睡眠の役割とは何なのか? – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 疲れを癒やす

人は何故眠るのでしょうか?

睡眠が体内時計がコントロールしている

睡眠の必要量が不足すると、脳(眠りの質と量を決める)が
自動的に眠りと量を調整します。
からだが正常に働くために動いている恒常性維持機構。

眠らないでいたらどうなるか、どうにも眠くて堪らなくなるでしょう。
疲労回復システムとして、睡眠が生体維持のために必要なものとして
からだにプログラムされています。

そして、睡眠の必要量が不足すると必ずその分を取り戻す機構が働きます。
恒常性維持機構と呼ばれ、脳が自動的に眠りの質と量を決定!
徹夜した翌日「泥のように眠る」という表現があります。

ぐっすり眠ったことがあるでしょう。
これは、前日の睡眠の不足を補うため、恒常性維持機構が働く「はね返り現象」。
不足した分いつもより、深く長い眠りが得られるようになっています。

目覚めていると、体内に睡眠物質(睡眠促進物質)が溜まり、
眠くなって、寝ることによって、からだを守る働きと考えられています。

夜になると眠くなる

前の晩たっぷり眠っても眠くなる。それは体の体内時計が働いているから。
睡眠が体内時計がコントロールしている。
体内時計の1日は約25時間。

疲労の影響だけで眠くなったり、目が覚めたりするわけではない。
睡眠と覚醒だけでなく、体温・血圧・脈拍などの自律神経系、
内分泌ホルモン系、免疫・代謝系ばどが体内時計において約1日のリズムを

刻み、昼夜や季節の変化に適応するよう調整します。
体内時計(概日リズム)は、およそ25時間程度の周期を持っています。
外界の昼夜のリズムは24時間ですから、ここの若干のズレがあります。

このズレは、さまざまな刺激によって調節されています。
食事、運動、仕事、学校などの社会的因子のほかに、
最も強い同調因子とは光。

日中に光を浴び、夜間暗くなることで、約25時間の概日リズムの
生活に適応します。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。