セロリも合う餃子 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ノーミート料理

スーパーには、日本で普通に買えるセロリと幅の細いセロリがあります。
セロリの入った餃子も歯ごたえがあり美味しいです。

本日のお昼はスーパーで人気のメーカーの冷凍食品を買ってきたので食べます。
日本では少しの油をフライパンに引き、弱火で時間をかけてゆっくり焼き上げます。

水を入れて蒸すと外はカリカリ、中はジューシーな餃子が出来ます。
上海市では、茹でて香醋や辛みを入れて熱々を食べます。

昨日は、夕方近く3時ころに厚い雲が出って、
雷と共に雨が少々振り久しぶりに涼しさを感じることが出来ました。

雨はすぐに上がり、いつもの暑い上海市になり、下の道路ではもうおしまいに近い
スイカ売りが「安いょ、安いょ~」と大きな声で呼びかけています。

朝早くから商売をしているのは、昨日から泊りがけで最後のラストスパートのようです。
スイカの次は何を売りに来るのか、いつまでも続きます。

今、昨日の上海市の気温をテレビで流しています。
40.6度を記録しました。
本日も同じくらい記録をするでしょう。

作物の水不足も報道されています。沼の水も底を見せ、農家の人が心配しています。
必要なところには水が不足して、山の方では洪水災害でたいへんです。

新しく指導者が変わり災害や事故が多いのは関係があるのか?ないのか?
そろそろネットでも騒ぐのではないでしょうか。

あゆを小麦粉で包んで揚げた飲茶で骨まで美味しくいただきました。

肉なしのヘルシー餃子。
ノーミート料理にした餃子の作り方を紹介します。

ノーミートなので当然肉はなし、代わりに野菜を使って餃子を作ります。
キャベツと白菜とねぎとにらを使います。

キャベツ、白菜はみじん切りにして塩を少々かけておきます。
5分くらいおいた後に水気をしぼります。

ねぎとにらとにんにくもみじん切りにします。

中華味の素とオイスターソース、塩コショウなどを混ぜ合わせて
味を整えて野菜と一緒に混ぜ合わせます。

あとは餃子の皮で包んで、焼いて出来上がりです。
豆腐をお肉に代用して作る餃子もあります。

ノーミート料理では、肉の代わりに豆腐を使うことが良くあります。

豆腐とキャベツ、しめじなどを細かく切って炒め、オイスターソースや砂糖、
しょうゆなどで味をつけて具にします。

あとは餃子の皮で包みます。
おいしく餃子を焼くポイントとしては、フライパンに油を入れてから熱します。

餃子をフライパンに並べて、水を70mlほど入れてすぐにフタをします。

中火で水気がなくなるまで焼きます。
フタを開けて餃子に焼き色がついたら完成です。

餃子の皮から自分で作ると、さらにボリュームが出ておいしいです。
餃子の皮は地粉500gに対して水を250g、塩を小さじ1入れて混ぜ合わせしっかりこねます。

生地を30分ほどねかしたあとに、綿棒でのばして皮を薄く広げていけばできます。
皮どうしがくっついてしまわないように、1枚ずつ粉をふりかけておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。