乾燥肌の予防とケアお肌の総点検 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康生活のキーポイント

乾燥肌の症状

日本の冬季は湿度が下がり、さまざまな「お肌」の
乾燥トラブルを招いています。
明るい光の下では、乾燥肌は沈んだ色に見えがちです。
暖房器具で肌が乾燥します
さらに乾燥肌は「シワ」の原因にもなるのです。
ダメージから、正しいケアでみずみずしいお肌を取り戻しましょう。

乾燥肌の症状

乾燥肌の状態は個人差が大きいですが、
①生活習慣による乾燥肌
②加齢による乾燥肌
③先天性の乾燥肌などになります。

生活習慣による乾燥肌

この場合は、生活空間が乾燥していることにより本来ある肌の
皮脂質が損なわれ、加えて正しくないケアや肌に合わない
生活習慣のため、乾燥肌状態になるというものです。

肌にこわばり感が残り、時としてかゆみを生じることもあります。
乾燥の原因を取り除き正しいケアを続けることで
平常の状態の肌に戻ります。

加齢による乾燥肌

加齢により新陳代謝は衰えてきます。
雑誌や新聞のページをめくるため、指先に唾を付けている
光景を見たことはありませんか?

肌を潤している皮脂質なども、本来は特別の食事や保湿剤を
使用するまでもなく自己生産されます。
しかし、加齢によりこの皮脂質などの補給が減少するため、

指先の「湿度」が少なくなり、雑誌などのページが
めくりにくくなっています。

先天性乾燥肌

先天性の乾燥肌は、医師の指導をあおぎ、保湿効果のある
食事療法や投薬などで体質改善を図られているようです。

乾燥肌の原因と正しいケア

肌を乾燥させる大きな原因は生活環境の「乾燥期」ですが、
日常生活にも気をつけたい「原因」はさまざまにあります。
「暖房」です。暖房は生活空間をさらに乾燥させます。

室内に適切な湿度を保つため、加湿器などを上手に活用しましょう。
冬季の「入浴と洗顔」はまめに。
夏季汗が出るので、肌は適度な湿度が保たれていますが、

乾燥期の冬は、入浴と洗顔が肌にとって貴重な水分補給のチャンス。
ただし「長湯」はタブー。
せっかく肌に吸収した水分が、逆に出てしまうためです。

入浴や洗顔後は、まず肌と身体に水分補給をしましょう。
肌には化粧水など、身体にはコーヒーや紅茶などの
水分ではなく、水やスポーツドリンクがおすすめ。

さらに乾燥肌にかゆみやこばわりの症状がある人は、化粧水などで
肌を充分潤した後、クリームなどで肌をカバーしましょう。
入浴や洗顔後、いきなり油性のクリームを使用するのは厳禁。

肌の呼吸機能を油で蓋をするようなものです。
最初に充分な水分を肌に与えてからにして下さい。
乾燥肌になったらゴシゴシ洗い過ぎないこと。

[check]肌を守っている皮質まで損なうことに!
[check]食事を一考することも大切!

かぼちゃやうなぎなどに含まれるビタミンAを食品から摂ることで、
乾燥肌に効き目があります。
豚肉や大豆製品などに含まれるビタミンBは新陳代謝を促進し、

野菜・果物のビタミンCは肌に張りをもたらし、ごま・大豆などの
ビタミンEは血行・血流を良くする栄養素!
みずみずしい「お肌」でイキイキした毎日を過ごしてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。