風邪を予防する工夫で健康に – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康生活のキーポイント

日常生活の注意点

風邪を予防する
風邪の予防は、ご家庭や地域で独自の工夫がされています。
連綿と伝わるそうした知恵を、日常生活でチョッと工夫して
活用すると、風邪の罹患率を大幅に下げて、罹っても

こじらせることが少なくなります。
外出から帰ってきたら、「手を洗う」ことと「うがい」を励行しましょう。

単純なことですが、
これだけでずいぶん風邪を予防することができます。
手は思っている以上に雑菌で汚れています。

家庭に雑菌を持ち込まないためにも、
「手を洗う」は必ず守って下さい。
また冬季の乾燥から大切なのどを守るためには、マスクの着用と

うがいがおすすめです。
就寝時のマスクも、自分の息で喉を潤すことになります。
風邪の予防だけでなく風邪を初期で抑えることもできます。

身体の内側から温める食事

湯気の立った鍋物は、それだけで身体を温めます。
しかし食べものには「身体を温める食品」「身体を冷ます食品」があります。

食品の持つ性質を良く理解して、季節に応じた献立が望ましいです。

①温める食品
にんじん、ごぼう、芋類などの根菜。
玉ねぎ、にら、ショウガ、唐辛子など。

納豆、味噌、青紫蘇(青じそ)、くるみ、自然塩、日本酒など。
寒冷地で採れる果物(りんごなど)や野菜。

②冷やす食品
熱帯地で採れる果物(バナナ、マンゴーなど)、カレー、牛乳、
バター、ぶどう酒、ビールなど。

初期の風邪には、少し多めにショウガを使用した料理を
いただいてみませんか?
ショウガには発汗作用があるため、夕食後すこしたつと汗ばみます。

汗が出たときは、身体が冷えいらない間に下着を取り替えましょう。
これが風邪予防や初期の風邪を治すポイントです。
汗に濡れた下着は身体を意外なほど冷やすことを覚えておきましょう。

ショウガは隠し味に使っていても良いし、すり下ろし薬味としても
効果があります。
多めに摂取したいときは、土鍋にタップリの水でショウガを

細切れにして入れ、沸騰させないように煮て下さい。
ショウガのエキスが充分出てきたところに、豆腐や野菜、
肉などの食材を入れ、塩・醤油・味噌などお好みのタレでいただきます。

タレには柚子などの柑橘類を添えると香りが良いだけでなく、
貴重なビタミンCも摂取できます。

風邪気味のときは、食欲も減退し胃腸の働きも低下します。
消化の良くないこってりした食品よりも、食欲をそそる香りや
ショウガのように味に刺激を持つ食品が良いようですよ。

冷え性には

冷え性には、何といっても入浴が一番の療法です。
足が冷たくて眠れない人には、就寝前の足湯がおすすめ。
全身欲には少し熱すぎる温度でも、手や足には心地よく、

膝から下をゆっくりと浸して温まって下さい。
足元からホカホカと温かさが立ち上がり全身を温めます。
また冷え性の人は、「温める食品」を意識して食べるように!

根菜を1ヶ月間食べ続けたからと言って、即冷え性が
解消するわけではありませんが、徐々に体質が改善されます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。