心地よい眠りに導くマッサージ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 安眠枕

疲れた体を癒すには睡眠が一番です。

上海市南京路には小さなバスが走っていました

疲れを溜めこまないためには、安眠枕を使って寝たり、音楽を聴いたり、
アロマを使ったりすると良いのですが、
ここでは快眠み導くおすすめのマッサージ方法を紹介します。

入浴は体の疲れが取れますし、心もホッと癒されます。

より快眠効果を上げるためには、お風呂の温度を40℃くらいに設定して、
20~30分は浸かりましょう。

また、柑橘系やラベンダーの香りの入浴剤を入れれば、
良い香りときれいな色で心が安らぐのでおすすめです。

まずは、お風呂で行うマッサージです。
湯船では、耳の後ろから首筋、肩にかけて手でスーッとゆっくりさすります。

足も足の裏からゆっくりとさすっていってください。
この時、体に力を入れずに楽な姿勢で行ってください。

シャワーでは、はじめに全身を温めるために背骨に沿ってお湯をかけます。
体が温まったら、シャワーの水圧で緊張をほぐします。

冷えを解消するために、足の先も2分くらいシャワーをかけて温めましょう。

この時、シャワーの温度は41~43℃くらいが良いです。
布団に横になったら、熟睡するためのストレッチを行いましょう。

大きく手足を伸ばして体を左右にゆすり、全身が十分に伸びたと感じたら、
ゆっくりと力を抜きます。

この時、無理に伸ばさずに楽な体勢で行ってください。
自分の体に合った安眠枕で横になることも大切です。

全身の力が抜けきたら、両手を下腹部に当てて自分の呼吸を感じてください。
お腹の動きに集中していると、そのうちにリラックスして深い眠りにつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。