血液サラサラ効果毎食に酢漬けを一品 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康生活のキーポイント

ドロドロ血液の影響

血液サラサラ効果毎食に酢漬けを一品

身体の健康は毎日口にする食事によって左右されます。
1日3食1年365日1095回の食事が健康を左右しているのです。
なかでも身体のライフライン・血液の状態を正常に保つためには、

バランスの良い食事であることが必要です。
血液サラサラに好効果な一品を紹介します。
血液は必要な栄養と酸素を身体の隅々まで運び、

逆に不要な老廃物を運び出す機能を持っています。
動脈のように太い血管なら毛細血管のすみずみで、
血液は休むことなく全身を行き来しているのです。

この血液がドロドロ状態になると流れが悪くなり、
栄養や酸素を運ぶ機能が滞っていきます。
当然、老廃物の回収も遅れがちになります。

こうして血液が悪くなると、さまざまな支障が身体に現れてきます。
さらに、この血液ドロドロ状態が長く続くと、
生活習慣病といわれている高脂血症、糖尿病、高血圧などの

温床にもなります。
また、肩こりや冷え性なども血流と深く関わっています。

基本は1日3食の内容

血液は人間の身体にとってまさにライフラインです。
この血液を常にサラサラ状態に保つためには、
「1日3食の食事」が基本になります。

人間の身体は食事から必要な栄養を摂取しています。
バランスの良い食事と適度な運動、これに良い精神環境があれば、
基本的には重篤な疾患を回避することが出来ます。

解明されていない疾患や遺伝的要素も、
食事を見直すことで是正されることが多いようです。
「1日3食、年間1095回」、これは、誕生日から死ぬまで数十年、

生きている限り続くのですから、バランスの悪い食事がいかに
悪影響を及ぼすか想像ができませんか?
血液をサラサラに保つための食品は、玉ねぎやにんにく

背青魚など、単品では多くの種類があります。
ここでは、毎食、食卓に供することができる手軽な一日があります。

サラサラ効果の食品

市販されている酢(いろんな種類を使用してみましょう)を
タッパーに満たします。そのなかに玉ねぎ、
レンコン(市販の水煮を使用)を適当な大きさに切り浸します。

食事ごとに小皿に取り分け、そのまま食べて下さい。
生玉ねぎの味に慣れていない場合は、新玉ねぎから始めると良いです。
午前中に作っても夕食には食べられるほど簡単手軽な一品です。

また酢の味に慣れないようなら、醤油か塩で味付けをして下さい。
タッパーは冷蔵庫で保管します。
砂糖やみりんを加えると発酵が進み、発酵食品としての栄養が加わりますが、

サラサラ効果には生の酢の方が高くなります。
酢に浸す食材の基本は玉ねぎですが、季節によりニガウリ(ゴーヤ)、
きゅうり、大葉、にんじんなども美味しくいただけます。

時にはわかめや昆布、柚子の皮なども小さく刻んで加えると風味が増します。
三度三度の食事ごと、一切れでも口にするだけで血液サラサラ効果があります。
お酒の「つまみ」としても美味しく食べられる一品です。

また、この酢漬けを利用すると、
タコや貝などの酢の物も簡単に作ることが出来ます。
血液サラサラ効果が高い酢漬けの一品で、家庭から生活習慣病を追い出しましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。