気にし過ぎると不眠症になることもあります – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 疲れを癒やす

眠りも人によって異なります

質の良い眠りとはどのようなものなのか?

規則正しい生活が健康によいと分かっていても、
実際の生活ではなかなかそういう訳にはいきません。
夜遅くまで働かなければならなう人もいます。

昼夜逆転の生活を余儀なくされている人もいます。
自分の生活に合わせて、上手に睡眠をとる方法を見つけることが必要。
良い睡眠には、質と量の両方とも必要です。

質の良い眠りとはどのようなものなのか?

寝て直ぐの浅い眠りから深いノンレム睡眠が訪れ、
この時の段階3~4の熟睡状態が多いことを「質の良い睡眠」とする
説がありますが、段階2の眠りでも、途中で目覚めることなく、

ある程度安定して長時間眠る事ができれば、元気で1日を過ごすことができます。
ベッドに入ったらすぐに眠りにつけて、朝までぐっすり眠れるという状態に憧れます。
しかし、人それぞれ、持って生まれた性格や生活状態によって、

眠りも大きく影響され、理想通りには行きません。
でも、気に合うることはありません。
大切なのは、朝、気分でよく目覚めて、日中元気に活動できることです。

それが実現できれば「質の良い眠り」を手に入れているといえるでしょう。
たまに寝付けなかったり、途中で目が覚めたり、
朝早く目が覚めることがあっても、一過性のものであれば、

そんなことは誰にでもあることでしょう。
体には、睡眠の恒常性維持機能があるのです。
気にし過ぎると、不眠症の事のほうが問題で、ならないように。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。