蓮根で作るノーミート焼売 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ノーミート料理

暑い上海市でも昔からの氷菓子がお子様やお年寄りに愛されていると、報道されています。

私の子供のころ(昭和30年代)は、果物や野菜を、
井戸水をポンプから汲み大きな容器に入れて冷やしていました。

カルピスを父が家族分のコップに分けて入れて、氷が無くても美味しく飲んだ記憶があります。

畑からトマトやキュウリをもぎ取り、近くの河で洗い、
水を止めて作った小さな池で洗い遊び疲れたら、
飲み物の代わりに食べて水分を補給していました。

故郷には、家も家族もいないので、30年以上は帰っていないので、
こうして昔の事を思い出すことがあります。
一度は、妻を連れて訪れるつもりです。

そのためにも、長年の悪い姿勢を続け背骨が曲がり、
歪んが猫背を治すためにリハビリを自分で行い、長い時間歩けるように頑張っています。

習慣と言うのは恐ろしいです。
意識していないと、簡単で楽な方に流されていきます。

20代にぎっくり腰を起こし、専門医師に診察を受けないで、
痛みを取ることばかりしていました。
座ってする仕事で、毎日10時間以上座っていると、
姿勢を保つのが難しく、片方の足を椅子の上に立てて座ったりしていました。

それが楽だと思っていましたが、腦が筋肉に体を倒れないように指令を出し徐々に固まり、
背骨が曲がり、飛び出して来ました。

それに伴い、膝や腰、足首など痛みが出るたびに、痛みを取ることだけして、
原因をしっかり調べることはしませんでした。

妻から姿勢の事をよく注意されましたが、真剣に考えていませんでした。

しかし、立つことさえ出来ない、歩くのも100mがやっとで、これでは年を取ったら
もっと大変だと考え、リハビリ専門医師に診てもらいに行きました。

リハビリの指導を受けて何とか歩くこと、
立つことが普通に出来るようにしたいと思ったからです。

パパイヤをスーパーで10元くらいで買ってきました。

パパイヤは日本でも買えますが、こちらは果物が種類が豊富で安いです。

パパイヤの種を捨てスプーンでキレイに美味しくいただきました。

焼売の中に入っているものと言えば豚のひき肉ですが、
これをノーミート料理で作るとお肉の代わりに蓮根を使って作ることができます。

蓮根にすることで、シャキシャキと歯ごたえも出ておいしい焼売が出来上がります。
ノーミート料理の方がお肉入りよりもおいしいと思わせてくれるような一品です。

材料は蓮根のすりおろしたものを使います。
蓮根のすりおろしとたまねぎをみじん切りしたものを同量用意します。

シイタケも1枚分みじん切りにしておきます。
焼売の皮、しょうが、片栗粉、グリンピースが必要になります。

蓮根とたまねぎとしいたけを混ぜ合わせてそこへすりおろしたしょうがを少し入れて混ぜます。
調味料としてお酒としょうゆを少し入れて下味をつけます。

生地がまとまる程度に片栗粉を入れてください。
焼売の皮で包んでグリンピースをのせます。

蒸し器で10分蒸してできあがりです。
もっちりとしていてシャキシャキ感のあるおいしい焼売が出来上がります。

蓮根だけではなく、これに豆腐を加えると、
蓮根の量を減らして豆腐でボリュームを出すことができます。

豆腐1丁に対して蓮根80gほど使います。
その他に油揚げも1枚使います。

豆腐は水切りをしておき、蓮根と油揚げはみじん切りにしておきます。

豆腐と蓮根と油揚げを混ぜて塩小さじ2分の1、しょうゆ大さじ1、
酒小さじ1を入れて次に片栗粉を大さじ2入れて混ぜ合わせます。

あとは皮で包んで蒸すだけです。
中に野菜やキノコ類など何を入れてもおいしく食べることができます。

入れたい野菜などをみじん切りにして一緒に混ぜ合わせればいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。