節料理 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康生活のキーポイント

節の祝いは年5回あります!

節の祝い節料理
旧暦で暮らしていた時代の節料理は、
現代の栄養学から見ていみると立派な薬膳料理。
現在の節料理のように、超豪華名メニューになったのは、

肉料理が一般的になってからといいます。
節料理というと、お正月のお節(おせち)のことですが、
旧暦で暮らしていた時代には、1月1日(七草粥の1月7日を含む)、

3月3日(桃の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕)、
9月9日(重陽・菊の節句)を五節句として、
それぞれ節料理を祝っていました。

もっとも庶民が各節気を祝い節料理を楽しむようになったのは、
江戸時代の中期以降と言われ、それまでは、
宮中や武家社会で行われていたそうです。

お節の定番

お正月のお節は、三段や五段重ね重箱に、田作り・昆布・黒豆・
栗きんとん・数の子・紅白のかまぼこ・煮染めなどを詰め合わせた料理。
最上段には海老が置かれますよね。

五穀豊穣を願った田作り、昆布は新年を迎えてよろコブ、黒豆はマメに働け、
黄金色のきんとん、子孫繁栄の数の子、腰が大きく曲がった海老は長寿を願い、
それぞれ縁起物になっています。

お雑煮やお節は、長い時間をかけて育まれただけあって、
地方によって独自の料理となっています。
際立った違いは、お雑煮の持ちです。

関東では、切り餅を使って雑煮にしますが、
関西では、丸餅を湯がいて使用しています。

お節の効能

お節は、お正月の三が日の間、料理から主婦を解放するのを目的とした側面があり、
保存の利く料理になっているという説があります。
しかし栄養面を調べてみると、生活習慣病を予防するだけではなく、

薬膳の理にかなった料理になっているといます。
東洋医学の薬膳では、冬季は「腎」を養う時期としていますが、
お節には人を養う効能を持った食材が溢れています。

黒豆の成分は、消化器や腎機能に作用して体内の不要物を排出するため、
浮腫(ふしゅ)を防ぎ関節痛を和らげる。
田作りや昆布は、腎機能だけでなく肝機能や胃にも良い働きをします。

カルシウムが多く含まれているので、骨粗しょう症の予防に優れ、
余分な塩分を排出するので高血圧の予防にもなります。
さらに、多く含まれる鉄分は貧血予防にもなります。

動脈硬化を進める悪玉コレステロールを減らすだけではなく、繊維質も豊富な食材です。
煮染めは、身体の調子を整える各種ビタミンやミネラル、繊維質が豊富、
縁起物の海老には、腎機能の促進という効能があります。

七草粥

1月7日の朝食にいただくお粥。
早春(陰暦では「初春」という言葉があるように、暦によっては、
お正月と春が一緒なる場合がありました)の芽吹きをいただき、

1年間の無病息災を祈ります。
七草はデパートやスーパー、薬草園などで七草粥用に販売されています。

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。
いずれも新芽をサッと煮て、粥に混ぜますが、粥に餅を入れ、
七草雑煮に仕立てる地域もあります。

ビタミン・ミネラル・カロチン・カルシウム・繊維質など、
身体の諸機能に有効に働き、調子を整えてくれます。
お正月明けにピッタリの節料理といえますね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。