ノーミートの東京ベジフードフェスタ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ノーミート料理

上海市の気温は、1934年に記録した1ヶ月高温をしのぐほどの勢いで上昇しています。

朝から31度で、会社に出勤する時間帯は35度で、
帰宅する時間帯は38度から35度になるとの予報です。

報道では熱射病(日本では使われていない)で
毎日多くのお年寄りが救急車で運ばれています。
家の中で扇風機を使わないで、団扇(うちわ)で過ごし、
水分もあまりとることなく倒れるようです。

毎日報道されるのですが、テレビやエアコンも節約なのか備えていないようです。
この記録的な暑さでは、エアコンのない家の中では、40度を超えるほどです。

まだ、日本よりも貧困の格差は進み、電気を盗むということがあるといいます。
涼しさを求めて、図書館は朝から席を取るために並び、
地下鉄では大勢が集まり対策として冷房をストップする駅もあります。

百貨店の家具売り場は、みんな座りこみ寝ています。
映画館も満員、病院の待合室も大勢の人が涼しさを求めて来ます。

プールも浮き輪を付けて人人の頭で水面が見えない映像が流れています。
とにかく上海市の記録的な暑さは、8月上旬まで続くと思います。

コンビニのファミリーマートでランチを購入

値段は日本と変わらないのでオフィス勤めの方が買います。

「東京ベジフードフェスタ」というイベントがあるのをご存知でしょうか。
ノーミート料理に興味のある人へおすすめのイベントです。

2012年は10月に東京の代々木公園のけやき並木前にて行われました。

ノーミート料理で評判のお店が出店したり、自然食品を販売している
お店が出店したりしていてたくさんのお店が並びます。

イベントの中では環境問題をテーマとしたビデオ上映会があったりトークショーがあったり、
子供向けのイベントがあったり様々な催しが用意されていました。

イベントは毎年開催されていて、2012年には35,000人もの人が参加したようです。
2012年のテーマは「やさいだけでお祭り」。

植物性の食品や雑貨などを数多く扱っており、イベント内においては
マイ箸、マイ弁当箱を推奨して環境にも配慮しています。

ベジフードフェスタにおいては植物性の食品つまりベジフードだけを扱っています。
お店は約100店舗参加します。

オーガニックの野菜を扱うお店、ベジフードの食料品を扱うお店、
フェアトレードを扱うお店、マクロビオティックによるカフェ、
人気のローフードの店などがあります。

ベジフードというのは、野菜、果物、米、海藻、豆類など
植物性のものを使って作られたものを指しています。

日本古来から伝わる料理のほとんどはベジフードです。

ベジフードが世間に普及することによって、自然環境への負荷を軽減できますし、
ヘルシーですし、生き物を守ることができますし、食料の自給率をあげることもできます。

ベジフードには魅力的な面がたくさんあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。