マクロビオティックはノーミート料理を好む – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: ノーミート料理

上海市は朝から元気です。
昨夜は、天気予報では雷雨とのことでしたが空振りに終わりました。

先ほど(中国時間5時30分)まだ眠っている体を目覚めさす目的に、
外の景色を見ながら軽く運動をしていると、秋を感じさせる風が吹いてきました。

トンボを見たり、セミの声も少なくなり暑い日は続いていますが、
上海市にも確実に秋の予感を感じて、毎日耐えています。

上海市の市長たちは中国で成功している開発やシステムなどの視察で、
より上海市を発展させようとしています。

そのため、開発予定の地域に住み戸籍(中国では戸口こせき)を登録していれば、
人数に合った家か金額を支給されます。

この権利の主張で家族や兄弟の争いがあり、法律や相談番組が多いです。
親子の間でも死んでもいないのに、相続争いが起きます。

基本はお年寄りは大切にするといいますが、事実はお金が一番で、
お年寄りは絶対に先に権利を渡したり、お金を渡すと老後は悲惨です。

離婚問題も多く、家がないと上海市では生活は成り立ちません。

今、60代の方を取材した番組があります。
三部構成で、昨日は中編を放送していました。

若いころ(15歳頃)に政策で家族と離れて開拓事業や農村で働き、食事なども
自分たちで何も知らないところから作り失敗もあり、たいへん苦労をしたようです。

雷の中でも作業をして、一人のお友達が頭に雷が落ちて亡くなったお話しもしています。

それから、上海に戻ることになりそれぞれ自分の道に進み、
勉強をして海外に留学したり、事業を起こし成功していきます。

この様な方は、恵まれた方で、大半は貧しい生活をしているようです。

アメリカに渡り歯科医師になり成功した人、やはりアメリカに移住して成功して、
若いころに同じ故郷から農村に行かされた人が、
ご夫婦24人くらいがアメリカ(サンフランシスコ)に集まり、
キャンピングカー3台で旅行をするお話しです。

私も同じ年代なので共感しながら観ています。

上海市のバスは大勢の人が利用します。

マクロビオティックでは、穀菜食を主としているため、
牛や豚や鶏などの動物性食品を食べないそうです。

マクロビオティックは玄米を主としていて精製した白米も食べません。
さらに黒砂糖は使いますが白砂糖は精製されたものと言うことで好みません。

魚も小魚を好むようです。

その他にも水分や糖分や塩分の摂取についても決められているようなので、
単純にノーミート料理を好んで食べるよりもさらに厳格な決まりがあるように思います。

しかし最近ではこのマクロビオティックを活かしたレシピを紹介していたり、
マクロビオティックのお店やカフェがオープンしたり、
クッキングスクールまであったりとかなり幅広く浸透してきています。

最近流行りの自然派食品というのもこの仲間に入るようです。
スーパーモデルの人たちが体系維持のためにマクロビオティックを取り入れているようです。

マクロビオティックでは何よりも栄養バランスのいい正しい食事と規則正しい生活を好みます。

自然環境を破壊することなくうまく共存しながら、人間本来の持っている
自然力によって健康を維持していこうとするものです。

マクロビオティックの調理法や食事法などはいま注目を世界中から集めていて、
資格まで登場しています。

資格取得の講座を開設している講座や通信教育も多数存在します。
やり方や主張などについてはマクロビオティックを行う団体などによって違いがあります。

ただしやりすぎは体に深刻な合併症を起こす可能性もあるとして批判されている
面もあることから、100%この考えに依存するのではなく慎重に行う必要があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。