目的別「散歩法」一定の時間帯で30分以上 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康生活のキーポイント

散歩の効能

散歩法一定の時間帯で30分以上

生活習慣病の予防には、
「バランスの良い食事」「適度な運動」「規則正しい生活」に加えて、
ストレスの軽減などが挙げられますが、「適度な運動」のうち、

最も手軽な「散歩」を、目的別・年代別に分析!

「足は第二の心臓」、歩くことで全身の血流を促し、
心臓と血管を丈夫にさせることからきている言葉!
歩くことは、加齢によっる「足腰」の弱まりを予防します。

高齢者にとって最も怖ろしいのは「足のけが・骨折」と言われますが、
これは歩かないことで、足の力が加速を付けて失われるため、
「寝たきり」に直結しやすいからです。

散歩の効能はこれだけではありません。
メタボ予防・肥満の予防・脳の活性化・糖尿病の予防・肺機能の強化・
免疫力の増強・骨を丈夫にする骨太効果、

さらに四季折々の風物に触れることでリラックスするなど精神面での
効果もあります。
ストレスの発散・鬱症状の軽減も、散歩の効能といえます。

散歩の時間と時間帯

かつて厚生労働省では、一度の散歩に30分以上の散歩が奨励されていますたが、
健康に関する研究が進みに従い、現在では10分間の散歩、少し立ってまた
10分間の散歩でも、十分効果がるとしています。

1日の散歩合計時間は30分以上になっています。
勤労者の場合は、通勤による歩行時間を加えると、
1日30分以上の歩行はクリアできそうです。

散歩する時間帯は、「朝」をイメージする人が多いようですが、
ダイエットしたい人は夕食後1時間以上たってからの散歩が一番効果があります。
一方、朝食前に30分以上の散歩は控えめに。

というのは、1日のうちで一番血糖値が低くなっているため、
めまい等を起こす場合があるからです。
牛乳やバナナなどを食べるなど、「空きっ腹」は避けて下さい。

散歩の時間帯は、満腹でも空腹でもない状態がよさそうです
加えて、散歩後の入浴やシャワーは、健康効果が相乗的に高まります。
とくに、ダイエットを目的とした夕食後の散歩では、

散歩による「興奮状態」を鎮めるため、安眠を得ることが出来ます。

散歩の季節

「散歩」は「年中無休」です。
むしろ、健康のために始める場合は、同じ時間帯で毎日続けることが
奨励されています。

というのは、規則正しい食生活と規則正しい運動(散歩)は、
規則正しい排便と安眠(深い睡眠だけでなく寝つきの良さ)を促すからです。
ただし、大雨や降雪などの場合は、基本的には中止にしましょう。

個人差がありますが、高齢者の場合は、自分の脚力の過信は危険!
せっかく足腰を鍛える目的で「散歩」を始めても、
転ぶなどでけがをしたのでは、本末転倒になります。

また、ダイエット目的で夕食後の「散歩」も、
深夜に及ぶ時間帯は避けた方が無難、加えて夏期の11時から15時くらいも、
熱中症などの危険が発生しやすいため、注意しましょう。

バランスの良い食生活に、「散歩」を加え、
長いスパンスで心身ともに健康を目指しましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。