健康を維持する睡眠法 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 疲れを癒やす

就寝直前の「飲み物」で入眠効果

安眠のコツとは硬めの敷布団・軽めの掛け布団

健康維持に睡眠は欠かせません。眠りが浅いと疲れが取れず
体にも不調をきたします。
そこで、入眠や安眠のためのちょっとした工夫!

就寝前の入浴や有効ですが、眠れないときは「生姜湯」や「ホットミルク」を
飲んで体の中からも体温を上げると、さらに入眠効果が得られると言われます。
生姜や牛乳には心を安らかなする成分が含まれていて、とくに牛乳には

「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンも含まれています。

「寝具」の工夫で安眠

敷布団が軟らかすぎると腰に負担をかけて腰痛の悪化原因になり、
重い掛け布団は寝返りを妨げ、安眠できない原因になります。
安眠のコツは「硬めの敷布団・軽めの掛け布団」です。

また枕も大切で、頭が沈み込まない程度の「硬さ」と、
「高さ」寝たときに頭と背中の高低差が6~9cmになる高さが最適!

安眠に最適な「室温と湿度」

安眠には最適な温度と湿度があることが分かっています。
それによると、室温は夏で25℃前後、冬で18℃前後、
湿度は50~70%が最適ということです。

「香り」で入眠効果

ラベンダーなどの香りには精神鎮痛剤作用があり、安眠効果が得られると言います。
実際に医療機関や介護施設でもリラックス効果や睡眠の質を高めるために使用されています。
海外医療機関の研究では、不眠で悩む人にラベンダーの香りを嗅がせたところ、

寝付きがよくなり、睡眠の質も高まったということです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。