食事ごとの痛み口内炎の対処法 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康生活のキーポイント

口内炎のさまざまな症状

口内炎の原因だと思われる事象

口の中や舌などに出来る炎症・口内炎は、
1週間ほどで自然に治るため「のど元を過ぎる」と忘れられてしまいます。
口内炎には大きな病気は隠されて隠されてはいませんが、

身体の異常は、心身からの何らかのシグナルです。
自分の身体からの信号は正確にキャッチし、心身の健康をバランスよくしましょう。
食事をするごとに、調味料や温度、食品などに刺激され、

痛みを発症させる口内炎は、罹患した本人には鬱陶しく厄介な代物!
しかしほとんどの場合、1~2週間で自然治癒するため、
いつしか忘れられることの多い炎症でもあります。

一般的に「偏食や胃腸が荒れたらできる」とも言われていますが、
該当しない人でも罹患する例があります。
この口内炎は、実は現代の科学においても、細菌やウイルス以外は

その原因は解明されていないのです。
しかし身体の異常は、体調の何らかのシグナルです。
隠された病気が何であるかより、口内炎に罹ることのない

健康な体つくりを心がけてみましょう。
また1ヵ所だけでなく複数の炎症が口の中にできる場合もあります。
複数の口内炎は、それぞれが痛みを伴うため、食欲不振や嘔吐感を

もよおすことがあります。
即、医師の診断と治療をおすすめします。さらに、口腔内だけでなく、
唇のまわりや唇にも発症する例があります。

口内炎そのものは、慢性化する恐れがあることを知っておきましょう。

口内炎の主な原因

現時点で、口内炎の原因だと思われる事象。

1.偏食(食品の好き嫌いの多い人)
2.不正な咬合(口の中を自分で噛むことで出来る傷)
3.不衛生(口腔内の不潔)
4.ストレス
5.睡眠不足
6.唾液の不足(口腔内の乾燥)
7.ビタミン欠乏症
8.免疫学的な異常
9.粘液の薄い体質

などが挙げられています。

口内炎になったら

口内炎には、深刻な疾病が隠されているかどうかについては不明です。
ただ口内炎には健康を損なう遠因が少なくないのです。
本来楽しいはずの食事が、痛みのため楽しくないだけではありません。

楽しく食事ができないと、本来の消化吸収の力が発揮されません。
また、美味しい食事も痛みや鬱陶しさで美味しくいただくことができなくなり、
精神衛生に良くないだけでなく、身体の健康に大きく関る唾液の分泌も損なわれます。

また、大きな痛みではありませんが、痛みを抱えると鬱々とした気持ちになり、
知らず知らず表情にも表れます。
オーバーですが、人間関係のコミュニケーションにまで関ってくるのです。

口内炎ができたら、香辛料や喫煙、飲食などは控え目に!
お茶や紅茶は殺菌作用の働きがあるので飲料水のほか、
うがいや口をすすぐのにもおすすめです。

ストレスや睡眠不足、アンバランスな食事などの複合は、
結果として人間の弱いところにさまざまな疾病を発症させます。
たかが口内炎ですが、心身ともに健康で桜の季節を謳歌して下さい。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。