上海人は美食家か – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 上海市の生活

上海市も連日の40度近い気温も落ち着きを取り戻したとはいえ、
37度から38度を日中にはあります。

慣れとは本当に恐ろしいもので、35度も感謝しています。

災害で困っている人もいますが、上海市都心では美食に酔いしれる上海人もいます。
鶏とアヒルの料理が紹介されていました。

お店の前には鶏とアヒルが並べられています。

美味しそうに燻製、鶏、アヒルの料理がセットに。

まだまだエアコンは必要ですが、使う頻度を減らしています。
農家の方々は、温室内での作業で毎日野菜の手入れや出荷作業で休み暇もありません。

水不足はかなり深刻です。

雨が降らない山では、魚を養殖している池の水を使わせてもらうため、
補助金を出して穀物を守ったりして努力しています。

消防隊もタンクに水を入れて、山奥まで出動しています。
お年寄りの世帯には背中に水を入れたタンクを5,6人の
制服を着た隊員が山道を登り配っています。

お年寄りたちはたいへんに喜んでいました。

消防隊も来ない山奥では、2キロの山道(40分くらい歩きます)を下り
女性たちが水場まで毎日2回くらい籠に水を背負い生活水を確保しています。

豚などの家畜にも水をやったりして、水場の水が枯れないことが心配です。

上海市の近郊は雨マークの予報ですが、雷は鳴りますが雨は降りません。
北京は大雨で空港は急遽運行がキャンセルになり対応が悪いとお客さんが行っています。

必要なところには雨が降らないで、必要のない所に大雨が続いています。
地震や大洪水、干ばつと自然災害が多いのは、
指導者が変わり起こっているのはどうしてなのか、毎日考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。