枕を変えることも大事だ、安眠枕の寿命とは – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 安眠枕

安眠枕には、さまざまな種類のグッズがあります。
さまざまな形状、硬さのも、素材もいろんなものが使われています。

上海市の南京路へ遊び行きました

暑い季節に、ひんやりと感じる枕などもあります。

デパートやホームセンターなどでは、実際に枕を触ったり寝心地を確かめられたり
できるようになっているので、自分と一番相性の合った安眠枕を選びましょう。

「枕が変わると眠れない」と日本人の多くがよく言うように、
枕は快眠にかなり大きく係わっているのです。

自分と相性の良い安眠枕を手にすることができたら、
ずっと使い続けたいですし、愛着もわいてくるでしょう。

しかし、安眠枕にも寿命があります。
素材によって違ってきますが、一般的に、枕の寿命は2年程度だそうです。

聞いて恐ろしい話しですが、2年使い続けた枕は、
その重さの10分の1がダニの糞や死骸だそうです。

枕には、人の皮脂やフケなどダニにとってエサとなるものがそろっています。

その上、人の体温によって枕に湿気が溜まりやすいので、
ダニが集まりやすい環境になっています。

そのため、枕は頻繁にカバーを取って陰干ししたり、
カバーをきれいに洗ったりすることが大切です。

天然素材の枕は、特に寿命が短いです。
そばがら枕だと約10ヶ月です。

そばから枕は、長く使っていると中のそばがらが割れてきて、
中から出る粉によって鼻炎やぜんそくになってしまうことがあります。

1000円程度の安いそばがら枕もあるので、
1年くらい使ったら買い換えることをおすすめします。

羽根や綿のようなのエステルなどの素材だと約1年です。

これらの枕は、長期間使っていると弾力性がなくなり
ぺちゃんこになってしまいますし、ホコリなどもつきやすいです。

1年くらい経ったら買い換えましょう。
また、アレルギー体質の方は、丸洗いできるものがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。