や、ひのきチップ、羽根などの混合枕です。

これらの枕は、ほどよい硬さで、優しく頭をマッサージしてくれます。
ほこりがたまりやすく、アレルギー体質の方には向いていないかもしれません。

今では、アレルギー対応の混合枕もあります。
昔から使われているのが、通気性が良くて価格の安いパイプ枕です。

パイプよりも柔らかく高さが調整できるのがマルコビーンズです。
マルコビーンズの枕は丸洗いができますし、比較的長持ちします。

安眠枕としても使われています。
でも、この枕は硬めの感触なので、人によってはなじめない方もいるかもしれません。

安眠枕に多く使われる低反発ポリウレタンは、
元々、宇宙飛行士に与える衝撃を軽減するために作られた素材です。

低反発ポリウレタンの枕は弾力があり、押すとゆっくりと沈んでゆっくり元に戻ります。
この枕がおすすめなのは、寝つきの悪い人やいびきや肩こりで悩んでいる人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。