陽に当たらないところで1日中仕事をしている – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 疲れを癒やす

これも不眠の原因になります

若者ほど不眠を気にする必要がある

「寝る子は育つ」、昔から子供や若者は、活動的な日々を送っているので、
「バタンキュウ」といわれるくらい寝付きがよかったもの。
最近では、子供や若者が不眠に悩まされるようになってきています。

この背景には、日本の社会が24時間化していることにあります。
身の回りには、テレビ、DVD、CD、オンラインゲーム、携帯電話、スマートフォン、
コンビニなど、若者たちを眠らせない刺激や誘惑が24時間溢れています。

職場でも、空調の効いたビルの中で1日中パソコンに向っている人も。
陽の当たる機会が減ってきています。
これでは、体内時計も狂ってきます。

ゲームで夜更かし、夜遅くまで起きているという生活習慣を
続けているうちに、明け方にならないと眠れなくなり、
必然的に昼ごろにならないと起きにくくなるという状態になります。

知らず知らずのうちに社会に適応できなくなってきます。
このような、夜型の生活が睡眠のリズムを狂わせる引き金になり、
不登校や遅刻、欠勤など、学校生活や社会生活に支障をきたすようになります。

学校や社会に上手く適応できていない若者が増えている現象には、
この睡眠の乱れも関っていると考えられています。
若者ほど不眠を気にする必要があります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。