ダイエットすると眠れなくなる – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 疲れを癒やす

更年期を過ぎると不眠症になりやすい

妊娠中によく眠くなり、更年期を迎えると不眠を訴える人が増えています。
女性の場合、特徴的なのが月経前や月経中に眠気が強くなったり、
逆に熟睡できなくなったりと、睡眠が乱れることが多いことです。

これは女性の眠りはホルモンの影響が受けやすく、
女性ホルモンの作用によるものだとも考えられ、妊娠中に眠くなるのも
これと関連していると言われ、詳細はまだ研究中で解明されていないそうです。

月経前や月経中は睡眠のリズムが乱れても仕方がないと、
気にしないこと。
神経質になりすぎると、かえって不眠を招くことになりかねませんから。

女性には男性と異なるリズムがあるのです。
若い女性の場合、無理なダイエットが不眠の原因にもなり、
低カロリーの食事だけで痩せようとすると、脳に送られる糖分が不足して、

脳内ホルモンの分泌が傷害され眠れなくなることもあります。
一般的に女性の方が男性より睡眠時間は若干少ないといいますが、
女性の方が男性より良質な睡眠を得ているといいます。

ところが、更年期を過ぎると不眠を訴える女性が増えているのは、
性ホルモンの減少が原因と考えられています。
更年期を迎えて眠れなくなるのは、のぼせ、ほてり、発汗などという

比較的更年期障害に特徴的な症状と一緒に、不眠や倦怠感という
症状が見られることが多いことから、専門家の受診をおすすめします。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。