枕も大事でも、安眠枕とマットレスの相性も大切 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 安眠枕

安眠枕を選ぶ時に大切なことは安眠枕の高さですが、その高さを選ぶには、
自分が使用している敷布団やマットレスの硬さも考慮しないといけません。

上海市の南京路は天気が良く活気がいっぱいだった

なぜなら、敷布団やマットレスの硬さや柔らかさによって、体の沈み方が違うからです。

枕は敷布団やマットレスと首の後ろの間にできる隙間を埋めるために使うものなので、
マットレスに体全体がどれだけ沈むかによっても、隙間の高さが違ってくるのです。

隙間の高さが違えば、当然、合う枕も変わってきます。
敷布団などが硬めの場合、体があまり沈まないので、首の隙間ができやすくなります。

そのため、安眠枕は高めのものがおすすめです。

敷布団が柔らかめの場合、体が包み込まれ適度に沈み、あまり隙間はできないでしょう。

そのため、安眠枕は低めのものがおすすめです。

安眠枕を実際に寝て試すことができるのなら、自分いつも使っている
敷布団やマットレスと硬さが同じくらいのものに寝て試さないといけません。

安眠枕が自分にぴったり合ったとしても、試した時の寝具の硬さが全然違っていては、
自分の布団で寝てみたら枕の高さが合わなくて疲れてしまうかもしれません。

肩こりを解消したり不眠を改善したりするために安眠枕を買おうと思っている方は、
自分の睡眠環境をよく考慮して選ぶことが大切です。

絶対に失敗しない方法は、マットレスを購入するときに、
それに合った枕を一緒にそろえることです。

そうすれば、あなたを安眠に導いてくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。